追いかけて追いかけて26

1話戻る→   目次へ→

 バスルームの床に蹲った相手にちょっと放っておいて欲しいなんて言われた所で、わかりましたと出ていけるはずがない。また水浴びなんてされたらたまらない。
「気持ちの切り替えに俺が邪魔なら、あなたがもういいよって呼んでくれるまで、どっか、トイレとか脱衣所とか部屋の隅っこで、待ってますから。もう、こっから出ましょうよ」
 ほら立ってと腕を引いても、見下ろす頭がふるふると嫌がるように振られるだけだった。
「俺が悪かったなら謝りますし、さっきの話がまだ有効なら、ここにいる間は恋人になってもいいですから」
 掴んでいた腕がピクリと反応したので、とにかく部屋戻りましょうと声を掛けながら、再度相手の腕を引く。今度は渋々ながら立ち上がってくれたので、急いで手を引き脱衣所へ連れて行った。
 バスタオルを差し出しても受け取らない相手の体を拭いてやる間も、相手は沈んだ顔でなすがままだったけれど、それでもあらかた拭き終わった所でバスタオルを奪い、お返しとばかりにこちらの濡れた体を拭いてくれる手付きは丁寧だ。
「髪、乾かすから座って」
「え、でも」
「いいから。放って置いてくれないなら、黙って従って」
 怒っている口調ではなかったけれど、有無を言わさない強さにそれ以上逆らう気はない。言葉通りに黙って従い髪を乾かされながら、鏡越しに観察してしまう相手は、やっぱり何かを考え込んで浮かない顔をしている。それでも、髪を乾かしてくれる手付きはずっと優しかった。
 結局その後、やっぱり有無を言わさない口調で交代を言い渡されて相手の髪を乾かしたし、それが終われば相手主導でベッドがあるメインルームへ連れて行かれる。
 ちなみに、髪を乾かしている間はそれぞれバスタオルを腰に巻いていたのに、脱衣所を出るときに剥ぎ取られて互いに真っ裸なのだが、そこに言及する隙はなかった。自分が使っていた部屋着はビチョビチョのままバスルームに脱ぎ捨ててあるが、もう片方は脱衣かごに畳まれて置かれている。ただ、どう考えても相手用のそれを自分が着たいとは言い出せなかったし、相手に着られて自分だけ裸というのはもっと嫌だから、だったら双方全裸を受け入れるほうがマシという感じだ。
「ベッドの中入って。で、背中、こっち向けて」
 背中を向けろってどういうことだとは思ったものの、黙って言われた通りに従えば、同じようにベッドの中に入ってきた相手に背後から抱きしめられてびっくりした。
「今、どんな気分?」
 思いっきり体をこわばらせれば、背後から淡々とした声が問うてくる。耳を掠る声にピクリとわずかに身を竦ませてしまったが、相手がそれに何がしかの反応を示すことはなかった。
 なんだか少し、悲しくなった。
「緊張はしてるよね。俺が怖い? 裸で抱きかかえられて、気持ち悪くはない?」
 少しだけ柔らかになった声が、問いを重ねてくる。気持ち悪さは欠片もないが、怖いと思う気持ちはきっとなくはない。
「正直に言っていいよ。怒らないから」
 そう言ってから何か思い当たった様子で、今も別に怒ってるわけじゃないよと付け足された。それは口調からも気配からも感じている。
 わかってはいるのだ。傷つけたいとも悲しませたいとも思っていないのに、自分の言動が彼を傷つけ悲しませている。
「気持ち悪くは、ない、です」
「そう。まぁ、黙って従えなんて言っといて、怖がるなとは言えないよね」
「あ、いえ。そういう怖さじゃなく、て」
 本気で嫌がるような酷いことはされないと、やっぱり信じ切っている。間違いなく、さっき一度は本気で怒った様子を見せたのに、その怒りすら飲み込んでこちらに当たるような真似は一切しなかった人だ。彼がそうしろと望むなら、このまま黙って従い続けたって構わないと思う気持ちもある。
 怖いのは、彼が自分に何かをすることではなくて、自分が彼にしてしまうことに対してだった。
 自分の不用意な言動が、自分自身の信念が、相手を傷つけ悲しませている現状をこうまで見せつけられているのに、きっと自分はこの後も、彼に譲ることも折れることも出来ない。正直に気持ちを晒すほど、彼はこちらへの理解を示しながらも、絶望を濃くしていくことになるんだろう。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP