今更嫌いになれないこと知ってるくせに14

1話戻る→   目次へ→

 あの朝の行為は衝動的にという可能性が高そうだし、ムリヤリに聞き出すような事でもない。なので追求するような真似はせず、軽く握ったままの手を外して、下側奥へとソロリ指先を這わせていく。
「舐めなくていいなら、じゃあこっち、解しはじめていい?」
 追求がなかったことにホッとした様子で頷く甥っ子を促し、まずはベッドの上に上がってもらった。その時、腰に巻かれたままだったバスタオルを解いてベッド下へと放ってしまったから、丸裸にされた甥っ子は心許なさそうな表情で、少しばかり身を縮こまらせている。
「自分でする時どうやって弄ってる? ってか、まずはちょっと自分でやってもらおうか」
 甥っ子が持参した未開封のローションボトルを開封しながら、ふと思いついて口にしてみたら、相手は大層慌てたようだ。
「はぁあ?」
「どうすると気持ちいいのか、やって見せて?」
「ええっ!?」
 驚きと躊躇いと困惑。恥ずかしいかと聞いたら、当たり前だろと焦り混じりの怒声が返ってきた。
「俺が興奮するよ。って言っても無理?」
 無理強いする気はないから横になってと言ったら、サッと伸びてきた手がローションボトルを奪っていく。
「俺いま、優しくされてんのか意地悪されてんのか、わかんないんだけど」
 ほんのり目に涙を溜めながら睨んでくる顔が、彼が幼いころを思い出させて可愛らしいと思う。
「めちゃくちゃ優しくしてるつもりだけど?」
「ホントに?」
「恥ずかしいこと言ったりしたり、させたり言わせたりするの、意地悪でだと思ってんの?」
 セックスって基本そういうのの連続だぞと言ったら、そんなのマンガや動画の世界の話と思ってたと返ってきて苦笑する。
「じゃあやり方変える? 明かりも落として、余計なこと言い合わないで、粛々と解して繋がって腰振ってイッたら終わり」
 そうして欲しいならそうしようと提案したら、むっとした顔で違うと返された。
「これがヤダって言ったわけじゃないだろ」
「でも、どうされたいとかって希望、言ってもいいんだぞ? 嫌なことはしなくていいし、して欲しい事があればしてって言えよ。あるだろ色々。日々のオカズ的なモノがさ」
 突拍子もない物じゃなければ出来るだけ叶えてやるからと言ったら、困った様子で眉尻を下げる。
「意地悪じゃないならいい。にーちゃんの抱き方でいいから」
 にーちゃんのやり方を俺に教えて、なんてセリフを照れくさそうに告げてくるから、こちらもなんだか困ってしまう。
 可愛くてたまらない。
 確かに好かれている。自分への好意が伝わってくる。
 だから同時に、相手の気持ちを思うと申し訳ないとも思ってしまう。こんなに求められているのに、同じ想いを返してはやれないのだ。
 目の前に横臥し、ローションを垂らした指を股間に導いて自ら解す行為を始めた男のことは、純粋に可愛いし愛しいとも思う。
 まったく知らない他人なら、単純に好みの男として可愛がるか可愛がって貰うかして、ただただ楽しんでいただろう。好きだと言われればきっと躊躇いなく好きだと返したし、お互いフリーなら恋人として付き合ったっていい。
 けれど目の前に居る男は義兄の息子で甥っ子で、そもそもは、どれほど節操がなくても踏み越えなかったラインの向こう側に居る相手だ。しかも、義兄はオカズにしていたが、甥っ子はそれすらしたことがない。
 それが突然触れられるほどの距離に現れたって、どうしても気持ちにブレーキが掛かる。まっすぐに好意が伝わってきたって、受け取ることを躊躇ってしまう。
 拗ねたり怒ったり驚いたりする一瞬に、自分が昔大切に愛した甥っ子の面影は確かにある。けれど同時に存在する、昔さんざん頭のなかで妄想を繰り返した義兄とも、やはり被ってしまう一瞬がある。
 男女とも付き合い、相手次第でタチネコどちらもこなしてしまう、そんな自分の節操の無さは自覚していたが、せめて義兄相手の妄想を、抱く側か抱かれる側で統一していれば、なんて今更思っても仕方がない。甥っ子自身がそう望んでいそうだから、という理由だけでなく、抱かれる側で余裕を無くしたら、本当に義兄の名を呼んでしまいそうだという不安もなくはなかった。
 自分の中の気持ちがぐちゃぐちゃだ。求められるままに目の前で、頬を上気させながら自らの身体を慣らす行為を見せてくれるこの可愛らしい男のことを、甥だとか初恋とも言える相手の息子だとかいった心の中のブレーキを外した状態でなら、どう思うのか想像がつかない。そんなことを真剣に考えるのは怖いとすら思う。
「んっ……」
 ごちゃごちゃと考えながら見つめていた先、気持ちよさを耐えるように甘い息を吐き出していた甥っ子から、苦しげな吐息がこぼれ落ちた。

続きました→

あなたは『「今更嫌いになれないこと知ってるくせに」って泣き崩れる』誰かを幸せにしてあげてください。
http://shindanmaker.com/474708

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP