抱かれたら慰めてくれんじゃないのかよ15

1話戻る→   目次へ→

 一応の安堵と共に相手の顔へと視線を戻せば、さすがに全部解決とまでは思ってないけどと、気まずそうに告げた後で、諦めに似たため息を一つ。
「あのさ、これだけは確認させて欲しいんだけど」
「何だよ」
「トラウマ級の酷い抱かれ方とか、してないよね?」
「は?」
「良かった。それはない、と」
 突然何を言い出しているんだと呆気にとられてしまえば、そんなこちらの態度に、相手は随分とホッとした様子を見せている。どうやら本気で、その可能性を心配していたらしい。
「え、お前、なんで、そんな」
 焦って動揺するのは、相手がそう心配したくなるような何かを自分が見せたのだと、そう考えるのが自然だからだ。そんな誤解を招く、何を見せてしまったんだろう。
「だって俺に言えない何か、ずっと隠してるよね?」
「そ、れは……」
 いきなりの核心をついた指摘に動揺が加速する。
「それに、本当は怖いって、思ってるでしょ?」
「や、別に、怖がってなんか」
「自覚がないならそれでもいいけど、さっき言ったこと、思い出してよ」
 必死の否定を更に否定される事はなかったけれど、自覚がないならという言葉を出されるってことは、相手がその否定を全く信じていないのと同じだ。
「さっきって、どれだよ」
「悲しい誤解がこれ以上発生しないように、俺はあんたが理解してないと思ったら言い回しを変えて、噛み砕いて、あんたがわかるように気持ちを伝えるから、あんたも、俺の前でもうちょっと素直に振る舞えるようになってくれ、ってやつ」
 思い出したかと言われて頷きはしたけれど、それを言われてしまうと、抱かれた経験がないことをあれこれ理由をつけて伝えず隠している事実が、なんとも後ろめたい。
「俺の前では気を許せるって言ったって、あんたが無駄にカッコつけなのも事実だから、まぁ、隠しておきたいような何かがあったって仕方ないかなって思う部分はあるんだけど、こっちがあれこれ譲って、促して、それでも頑なに隠すような何かで、あんたが抱かれるって行為そのものを恐れるような原因になりそうな事、とか考えていくと、意に沿わない乱暴をされたとか、相手が悪くてめちゃくちゃ下手なセックスされたとか、そういうの、疑いたくもなるよね。しかも、優しくしてって散々言われもしたわけだし」
 まぁ違うならいいんだけどと続けながらも、相手はまた一つ、諦めたようなため息を吐いた。
「待って。あの、待って。ゴメン」
 さすがにこれ以上は隠し続けられない。無駄にカッコつけのせいで、と言われてしまえば否定もしづらかったし、隠して置きたいなら仕方がないとまで思っているせいでの、諦めのため息なんだと察してしまったら、申し訳なさといたたまれなさで黙っていられなかった。
 抱かれるのが怖いと強く意識したことはなくても、経験の無さで不安になったり躊躇ったり、抱かれる苦痛や痛みを考えなかったわけではないのも確かだ。だからそれらを相手が見抜いていて、乱暴されたとか、下手な相手に抱かれてトラウマになってないかを、本気で心配したらしいことも、そうでないことを安堵されたことも、多分きっと喜んでいい。見抜かれて恥ずかしいとかではなくて、こちらを気遣う相手の想いを信じようと思った。
「教えてくれる気に、なった?」
 黙って頷けば、相手が今度はあからさまな安堵の息を吐くから、どうやら、こちらがずっと言えずにいる何かに気付いてから先、随分と気を揉ませていたらしい。
「あのさ、」
「うん」
 大丈夫だから続けてと促すような、やさしい相づちに背中を押される。
「俺、誰にも抱かれたこと、ない」
「そ、えっ、ぅ」
 多分、嘘でしょと続けるはずだったのだろう言葉は、相手自身の手で遮られた。口を手の平で覆った相手の顔は悩ましげで、眉を寄せて何かを考えている。
「その、お前が誤解してるの知ってて、でもずっと、言えなくて」
 ゴメンと言えば、眉間のシワが少し緩んで眉尻が下がった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。