酒に酔った勢いで

 酒にはあまり強くないが、酒を飲むのは好きだった。というよりも飲み会の雰囲気が好きだった。アルコールでちょっとふわっとした気分になって、くだらない話にもゲラゲラ笑って、素面じゃ言えないような話を聞く。
 どんな話をしたかなんて翌日には半分以上忘れてるけど、楽しかった~って気持ちと、断片的な会話の記憶が面白い。
 学生時代からずっとそんなで、社会人になってからも声がかかれば出かけるし、暇を持て余したら自分から声かけてでも飲みに行っていた。
 そう頻繁だと、さすがにメンバーはだんだんと固定されていく。たまに飛び入りで懐かしい顔や新しい顔もあるけれど、しょっちゅう顔を合わせているメンバーはだいたい五人位だった。もちろん五人揃わないことも多くて、その時々で都合がつく相手が顔を出すだけだ。
 付き合いが長いと酒での失敗なんかも色々知られているし、互いの許容量もだいたい把握できている。飲み過ぎそうな時は途中で止めてくれるか、それでも飲まずにいられないって時はゴメン後は宜しくって潰れるまで飲んだりもできる。だからこの五人の誰かと飲む時は凄く気楽で、気が抜けているという自覚もわりとある。
 そんなだから警戒心なんて欠片も持ってなかったし、きっと油断もしまくりだっただろう。
「だからってこれはねーんじゃねーかなぁ……」
 ムクリと体を起こしてみたものの、自身の肉体の惨状に頭を抱えたくなった。
 若干の二日酔いで痛む頭と、全く別の理由で痛む腰。というか尻。もっと言うなら尻の穴がヤバイ。
 小さなベッドの中、隣にはメンバーの中では比較的古く、学生時代から一緒になって飲んでいた男が、自分と同じく服を着ずに寝ている。
 しかも場所は良く知った自宅だ。多分ほぼ潰れた自分を連れ帰ってくれたのだろうが、まさか送り狼に変貌を遂げるとは。
「あー……いや違うな」
 引き止めたのは自分で、誘ったのも多分自分。……という気がする。
 昨夜は五人揃ってて、それどころか二人くらい初めましての顔もいた。友人の友人も基本ウェルカムなので全く構わないのだが、ちょっとだけタイミングが悪くて、自分は片思い相手に恋人発覚で少しばかり荒れていた。最初っから潰れたい気持ちで飲んでいた。
 初めましての片方がバイだとか言ってて、なんなら慰めようかと言われた記憶は朧げにある。それに笑って、お願いしまーすとか返した記憶もだ。
 なのになんでコイツなの。
 何度確認したって一緒なんだけど、もう一度隣で眠る男の顔を確かめてしまう。
 相当飲んだし、記憶はいつも以上に途切れ途切れだから、正直どういう流れでコイツに送られて帰ることになったかなんてわからない。後、慰めてくれるとか言ってた男が最終的にどうなったのかもさっぱり記憶に無い。いや別に知りたいわけじゃないけど。
 体の痛み的に、多分突っ込まれたんだろうなーと思うと、酒の失敗にしても今回のは相当だなと思う。あーあ、これでまた黒歴史増えちゃった。
 そして問題は自分よりもむしろ相手。いっそ初対面だった男のがまだマシだったかも知れない。自分が酔い潰れたせいでこんなことになって、あのメンバーがギクシャクしてしまったら残念過ぎる。あそこまで付き合いのいい気心知れた飲み友を、今更手放したくなんかないのだ。
「なかったことに出来ねぇかなぁ」
「忘れたほうがいい?」
 独り言に返事があるなんて思ってなくて、思わず体が跳ねてしまった。
「痛ててててて」
「大丈夫か? だから無理だって言ったのに」
 相手が慌てたように起き上がって、いたわるように腰をさすってくれる。うんこれ、相手は完全に記憶あるね。
「あー……やっぱ俺が誘った?」
「記憶あるの?」
「ない。でも多分そうかなって」
「荒れてた上におかしな男におかしな誘惑されて、色々混乱してたんだろ」
「おかしな男?」
 というのはやはり、バイ公言してたご新規さんだろうか。
「覚えてないなら忘れときな。後お前、突っ込まれたって思ってるかもしれないけど、入らなかったから安心していいよ」
「は? 体めっちゃ痛いんですけど。体っていうか、腰と尻の穴」
「腰はお前がベッドから落ちて打ち付けたの。尻穴は無理だっつってんのにお前が入れろって煩いからちょっと真似事はした。けどすぐ痛いって泣いて逃げて落下したからそこで終わり。でもまだ穴が痛むってなら、少し裂けたりしたのかも」
 ゴメンと言われて、どう考えても今の話にお前が謝る要素なかったよなと思いながらも、流れのまま頷いてしまった。
「で、酔った勢いだから忘れて、ってなら、忘れることにしてもいいんだけどさぁ」
 なんとなく含みのある言い方な気がして、けどなに、と続きを促す。だって凄く聞いて欲しそうだったから。
「俺のものになって。ってのは俺も割と本気で言ったから、そこだけ改めて言っとくわ」
「は?」
「俺がお前狙いなの、他の奴らも知ってるから今後も気にせず飲みにいけるぞ。良かったな」
「えっ?」
 唐突過ぎる告白についていけずに疑問符ばかり飛び回った。
 そんなこと言われたっけ? 飲み過ぎたら忘れるタイプってわかってて適当言ってない?
 焦るこちらに、相手は自嘲と愛しさとを混ぜたような、不思議な笑みを見せている。ドキッとしたのは、この顔を知ってると思ったからだった。
「てかお前、俺のものになって、なんて殊勝なこと言ってたか?」
 思わずこぼれた自分の言葉に、少しだけ連動した記憶がよみがえる。
 お前は俺のものなんだから、気安く他の男に慰められたりするのは許さない。
 そんなセリフと熱い視線を受けたのは店の中か外かこの部屋だったか思い出せないけれど、確かその台詞のあとで、今と同じような顔を見せられたと思う。
 体の熱が上がっていくのを感じる。これ絶対顔とかも赤くなってそう。
 だって酔ってたとはいえ自分からお前誘ったのって、お前のこと受け入れたい気持ちがあったからじゃないの?
「あ、あのさ」
 酔った勢いだから忘れよう、なんて言ったら駄目だ。それだけは確実にわかる。
 だから飛んでしまった分の記憶を彼の言葉で補完しながら、昨夜のことと今後の話をしなければと思った。

有坂レイへの今夜のお題は『朦朧とする意識 / 酒に酔った勢いで / 「俺のものだ」』です。
shindanmaker.com/464476

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP