理解できない19

1話戻る→   目次へ→

 この家に住むようになってから先、一番近くで見守り、支え続けてくれたのはもちろん間違いなく彼だ。保護者代わりに、家族として弟の面倒をみるような心積もりで、随分と甘やかされていたのだという事も、今はもう理解できていると思う。
 だからこそ、高校を卒業して、ある程度お金が貯まったらこの家を出て行くとしても、それで彼との縁まで切る気はなかったし、切れないと思っていた。
「頼らずにというか、一人でも大丈夫ってとこを見せたい気持ちは、そりゃあるよ。でも、もし、一人じゃどうにも出来なくて困ったら、頼ってもいいんだと、思ってた」
「それをダメだなんて言ってないだろ。うちの親の手にあまりそうだとか、相談しにくいとか、そういう困りごとなら連絡してくればいい。いきなり一人でも大丈夫を見せようとするんじゃなくて、俺が側にいてしょっちゅう気にかけてやらなくても大丈夫だって事を、まずは見せるんでいいじゃないか」
 それは、そうなのかも知れない。段階を踏めと言われているだけで、卒業だなんだと言いながらも、結局はこちらを案じてくれている。
「俺はこの家の実の息子だから、家を出たって気軽に顔を出しやすいし、親の手を借りたければ手を貸してくれとも言いやすい。でもお前は一度ここを出たら、そう気軽に、俺達に困った助けてを言えるタイプじゃないだろ。独り立ちの準備は、まずは俺と少し離れて、その上でじっくりするといい」
 ただただこちらを案じてくれている、という考えを肯定するかのように、彼の言葉が続いている。
 でもそれがわかっても依然として不安が付きまとうのは、高校を卒業したら変わると思っていた関係が、自分の思っていたものと違うせいだと気づいた。どのみち縁は切れないだろうと思っていたその根拠は、卒業後には今までの礼を体で支払う関係に変わると思っていたせいだ。たくさんのものを貰ってきたのだから、分割払いは必至と思っていて、この家を出ようと当分は定期的に体を重ねる機会があるはずだと考えていた。中学最後の年の半年と、高校の三年間と。合わせて三年半くらいは、そんな関係が続くんじゃないかと思っていた。
 相手に頼りたい困りごとがあったとして、自ら相手に連絡をとって、相談をして、なんて工程はどうやら考えていなかった。
「俺が困らなかったら、どうするの」
「どうするって?」
「そっちから俺を呼び出すことは? ないの?」
 これに頷かれてしまったら、どうしよう。寒さなんて感じないはずの季節なのに、なんだか肌寒くて、思わず腕をさすってしまう。
「たまには何か奢ってくれってなら、懐があったかい時に呼び出すくらいは、まぁ、考えないこともないけど……」
「違うっ」
 そうじゃなくて、と吐き出す声はどうしようもなく震えてしまった。
「ねぇ、俺とのセックス、良くなかったとは言わないよね?」
「なんでここでセックスが? というか、さっきの。お前を抱かせろって意味での呼び出しをするか、って話なら、そんなのするわけないだろ」
「なんで? だって高校卒業、したんだよ?」
「それこそなんで、だ。約束通り抱いたし、今までの礼も受け取ったろ」
「全然返し足りてないし、俺を好きって言ったのに?」
「好きだと思うからこそだ」
 静かに言い募る相手の視線が突き刺さる。怒らせた、のかも知れない。でも理由がわからないし、ここで引けるわけもない。
「わかんないよ。こっちの気持ちはともかくとして、これ以上の礼なんて要らないって理由はまだわかるよ。でも、好きな子が抱いていいよって言ってるのに、それを抱かない理由なんてある?」
「あるよ。お前が理解するかはわからないけど、好きな子が体を差し出してくれる理由が、俺を好きだから以外のものなら、それを受け取って抱くのは苦しさが伴う。あの日俺は何度もお前に好きだと言ったけれど、お前の口から好きだと返ることは一回もなかっただろ。だからもう、俺はお前を抱きたいとは思わない」
 お前を抱いても苦しいばかりだから、と言われて心臓が嫌な感じにバクバクと鼓動を刻んで胸が痛い。次はもうないのだと、こんなにもはっきりと言い切られて、予感はしっかりあったものの、それでもやっぱり辛すぎた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。