ここがオメガバースの世界なら16(終)

1話戻る→   目次へ→

※ ここから受けの視点になります

 ファーストキスという単語を聞いたことで、相手の顔が近づき唇が触れて離れたという、ただそれだけの行為が自分の中で明確に意味を持った。頬が熱くなっていくのがわかる。
 ただ、なぜ今なのかわからないし、彼がこぼした言葉の意味もわからない。
 彼女が出来たら絶対に知らせることと、彼女がいる間は応じないという2つの約束の元、互いの性器を握って扱きあうような関係になってそろそろ1年近く経つのだけど、興奮に飲まれる行為の最中でさえ口を塞いでくることはなかったのに。
「なぁ、俺ら、付き合わねぇ?」
「え……?」
 続けざまに想定外の言葉が彼の口からこぼれてきて、ちっとも考えがまとまらない。
「嫌か?」
「や、じゃない、けど」
 想い人に付き合わないかと言われて、即答で嫌だと返せるわけがないけれど、だからって即答で嬉しいと了承できるわけもなかった。だって好きだと伝えたこともなければ、好きだと言われたこともない。
 誘われるまま抜き合いに応じてはいるが、他人の手のが気持ちいいよな、程度の認識なんだろうと思っていたし、相手が次の彼女を作るまでの期間限定と思っていたし、自分自身にずっとそう言い聞かせてきた。それを覆すようないきなりの発言に、気持ちが全然追いついていない。
「けど?」
「引退待ってた女の子とか、居るんじゃないの」
「は?」
「だって、試合復帰目指して集中したいから、新しく恋人作ってなかったんだよね?」
 夏休みが終わって学校に通うようになったら、すぐに次の彼女ができると思っていたのだ。なのに学校が始まっても、部活の練習に参加するようになっても、時々誘いが掛かったから、ちょっと怪我したくらいでそこまでモテなくなるものなのか聞いたことがある。そしたら告白されても今は断ってると返されて、その理由が真剣に試合復帰を目指すからだった。
「あーそんなことも言ったな。でも引退して恋人作る気になったからお前口説いてる、ってので何の矛盾もないだろ?」
 言われてみれば確かに。
「それはそうだけど、でも、新しい恋人は、今後告白してくれる女の子から選んだほうがいいんじゃないの。というか、BL本読んでくれるようになったし、そのせいで男同士で付き合うのも普通な感覚になってんじゃないか不安なんだけど。あと、俺を番だって認識してるせいで、良いαにならないと、みたいな思い込みで言ってない?」
 ここオメガバースなんてない世界だよと言ったら、ツラツラ言葉を重ねるうちにすごく嫌そうな顔になってしまった相手から、わかってなかったらあんなこと言わないだろと返された。
「俺が本当にΩなら良かったのに、ってやつ?」
「そうだよ」
「俺が本当にΩだったら良かった理由って、聞いても良い?」
「そんなの、ここがオメガバースの世界で、お前が俺のオメガだった場合に手に入るもの全部に決まってんだろ」
「だったら尚更、俺と付き合いたい意味がわかんないよ。本当にはΩじゃない俺には与えられないものが欲しいなら、特に、結婚できたり子供作れたりが利点だと思うなら、やっぱ女の子と付き合ったほうが良くない?」
「逆だろ。ここがオメガバースの世界じゃなくて、お前が本当には俺の番のオメガじゃないのがわかってるのにお前のことが欲しいから、お前が俺のオメガなら良かったのに、って言葉が出てくんじゃねぇか」
「そ、っか」
「そーだよ。で、どうすんの」
「どうすんの、って?」
「嫌じゃないなら、俺と付き合うってことでいい?」
 BL本読みすぎて感覚おかしくなってんじゃないの、という不安は拭えていないけれど、でもここまで言われてしまったら了承してしまいたい。
 いいよと答えて頷けば、そっと顎に添えられた手によって軽く上向かせられた。
 ホッとした様子で緩んだ顔が、今度はゆっくりと近づいてくる。

<終>

続編1話へ→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

「ここがオメガバースの世界なら16(終)」への2件のフィードバック

  1. レイ様
    はじめまして。
    いつも楽しみに拝見しています。
    ありがとうございます。
    おまけのネタも楽しみに待っています。
    今回の終わりですが
    お互いに好き同士なのはわかるのですが
    はっきりとした告白は今後ないのでしょうか?
    どこでどんな風に好きになって行くのか
    経過も知りたいです。
    続編でもおまけでも凄く楽しみにしています。
    お疲れ様でした。

  2. aiさんはじめまして。コメントどうもありがとうございます。
    いつも楽しみのお言葉、とても嬉しいです。

    今回途中で視点を変えて書いたことで、双方ちゃんと相手への想いがあることがわかっているので、お付き合い開始でいったん終わりにしてもいいかなと判断したのですが、今まではずれた部分をすり合わせて両思いがはっきりするまで書くことが多かったので、やはり少し物足りない思いをさせてしまったでしょうか。
    というわけで、想定していたオマケネタを、もうちょっとしっかり書き込むことにしてみました。
    どこまではっきり告白できるかはわかりませんが、互いにちゃんと相手から想われていることを実感できるような話が書けるようには頑張りたいと思います。
    今日から開始ですので、続きもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。