罰ゲームなんかじゃなくて1

 同じ学部学科の同級生であるそいつとは、必修科目で顔を見る程度の仲でしかなく、かろうじて名前はわかっているが、多分向こうはこっちの名前も把握してないんじゃないかと思う。
 大学の敷地はそこそこの広さがあるし、いくつも並ぶ校舎の脇道ですらない建物の影にいたそいつに気づいたのは、休講を忘れて早く来すぎてしまい、時間を持て余して一人きりで構内散策をしていたことが大きいと思う。
 耳は割と良い方で、話し声が聞こえて近寄ってみたら、そいつが入り込んだ野良猫を構って笑っていたのだ。
 猫に向かって柔らかに笑う顔を見て、そんなふうに笑うんだと初めて知った。だってあまり人とつるむ気がないようで、誰かと話してる姿すら滅多に見かけないし、その時には笑顔なんて見せてなかったから、無愛想なイメージしか持っていなかった。
 そこで声を掛けてしまえば良かったのかも知れない。けれど多分相手は一人で行動するのが好きで、今ここに自分が踏み込んだら、せっかくの猫との時間を邪魔してしまうだけだろう。
 結局相手が猫と別れるまで見守ってしまった上に、自分がいる方向とは別方向に去っていったから、見てたということすら知られないままその時間は終わった。
 気づかれなかったのに、その直後の講義で同じ教室内に相手の姿を見つけて、なんだかソワソワしてしまったし、あの光景が忘れられなくて時々あの場所を覗くようにもなってしまったけれど、その後同じ光景に出会えたことはない。あの野良猫とすらあれっきりだし、夢でも見てたと忘れられたなら、良かったのに。
 しばらくして、そんなにあいつが気になるのかと、普段つるんでいる友人たちの一人に聞かれた。普段つるんでいる連中には、相手を意識しているのが丸わかりらしい。
 あの日のことは誰にも話していないし、なんとなく教えたくもなくて曖昧に濁していたら、からかい混じりに惚れただの何だの言われるようになって、そう言われ続けると、なんだか本当に相手を好きな気がしてくるから怖い。
 あの笑顔をもう一度みたいとか、できれば自分に向けて笑ってほしいとか。それってつまり、相手からの好意を欲しているってことで、好きってよりは好きになって欲しい方向だとは思うものの、あれをきっかけに相手に惚れてしまったのだと思えないこともない。
 なんてことをぐるぐると考えて、思い込みとも言える想いをバカみたいにつのらせて、相手も一緒の必修科目に身が入らないというやばい状況になり、いっそ玉砕してこいと周りに囃し立てられるまま、講義終わりに呼び止めて告白した。
 さすがに驚いたみたいで目を瞠ってまじまじと見つめ返されたのが印象的で、それすら、珍しいものを見たと思って食い入るように見つめ返してしまう。
 それに対して嫌そうに眉を寄せたから、絶対に断られると思ったのに。というよりも、そもそもが玉砕覚悟の突撃だったのに。
「わかった。いいよ」
「え?」
「おつきあい、してみても」
「え、え、まじで? いいの? じゃあ、じゃあっ、とりあえず連絡先交換しよっ」
 まったく熱のないそっけない対応ではあったが、OKされたのには違いなく、食い気味に連絡先の交換を持ちかければ、やっぱり引かれ気味ではあったものの、渋られることなく教えてくれた。
 やっぱり人とつるむのはあまり好きではないらしく、こちらの友人たちの中に引き入れるのは失敗したけれど、こちらが友人と離れて彼の隣で講義を受けることや、友人たちとは離れた席での学食利用などは出来るようになって、ポツポツとではあるが相手のことを教えてもらって、最初のうちはひたすら毎日が楽しくて仕方がなかった。
 でも友人たちに指摘されるまでもなく、恋人らしい進展はなにもない。構内で二人で過ごすことはあっても、休日に一緒にでかけたことすらないのだから、正直言えば未だ友人以下の関係だった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

ここがオメガバースの世界なら(目次)

