まるで呪いのような15

1話戻る→   目次へ→

 さっきみたいな、痛い痛いと喚いてしまうほどの強さで噛まれることはなかったけれど、服を脱がされていく間、相手の唇はずっと剥き出した肌のどこかに触れていたし、抵抗しようとしたり逃げようとするたびに歯を立ててきた。本気で抵抗すれば、本気で逃げれば、容赦なく相手も本気で噛み付いてくるんだろう。
 そのくせ、いざ全ての服を剥ぎ取られた後は、アチコチに優しいキスを降らされる。唇を肌の上から離している時には、何度も好きだと繰り返してくれる。甘やかに名前を呼んでくれる。
 そんなことをされたら恥ずかしいばかりかと思っていたけれど、実際は羞恥よりも困惑が勝っていた。だって時折やっぱり、優しく触れるだけの唇が開かれて肌に歯が当たって、こちらが痛いと漏らすまで噛まれてしまう。
 ちょっとでも痛そうな声を漏らせばすぐに開放してくれるけれど、優しいキスや好きをくれる相手と、噛み付いてくる相手とのギャップが激しすぎた。
 噛まれるのがなくたって、恥ずかしいばかりできっとキモチイイなんて思えないと思っていたのに、優しい部分にだけ集中して気持ちよくなるなんて到底無理だ。優しくされながら噛まれるなんていう、全くわけがわからない状況に興奮出来るわけもない。自分で触ってないし、相手も触れてこないペニスは、もうすっかり萎えてしまった。
「痛……った」
 声を上げればやっぱりすぐに顎の力は弱まって、宥めるみたいに舌が這う。ただ、噛まれる頻度や強度が僅かにだけど少しずつ上がっていってるのは、きっと気のせいじゃないはずだ。
「好きだ」
 熱い吐息と一緒に吐き出される言葉には、どんな想いが篭っているんだろう。本当にこちらを喜ばせたい必死さで繰り返してくれているのか、なんだかもうわからない。
 すでに惰性となって繰り返しているだけかもと疑う気持ちもあるし、もっと別の何かかもと思う気持ちもある。もっと別の何かは、とても漠然としていて検討もつかないのに。
 本気で抵抗して止めさせようとしたら、本気で噛みつかれて最悪流血沙汰になるんだろうなという妙な確信だけはあったから、内心どれだけ困惑してても黙って好きにさせてしまっているけれど、本当にそれでいいのかはわからない。というか多分ダメな気配しかない。
 彼がしたいという、泣かすかもしれない酷いことって、なんなんだろう?
 本当はもっと強く噛み付いて、痛い痛いと泣かせたいのが本心なら、いっそやってしまえばいいのに。
「ぃっ……」
 また、噛まれた。今は仰向けに押し倒されていて、腹の方から上に向かってキスを落としてきていた相手が、ここで一旦終了とでも言うみたいに噛んだのは右肩だった。宥めるように舐められて、そして繰り返される好きの言葉。けれど今回はそのあとゴメンと続いてドキッとする。
「え……」
「好きだよ。こんなに好きで、こんな好きしかなくて、本当に、ゴメン」
 顔の真横から告げられる声は変わらず甘やかだけれど、言葉の内容と一致しない甘さに胸が騒いだ。どんな顔をしているか知りたくても、彼自身の頭が邪魔で振り向けない。
 焦りながらも必死で考えた。何を返すのが正解なのか。彼が欲しい言葉が何か。
「いいよ」
 声に出したら、自分自身、それでいいって気持ちになった。本気で噛みつかれるのが嫌だから抵抗しないんじゃなくて、酷い真似をされてもいいと思っているから抵抗しないんだと、曖昧だった自分自身の気持ちが定まっていく。
「俺も、お前が好きだよ。だからいい。お前の好きなように触ってって、俺が言ったんだよ。もっと強く噛みたいなら、痛いって言っても止めなくていいよ。だって痛くて泣いちゃってもいいんだろ? お前が俺を泣かせたいなら、泣かされても、いい。お前が俺にしたいこと、知りたい」
「違う。ゴメン、違う。優しくしたいし甘やかしたい。本当にそう、思ってる」
「うん」
 もちろん彼のそんな気持ちを、嘘だなんて思っちゃいない。
「泣かせたくない。笑わせたいんだ。ホントに」
「うん」
「ゴメン。わかんない。出来ない。こんなに出来ないなんて、思ってなかった。ほんっと、キモチワルイ」
「お前……」
 泣かせるかもとは聞いてても、泣くかもなんて話は聞いてないぞと思いながら、震えている体に腕を回して抱きしめてやった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP