いつか、恩返し6

1話戻る→   目次へ→

 もしかして、からかわれているのだろうか?
 そんなこちらの疑いの目に気づいたのか、すぐに、嘘じゃないよの言葉が追加される。
「えー……っと、いつから?」
「割と昔っから、もっと仲良く出来ないかなって思うことは多かったよ。なんでこんなにライバル視と言うか、敵視されてんだろって思ってた。ただ、好きな子になったのは、高校入ってからだね。お前が謝りに来て、ちょっとずつ色々話するようになってから」
 そうじゃなきゃ一緒の大学に行こうなんて言ってないと言われて、ちっとも気づかなかったと思う。
「なんで、言わなかったんだよ」
「いや、そりゃ、言えないって。お前に、俺の気持ち受け止められるような余裕、全然なかったもん」
 確かに、形だけだろうと恋人な今だから、好きだという気持ちがちゃんとあると知っても、マジかよと驚く程度で済んでいるというのはある。全く本気にしては居なかったけれど、周りは従兄弟の本命は自分なのだという認識だったし、周りのその認識にそった形で恋人に収まっている事実は大きいかもしれない。周りの認識が正しかったのか、という衝撃もかなり大きいけれど。
 もし、一緒の大学に行こうかと言われた時にそんな理由を聞いていたら、絶対に同じ大学を受験したりしなかった。
 もし、高校卒業時に言われていたら、どんな大学生活になっていただろうか。少なくとも、互いの家に行き来するような親しさは生まれなかったはずだ。
「にしたって、なんで今?」
「ああ、それは、お前が恩返しのつもりで恋人になったわけじゃないって言ったから、だな。俺が同じ大学に通うっていう事が、お前にとっては大きな借りだってわかってたし、恩返しがしたくてこの状況に付き合ってくれてるんだとばかり思ってた」
「恩を返したい気持ちがなかったら、この状況に付き合ってたとは言い切れないぞ」
 おかしそうに笑われたが、何がそんなにおかしいのかわからない。ムッとしながら発した言葉は少しばかり尖っている。
「わかってるよ。でも、こんな茶番に付き合ってやったんだからチャラな、って言う気はないんだなぁって思ってさ。いつか返すつもりの恩が積み上がってくばっかりだなんてぼやかれたら、そろそろ言っても大丈夫かなって。俺のことを即拒絶にはならないだろうなって、思って」
 実際驚いてるだけでしょ、と指摘されて、その通り過ぎて返す言葉がない。
「恋愛的な意味で俺を好きになって、とまでは言うつもり無いけど、俺と過ごす時間が楽しくて心地いいって思ってくれてるなら、このまま恋人ごっこ続けさせてよ」
「いやそりゃ、お前と別れたらそれはそれでまた噂の的になって面倒増えそうだし、正直、大学出るまではお前の恋人役やる気で、当分彼女とか恋愛とかはいいって思ってた、けど……でも、」
「俺が本気でお前好きって知ったら、さすがにもう無理そう?」
「いやそういう訳じゃなくて……」
 好きな子との恋人ごっこが楽しい、という相手の言い分を飲んで受け入れてしまっていいのか、イマイチ自信がない。というよりも、何かが引っかかっている。
 拒絶はされないだろうから、という理由で、こちらが全く気づいて居なかった彼の気持ちを知らせた意味を考えてしまう。ただただ恋人ごっこが楽しいなら、そのまま本音を隠して続けることだって出来るだろう。そうしなかったってことは、口では好きになってとまでは言わないと言っていたって、好きになって欲しいという期待は含まれているんじゃないのかと勘ぐってしまう。
 けれど。
「俺に好かれてるのが無理じゃないなら、何が問題?」
「あー……いや、問題は、ない」
「ん、じゃ、これからも今まで通りでよろしくな」
 そこに期待があるのかどうかを確かめる勇気はなく、わかったと返すしかなかった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。