いつか、恩返し11

1話戻る→   目次へ→

「先っぽ入ったけど、このまま奥まで入ってみても平気そう?」
「ん、いい、よ」
 頷かれるのを待って、相手の足を抱え上げた。それを更に持ち上げるようにして、ゆっくり体重を掛けて行けば、ぬぷぷとペニスが飲み込まれていく。
 自分の下で、従兄弟が首まで赤くしながら、ふぅふぅと荒い息を繰り返している。辛そうな顔だと思ったが、腰を止めて様子を窺えば、大丈夫と言いながら笑って見せる。どうしたってむりやり作ったとしか思えない笑顔に、きゅっと胸が締めつけられる気がした。
 健気、だとか、いじらしい、だとか。そんな単語が頭の中をまわる。
 なんでそこまで自分を想ってくれるのかわからなくて、でも、嘘でもからかわれているのでも好奇心でもなく、彼に想われている事だけは、確かに伝わっていた。
 こんな彼を抱きしめてキスしてやりたい気持ちは、きっと好奇心なんかではない。ただ、でも、それが恋情なのかは、やっぱりわからなかった。だから、こんな曖昧な気持ちによる衝動で、抱きしめてキスしてしまっていいのかも、実のところよくわからない。
 けれど同じ想いなど求めず、好奇心でいいと言い切る彼にしてみれば、こちらの感情がなんであれ、しないよりはしてくれた方が嬉しい、と思うだろうこともわかっていた。とはいえ、この中途半端な挿入状態では、抱きしめるのもキスするのも難しい。
「痛めつけたいわけじゃないんだから、あんま無理はすんなよ」
 まずはしっかり繋がってしまえと、それだけ伝えて更に体重を掛けていく。相手はやっぱり苦しげな息を繰り返していたけれど、痛いとも辛いとも止まってくれとも言わないので、そのまま互いの肌がぴたりとくっつき合うまで押し込んでしまう。
「はい、った?」
「入った」
「ど? きもち、ぃ?」
 気持ちいいよと返せば、ホッとした様子で良かったと笑われて、またしても胸がきゅっとなる。相手は気持ちよくなんてないだろうと思うから、余計に胸が締め付けられる気がする。
「もちょっと、待て、る?」
 馴染むまでもう少し待って欲しい、ということらしい。当然、そのつもりでいた。
 ああと頷いて、それからようやく、なるべくゆっくり体を前傾させていく。相手の体の負担がよくわからないから、動作はきっと極力ゆっくりな方がいいだろう、という判断だった。
 おかげで、こちらを見上げる相手の顔が何をする気だと訝しげなものへ変わるのも、途中でこちらの意図を察したらしくじわっと驚きへ変わって行くのも、全て見てしまった。唇が触れる少し前、期待を混ぜた瞳が泣きそうに潤んでいたことさえも。
 キスはもう何度も繰り返している。相手の口内の弱い場所だって知っている。ちゅっちゅと何度も唇を吸って、招くように開かれた隙間に舌を差し入れて、感じる場所を擽ってやれば、甘い吐息を漏らしながらキュッキュとペニスを締め付けてくる。
 キスをしながら相手の胸に手を這わせ、小さな膨らみを捉えて指先で捏ねれば、ビクビクっと相手の体が跳ねた。抜きあう時にもたまに弄ってみたりはしていたが、こんな反応は初めてだ。もちろん、繋がる場所もきゅうきゅうと収縮を繰り返している。
「すごいな。今日は、胸も感じてる」
「ぁ、ゃっ、なん、で」
「なんでだろ? 俺も知りたい」
 指でこの反応なら、舐めたらどうなるんだろう。そんな衝動のままそこへ顔を寄せていけば、ダメっという声が耳に届く。
「なんで? 舐められるの、いや?」
「いや、っていう、か」
「舐めたらもっと気持ちよくなれそう」
「え、お前、が?」
 そうだと言ったら間違いなく、じゃあ舐めていいよって言われるんだろう。胸の奥が甘く疼いて仕方がない。
「お前も俺も、だよ。お前が気持ちよくなったら、俺も気持ちぃ。お前が気持ちぃとここがキュッキュってなる」
 ここ、と言いながら彼の中に埋まったペニスを意識させるように、軽く腰を揺すってやった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。