理解できない9

1話戻る→   目次へ→

 卒業旅行と言ったって、一番の目的が夜に宿泊施設でセックスすることである以上、そう遠くへ行く気はない。週末を挟んで金曜か月曜に有給をとってもいいと言われたけれど、一泊で充分だと断った。
 結局の所、遊びはオマケだ。
 なんて思っていたのだけれど、どこの人気テーマパークランキングを見てもだいたい一位なその施設は、そこに位置するだけの理由が当然あって、つまりめちゃくちゃ楽しかった。夜のことを考えたら疲れ切るわけには行かないし、早めに切り上げるつもりだったのに、せっかく来たのだからと促されて許されるまま、ズルズルと閉園まで居座ってしまった挙げ句にホテルでは早々に寝落ちて、なんの卒業もないまま愕然と朝を迎えた。
 朝からどんよりと落ち込むこちらに、セックスするのは今度の土曜でいいだろと告げた相手が、せっかく来たんだから目一杯楽しんで帰ろうと促してくる。前日にも散々聞いた、せっかく来たんだからという言葉に、なんとなく最初っからこの展開を狙っていたんじゃという気がしたけれど、過ぎてしまった時間を巻き戻すことは出来ない。
 先延ばしされた土曜にもまた何かしらの理由をつけて約束を反故にされたら、今度こそ本気で怒ってやろうと思いながら、なんだかんだと二日目も遊び倒してしまった。
 そうして迎えた土曜の朝、支度が出来たら出かけようと言われて連れてこられたのは、なんのことはないただのラブホだ。あからさまな子供を連れて入れるような場所ではないので、過去に連れ込まれたことはない。そんなわけで利用するのは初めてだけれど、なんのための施設かは当然わかっている。
 卒業旅行という言い訳を既に使ってしまった以上、宿泊は無理だから夜には帰ると言われて頷いたあと、準備をしてくるとバスルームへ向かった。手伝うと言いながら追いかけてきた相手を追い返さなかったのは、既に準備の大半を終えていたからで、けれどそんなことを思っても見なかったらしい相手には、随分と怪訝な顔をされてしまった。
「中、洗ってきたって、お前……」
「言葉通りだけど。昨日の夕飯も朝ごはんも控えめにしてるし、さっき洗ったばっかだから、まぁ、やってる途中で汚いことにはならないと思う。多分」
 多分と付け足してしまったのは、あまりにも久々の行為に自信が持てなかったせいだ。正直言えば、控えるどころか食事は抜いて置きたかったくらいだから、汚れるような事が起きなければいいという希望混じりな自覚もある。
「体調悪くて食欲がないとかじゃなかったならいい。てかおやつ食べ過ぎたとか言ってたのも嘘かよ」
「こっちは体調心配されて、ちゃんと食べるよう勧められたおかげで、また抱いて貰えない可能性も考えてたんだけど」
「つまり、抱かれる前に食事控えるのはお前にとっての常識?」
「まぁ、そうだね。控えるっていうか、本当なら水分補給だけでも良かったんだけど、さすがにおばさんに心配されると思ったし、食べない言い訳考えられなくて」
「そうか。んじゃここ出たらお前が食いたいもん、腹いっぱい食って帰ろうな」
 どうやら夕飯は用意しなくていいと言って出てきたらしい。楽しみだと笑えば、相手もどこかホッとしたように笑う。抱かれる前に食事を抜いたり控えたりという発想自体が全く無かったようだから、きっと当たり前にそれを行ったこちらへ、罪悪感を抱えてしまったのだろうと思う。
「家でそこまで準備してきたってのは驚きだけど、とりあえずは理解した。で、今ここでする準備って何?」
「家でシャワー浴びれたわけじゃないから、普通に体洗っておこうって思っただけ。せっかく一緒に入ってるんだから洗いっこする?」
 背中こすってあげるよと言えば、じゃあお願いしようかなとあっさり了承が返された。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。