理解できない33

1話戻る→   目次へ→

 なぜか、逃がす気ないから覚悟して付き合え、なんて言葉まで飛び出てきて驚く。朝食の席でそんな幻聴を聞いた記憶はあるし、その後の彼の様子からも逃がす気がない気持ちはなんとなく伝わっていたけれど、まさか本当にその言葉を聞くことになるなんて。
「わかったよ。で、言い訳って?」
 言われたとおりに再度覚悟を決めつつ促せば、じゃあ一つ目と言って、どう考えても手っ取り早いだろう方法を取らなかった理由を話し出す。
「お前が家に来る以前、お前の周りに居た大人たちは倫理観が狂ったヤバい奴らが多かったらしい。ってのは知ってるし、お前にもそう言ってきたし、お前自身自覚があるだろ?」
「そりゃあ」
「俺はそいつらの仲間入りをする気はないってことも、散々言ったよな」
「てことは、俺に好きになってって言うのは、倫理観が狂った大人がやることなの?」
 あっさりそうだよと返されたけれど、やっぱりよくわからない。
「お前はその狂った大人たちのせいで自分の常識、特に性愛、というかセックス関連に対する感覚がズレてる自覚もあるよな?」
「大人が子供に手を出すのは犯罪ってのは嫌ってくらい聞いたし、もうわかってるよ。わかってて、でも何度も誘ってたのは、別にいつか気まぐれに抱いてくれるかもなんて気持ちからじゃなくて」
「俺にその気がちゃんとあるのか、気持ちが変わってないか、試してたんだろ」
「あー……まぁ、そう」
 相手もそれをわかっているから、高校卒業したらと繰り返し言葉で伝えてくれていたのだとは思っていたが、気持ちを試す行為だったと指摘されるとなんだか気まずい。こちらは安心を貰うようなつもりだったけれど、何度も繰り返したあれらを、気持ちを疑われ試されていると感じていたんだとしたら、なんだか申し訳ない事をしていた気になる。なのに。
「まぁそれは今はどうでも良くて」
「どうでも良くて!?」
「あ、そこ引っ掛かんのか」
「いやだって……」
「いいよ。聞かせて。どうでもいいって流されたくないのはなんで?」
 知りたいよと促されて、なるほど、これはそういう話し合いだったと思い出す。会話中、何かに引っかかって反応したら、こうして追求されていくらしい。
 しどろもどろになりながら、申し訳ない気がしたことを説明すれば、優しい顔で聞いてくれていた相手が、ありがとうと言った。
「ありがとう?」
「俺がどう思うか、思っていたか、考えてくれてありがとう」
「ああ、そういう意味」
「以前のお前なら、俺がどう思うかとか感じるかとかは、それが俺の機嫌を損ねて、お前が望む展開が遠のかないかを心配する要素が強かったんだよ」
 自覚あるかわからないけどと言われて、言われてみれば確かにそういう感じだったと思う程度には、彼の言葉は当たっている。
「お前の要求を通すために機嫌をはかるんじゃなくて、ただただ俺の言葉から俺の気持ちを考えて、申し訳なかったなんて言葉がお前から出てくるの、すごく嬉しい」
 本当に嬉しそうに笑われて、その笑顔からなんだか目が離せない。照れくさくて、ホッとしてて、嬉しいのが、ふわふわに混ざり合うみたいな気持ちだった。
「こうやってお前の成長を目の当たりにすると尚更、お前が高校卒業前に、お前の誘惑やら自分の欲やらに負けなくて良かったって思うよ」
 そう言って笑みを深めた相手が、話を戻すけどと前置いて口を開く。
「好きになって欲しいと言ったら、張り切って俺への気持ちを育てるだろう事がわかっているからといって、お前の信頼を少なからず得ている保護者の立ち位置に居た俺が、自分に都合よく誘導して俺を好きになって貰うってのは、俺が、俺自身の欲に負けるのと同義だと思ってるし、真っ当な大人がやっていいことじゃないとも思ってる」
 ゆっくりと噛んで含めるように告げられる言葉に、こちらもじっと耳を傾けてしまう。
「ここまで、理解して貰えそう?」
 黙って頷けば、じゃあ続きと言って、諦めがついちゃう気持ちなのかについてだけどと、彼の言葉が穏やかな響きで続いていく。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。