キャラ名ありません。全16話。
隣に住む同じ年の幼馴染で高校生。
受けが腐男子。中学時代から攻めが好きでBLを読むようになった。
2歳年上な攻めの姉が腐女子で、受けが同じ高校に入学してきたことで腐友になる。攻めの姉は受けが弟を好きだと、腐友になる前から知っている。
ここがオメガバースの世界なら、という腐トークを聞いてしまった攻めが受けは姉狙いと勘違いし、妨害する気で受けの項を噛んだために仮想の番が成立。
そんな二人が恋人として付き合うまでの話ですが、双方とも自分たちが両想いだとは気づいてません。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
視点が途中で何度か交代しているので、タイトル横に(受)(攻)を記載しています。
途中、互いに抜きあう関係になりますが、性的な描写はありません。

1話 腐友とお茶会(受)
2話 闖入者(受)
3話 告白なんてしてない(受)
4話 Ωとして当然の選択(受)
5話 噛んでもいいよ(受)
6話 高校2年の夏の初め(攻)
7話 退院(攻)
8話 姉からの荷物(攻)
9話 読書(攻)
10話 アルファの振る舞い(攻)
11話 想い人の腕の中(受)
12話 手を出す、の意味(受)
13話 拒絶なんてできない(受)
14話 後ろめたい関係(攻)
15話 衝動で奪うキス(攻)
16話 本当には番じゃないから恋人に(受)

続編「オメガバースごっこ」目次へ→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった(目次)

キャラ名ありません。全57話。
大学生活中、懐いてきたイケメンに気持ちよくして貰ってたら、卒業後に出来た彼女相手に勃たずに振られてしまったため、イケメンに責任をとってもらう話。大学2年頃から社会人2年目の夏くらいまで。
高校からの同級生同士でイケメン×視点の主。

同じ大学に行ったら卒業できそう、などという理由で同じ大学に進学を決めたイケメンを、その思惑通りに面倒見ているうちに始まった体の関係は、最初は手で抜いてもらうだけだったのに、だんだんとキスやフェラや酔ったら尻穴弄ってもOKと許容範囲が広がってしまい、卒業直前には素股まで経験。しかしそこまでしても恋人関係になることはなく、友人として付き合い続けたい相手に了承して卒業します。
イケメンと就職先が別れたことで卒業後に初彼女を手に入れるものの、彼女相手には勃たず破局してしまったことで、ようやく覚悟を決めた視点の主が、イケメンを落とすことを決意して呼び出し、自分たちが両思いであることを確認した後、恋人としてセックスします。

大学時代、視点の主はぜったいイケメンを好きになんかならない、という強い意志を持っていたり、イケメンも視点の主を恋愛的に好きだという気持ちを隠しているので、拗れて面倒くさいことになってますし、恋人になった後の行為も甘やかな雰囲気は少なめで、イケメンがちょっと必死です。つまり彼らがラブラブ恋人Hが出来るようになるのはエンド後。

体の関係が始まるきっかけシーンはなく、手で抜いてもらうだけ、という関係が既に出来上がっているところからスタートします。
攻めのフェラ描写あり。大学卒業前最後の行為がやや長め、恋人になった後の行為が相当長めに描写されてます。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
性的描写が多目な話のタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 イケメンと(R-18)
2話 20歳の誕生日
3話 2人の高校時代
4話 レポートの見張り
5話 舐めて欲しいなら先にキス
6話 熱く滑る口の中(R-18)
7話 口の中でイッてみたい(R-18)
8話 卒研発表の夜
9話 絶対抱かれたくないのは知ってる
10話 服は全て脱いで
11話 いつもと違う
12話 今日で最後
13話 胸の先(R-18)
14話 もう止めたい、までは思ってない
15話 終わりを引き伸ばすために(R-18)
16話 一緒に弄ればキモチイイ(R-18)
17話 焦らしプレイ禁止
18話 ローションオナニー披露(R-18)
19話 気持ちよくなれそう(R-18)
20話 素股(R-18)
21話 ほぼ一年ぶりの再会
22話 相手の近況
23話 一人残された部屋の中
24話 会いたい
25話 ホテルに連れ込む
26話 まだ童貞だけど抱かせろとは思ってない
27話 責任とって恋人になって
28話 もっと早く好きって言ってくれれば
29話 相手がイケメンなのが悪い
30話 大学時代の真相
31話 抱かれる気はないけど
32話 風呂場で洗いっこ
33話 初めて握る相手のペニス
34話 過去を思いつつ初フェラ(R-18)
35話 相手だけ先に(R-18)
36話 焦らされる(R-18)
37話 手を貸す(R-18)
38話 気持ちよくなれるやり方(R-18)
39話 一緒にイク(R-18)
40話 食事に出かける
41話 泥酔を避けた理由
42話 頑張るのはほどほどで
43話 全部丸投げの相手任せ
44話 うつ伏せで
45話 慣らされる違和感(R-18)
46話 だんだんキモチイイ(R-18)
47話 精液お漏らし
48話 ダサいゴム装着
49話 挿入(R-18)
50話 全部は入らない(R-18)
51話 そろそろ馴染んだみたい(R-18)
52話 繋がりながらのキスと乳首責め(R-18)
53話 気持ちがいいならもうイッて(R-18)
54話 イカせてとは言えなかったけど(R-18)
55話 まだ繋がっていたい
56話 今日で最後じゃないんだから
57話 ちゃんと好きだから安心しろ

