いつか、恩返し8

1話戻る→   目次へ→

 ハグもキスもすぐに慣れた。相手のペニスに触れることも、逆に自分のペニスが男の手に握られることも、最初の躊躇いを超えてしまえば、思った以上に抵抗感などなく、そこにあるのはただただ快感だった。
 つまり、キスをしながら互いの性器を扱きあって射精する、という状態にはあっさり進んでしまった。同じ男だからこそわかる加減なのか、正直、他人の手がこんなに気持ちがいいのが驚きだった。
 ただ、さすがにそれ以上に踏み込むのは、躊躇いがある。行為への嫌悪や抵抗感ではなく、試してみたいという気持ちの根拠が、彼への恋愛感情でと言うよりは好奇心からの興味である自覚があるせいだ。
 しかしそれも、こちらを窺うようにしていた相手に気づかれて、誘われてしまう。試してみたいのはどっち、と聞かれてしまう。
「どっち……って」
「わかってるだろ。抱く方と、抱かれる方、どっちがしたいの」
 もしくは、どっちからしたいの、と続いた言葉に、相手はこちらの性格を本当によくわかっているなと思う。両方試せるなら、両方試してみたい。という気持ちがあることは事実だった。
「お前こそ、どっちがいいんだよ」
「それこそどっちでもいいし、どっちもやったっていい」
「なんで? 好奇心?」
「そうだよ。って言った方がいいんだってのはわかってるけど、言ったらお前が安心してこの先にも踏み込んでくるってわかってるけど、さすがにそれは否定させて」
 困ったような苦笑の後、真剣な顔で見つめられる。それだけで、酷いことを聞いてしまった、というのは嫌ってくらい理解した。彼がこの後告げるだろう言葉もだ。
「好きだから、だよ」
「ごめん……」
 思ったとおりの言葉が返されて、思わず謝ってしまった。先へ進むのを躊躇う理由に自覚があったからだ。自分こそがただの好奇心なのに。相手の気持ちを知っていて、あんな言葉を投げたことを、申し訳ないと思った。
「謝らなくていいって。俺と同じ気持ちで俺を好きになって、なんて思ってない。お前の方は好奇心でいいんだよ。だから、出来そうって思ったなら試してよ」
「良くは、ないだろ。お前の好きにつけ込んで好奇心を満たすのは、さすがに俺だって抵抗あるって」
「それこそが俺の狙いなのに?」
 好きな子とセックスまで出来るかも知れないなんて、そんなのチャンス以外なにものでもない、というのが相手の主張らしい。
「まぁでも、いいや。はっきりどっちがしたいって強い意思がないなら、俺から襲うから」
「は?」
「だって先に進んでもいい気持ち、あるでしょ。むしろ抱いたり抱かれたり、してみたくなってるでしょ」
 即座にないと否定を返せなかった以上、お察しだ。相手はにっこり笑って、とりあえず最初は抱かれる側になるねと宣言した。しかも理由が、想定外に凄かった。
「後ろ、自分で拡げてるから、お前に突っ込むより俺が突っ込まれる方が、多分絶対楽だと思うし」
「はぁあ? 拡げてる? え、自分で弄ってんの?」
「そうだよ。だってお前、先に進みたそうな感じになってきてたから」
 抱かれる側のが興味あるって言われたとしても、自分の体で色々試した後のほうが気持ちよくさせてあげれそうだし、と続いた言葉もなかなかに衝撃的で、しばし言葉を失う羽目になった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。