ここがオメガバースの世界なら5

1話戻る→   目次へ→

「じゃあ俺は?」
「へ?」
 思考がまとまったのか、閉じていた口を開いた相手から出てきた言葉の意味がすぐにはわからず、間抜けな声が口から漏れた。
「ここがオメガバースの世界なら、俺も、きっとαなんだろ?」
 この前姉貴に言われたと続いた言葉から、それでオメガバースに関する単語を知っていたのだと思い当たる。言われてみれば納得というか、情報源はそこしかないよなとわかるのだけど。
 家族は一応彼女が腐女子なことを知っている、とは聞いていたけれど、まさか弟を腐トークに付き合わせているとは思わなかった。思わず彼女の方に向き直って見つめてしまえば、荒ぶる気持ちの発散相手にはちょうどいいのよと肩を竦められてしまう。
 ちょっと良くわからない。素敵な作品に出会ってしまった時などの荒ぶる気持ちは想像がつかなくもないんだけど、自分にとってはこのお茶会こそがその発散場所だった。でもその言い分からすると、彼女にとっては違うんだろうか。
 ただ、それを聞けるような状況ではないようだ。彼女に言葉を返すより先に、リビングドアの前から動く気配がない彼の、答えを急かすような声が背後から飛んできた。
「で、どうなんだよ」
「え、あの、どうって言われても……」
 再度振り返り彼と視線を合わせはしたが、求められている答えがわからない。というよりも、そもそも質問の意図がよくわかっていない。
「俺も姉貴同様、隣に住んでて一緒に育ってきたαってことになんじゃねぇの? だったら相手が俺でも、番になりたいとか思うわけ?」
「そ、れは……」
 思うよと言っていいのか迷ってしまったのは、どう見たって肯定されるのを待っている様子ではないからだった。苛立ちを抑えているらしいのが見てわかるし、肯定なんてしたら気持ちが悪いと言われそうで怖い。
 言い淀んでいたら、大きなため息を吐かれてしまってビクリと肩が跳ねた。
「つまり、結局のとこ姉貴狙い、ってことだろ?」
 ああ、そうか。彼女に対して恋愛感情はない、という話を信じられずにいて、だから自身を引き合いに出してこちらを試してきたんだろう。それがわかっていたら、ちゃんと即答で番相手は彼でもいいのだと返したのに。
「ち、ちがっ」
 慌てて否定はしたけれど、相手はもちろん納得なんてするはずがない。
「俺と番になろうとは思わないくせに?」
「番にしてくれんなら、俺は、お前でもいいよ」
「嘘つき」
「嘘じゃないってば!」
 即答出来なかった時点で信じて貰えないのはわかっていた。でも本当に嘘じゃないし、それどころか内心喜んでさえいる。もしここが本当にオメガバースの世界なら、今すぐ項を差し出して、そのまま彼の番になってしまいたいくらいだ。
「信じられないなら、噛んでも、いいよ」
 湧き出す気持ちのまま、相手に首筋を差し出してみる。
「噛む?」
「番になる時は、αがΩの項を噛むのよ」
「なんだそれ」
 どうやら番というシステムは知っていても、どのようにして番になるかは知らなかったらしい。彼女の説明に、呆れた声を返している。
「本当に番になれるわけじゃないし、無意味と思うなら噛んだりしなくていいけど。でも、告白だのプロポーズだのじゃなかった、ってのは、信じて欲しい」
 言い募れば再度深いため息が聞こえてきた後、ずっとドア前から動かずにいた相手が近づいてくる。
「おら、出せよ、首」
「え、本気?」
「は? お前が言ったんだろ」
「そうだけど。あー、じゃあ、どうぞ?」
 ここで躊躇って抵抗するのは悪手だと嫌でもわかる。
 差し出した項に軽く歯を立てられた後、さした痛みもないまま離れて行かれたのは拍子抜けだったけれど、それは彼に知識がないからだとすぐに察した。ちょっと残念に思ってしまったけれど、痕がつくほどガッツリ噛まれずに済んだことを安堵するべきところだろうこともわかっている。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。