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

俺が本当に好きな方(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます。
高校同級生。三角関係。全6章+後日談1話。
主人公の祐希は親友隆史への恋心を隠していたが、クラス替えの後、隆史の双子の弟である悟史にその恋情を知られてしまい、更には好きになったと告白までされる。隆史と悟史の間で気持ちを揺らしながらも、最終的には隆史と恋人になります。キスまで。
後日談は隆史視点で、恋人として初めて祐希の部屋を訪れる隆史の話。

1章 双子の弟
2章 隆史に彼女
3章 悟史からの告白
4章 揺れる気持ち
5章 男同士で好きなんて
6章 本当の本当に両想い?
後日談

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

あの日の自分にもう一度(目次)

pixivで開催されているジーンピクシブ「ゆるキュンBL(ボーイズライフ)マンガ原作コンテスト2」に参加したくなって、以前書いた「あの日の自分にもう一度」を応募できる形の1万文字以上に膨らませた話になります。全8話。

視点の主:春野紘汰(はるのこうた) もう一度女装がしたい大学生。
メイク係:今田龍則(いまだたつのり) 紘汰の友人。以前酔った勢いで紘汰が女装した時にもメイクした。
ボーイズライフということで、付き合わないかというやりとりはするものの、恋人エンドではなく、「紘汰の体を使って互いの理想の女の子を作る遊び」をするという秘密を共有する仲止まりです。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。

1話 コンビニへ
2話 もう一度メイクして
3話 酔ってないから意識しちゃう
4話 前回より可愛い
5話 次回の話
6話 ハルちゃん
7話 お付き合い、する?
8話 互いに協力しよう

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

好きって言っていいんだろ?

ツイッタ分2019年「一次創作BL版深夜の真剣一本勝負 第287回」 → ツイッタ分2020年−2「クリスマス」の二人です。

 クリスマスに呼ばれてから先、学校で渡されるのではなく、彼の家で菓子を振る舞われることもじわりと増えて、先月のバレンタインもチョコケーキを彼の家で食べた。
 バレンタインが日曜だったのもあるし、翌日だろうと学校でチョコ関連の品を渡すのはさすがに抵抗があるし、家ならラッピングや食べやすさを気にする必要がなく、盛り付けにだって凝れるから、というのが相手の言い分だ。
 特に予定もない日曜に呼び出されたって、こちらは菓子を振る舞われるだけなので、なんの文句もない。ただ、バレンタイン当日に、凝った手作りチョコケーキを躊躇いなく振る舞ってくる、というのをどう解釈していいかは難しい。
 学校で渡すのは躊躇われると言う程度には、バレンタインとチョコというものを意識してはいたようだけれど、チョコケーキそのものは多分家族向けに作ったもののお裾分けに違いなくて、自分のために用意されたなどと驕れる要素はほぼ皆無だったからだ。なんせ、皿に乗って出てきたのはカットケーキだったので。
 でも自信作という割には、こちらの様子をいつも以上に気にかけていたのが気になるし、めちゃくちゃ美味いと誉めたら嬉しそうにはにかんでいたのも気にかかる。気にかかると言うか、あれは期待したくなるような顔だった。相手ももしかしたら、恋愛的な要素を含んで、自分に好意を持っているんじゃないのか。
 解釈に悩むのは、自分の中に期待があるから。というのが多分一番正しいのだけれど、要は、彼は菓子作りが好きで彼の菓子を絶賛する自分に食べさせることを楽しんでいるだけ、というスタンスを貫き通すかどうかを迷っている。
 もっと言うなら、ずっと貰いっぱなしなので、ホワイトデーを理由にして、何かしら返そうというのは決定事項なのだけれど、そこに美味い菓子をありがとう以上の感情を乗せていいのかを迷っていた。
 あのチョコケーキに何かしらの意味があったなら、こちらだって躊躇うことなく想いを返せるのに。以前、自分の口から言ってしまった、好きなのはお前の作る菓子だけという断言や、そんな心配は必要ないとはっきり言われているせいで、期待からくる勘違いを疑ってしまう。
 結局迷いながらも、とりあえずでホワイトデー当日の予定を聞けば、マカロンを作るなどと返ってきて驚いた。ついでのように、月曜にお裾分けを渡すつもりだったが食べに来るかと言われれば、頷く以外ない。まぁ当日会えるのが確定したので良しとする。
 そうしてやってきたホワイトデー当日、用意したお返しを手に彼の家に訪れれば、手の中の荷物に気づいた相手が何だそれと問うてくる。そこそこの大きさがあって、しかも明らかにプレゼント用らしきラッピングがされていれば、気になるのは当然だろう。
「ああ、これはホワイトデーのお返し」
「え、僕に?」
「お前以外ないだろ」
 ほらやるよと、相手の胸にプレゼントを押し付けてやれば、開けていいかの言葉とともに、袋の口を閉じるように結ばれているリボンが解かれていく。
 ここはまだ玄関先なのだが、こちらをリビングだったり彼の部屋だったりへ案内する時間も惜しいらしい。待ちきれないのがありありと分かる、期待の滲んだ様子で中身を取り出した彼が、驚きと喜びとを噛みしめるようにして破顔するその一部始終を、こちらもつい、ジッと見守り続けてしまった。
「気に入ったか?」
「うん。それはもう」
 顔を見ればわかるし、そもそも彼が過去に「それいいな」と言っていたものを選んでいるのだけれど、それでも一応確認すればすぐに肯定が返った。
「じゃあ、使ってくれ」
 渡したのは、自分が使っているボックス型リュックと同型の色違いだ。
「ありがと。さっそく明日から使うよ。でもこれ使ったら、お揃いになるけど、いいの?」
「ダメならそれをプレゼントに選ぶとかしないだろ」
 むしろそれを狙っている部分もある。
「まぁそうか。てかさ、じゃあ返せとか言われても困るんだけど、これ結構値段するよね? チョコケーキ一切れに対して大げさじゃない?」
「それは、今まで結構色々貰ってきてるし」
「ああ、なるほど。いやでもまさか、お返し考えてくれるタイプと思ってなくて、どうしよう、なんか今、めちゃくちゃ感動してる」
「まぁ俺も、今、わりと感動してるような気もする」
 だってこれ、期待からくる勘違いだけじゃないだろ。プレゼントを渡してから先の、彼の一連の動作や表情や言葉に、嬉しくて仕方がないその様子に、彼にも同じ想いがありそうだと思ってしまった。
「え、何に?」
「俺、お前のこと、好きになったみたいなんだけど」
「え? は?」
「って言っても、大丈夫そうなことに、感動してる」
 お前も俺のこと好きだろ? とまでは続けなかったけれど、多分通じたのだろう相手の顔が、じわじわと赤く染まっていく。
「好きなの、僕の作るお菓子だけ、って言い切ってたくせに、ズルい」
「それは撤回するけど、ズルいってなんだよ」
「お菓子だけじゃなくて、僕自身に惚れさせて、あの言葉は撤回するね、ってやりたいのは僕の方だった」
「惚れさせて、ってとこまでは成功してるだろ。その結果がこれだろ」
「そうだけどそうじゃない。いやまぁ、先を越されて悔しい、くらいの意味だよ」
「そうか?」
 まだ他に何かありそうな気配に首を傾げてみたが、マカロンはもう出来上がってるから上がっての言葉に、そんな一瞬の疑問はあっさり霧散していった。

この2人は、どっちも自分が抱く側を主張して揉めるカップルになりそうな予感がしてる。ので、またそのうちうっかり続くかも知れない。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