兄は疲れ切っている19

1話戻る→   目次へ→

 兄が起き上がる気配がして、何やってんのと戸惑い気味な声が掛かる。
「土下座」
「いやうん、そうじゃなくて。なんで土下座してんの、って」
「謝りたいから。てかどう償えばいいかわかんないから」
「えっ、と……ほんと、別に、謝って欲しかったわけじゃないんだけど……」
 顔上げなよと促されて素直に従えば、困惑しきった顔で兄がこちらを見下ろしていた。
「顔だけじゃなくて、体も起こしなって」
 苦笑されつつの言葉にも素直に従えば、兄の手が頭の上にぽんと乗せられて、くしゃくしゃっと数度頭を撫でたあとで離れていく。まるで慰められているみたいだった。
「あのさ、俺が勝手に惨めになってるだけで、お前が俺を大事に扱ってくれてたのはちゃんとわかってるから。お前に抱かれるの、嫌じゃないよ。大事に可愛がってもらって嬉しい気持ちだって、ちゃんとある。じゃなきゃ、こんなの続けてないって」
「違うんだって。そうじゃ、なくて」
 この申し訳無さをどう伝えればいいのかわからない。わからないなりに必死に言い募れば、兄はうんと一つ頷いて、こちらが言葉を探すのを待ってくれている。
「抱いてる最中に兄貴が時々泣いてるのが、ずっと嫌で、生理的な涙だとか言われても信じてなかったし、弟とこんな関係になったことが苦しいんだろうって思ってて、俺を好きで苦しいなんてこと、考えたことなかった」
「隠してたんだから当然だろ」
「うん、だから、なんで隠さなきゃならなかったのか、わかってなかったというか、嫌がるからあんまり言わなかったけど、俺の好き、全く本気にされてなかったのもやっと気づいたというか」
 抱きながら気持ちが昂ぶって、最中に可愛いと繰り返すことは多い。微妙な顔をしつつもはっきり嫌がることはないから繰り返してしまうのだけれど、嫌がられて言わなくなった言葉もある。
 嫌がられたのは、好きだ、の言葉だ。
 好きだと言うと泣きそうな顔でそんなことは言うなと返されていたから、弟に好きだと思われるのなんてやっぱり気持ちが悪いんだろうと思うと苦しくて、すぐにほとんど告げなくなった。けれど辛うじて女の代わりができるお気に入りのオモチャと思われていたのなら、あの泣きそうな顔の意味が全く違ってきてしまう。
「俺、ちゃんと兄貴のこと、好きって思ってる、よ」
 真剣に伝えたつもりだったけれど、兄は喜ぶ素振りなんて一切無しで微妙な顔をしているから、多分きっと困っている。
「ほんと、なんだけど」
「あー……嘘だ、とは思わないけど、でもそれ、俺がお前に抱かれてるからだよ」
「ど、ゆー意味?」
「気持ちよくセックスできる相手に情が湧いてるんだろ」
 お前が好きだったから抱かれた俺とは違うよと言われて、本当に、なんであの時、今までの報酬を体で払えなんて言ってしまったんだろうと思う。兄が自分を好きだなんて欠片も思ってなかったとは言え、好きだから他の人のものにならないでって必死にお願いしていたら、こんなに兄を苦しめることもなく、兄を自分のものに出来たかも知れないのに。
「俺だって、セックスする前から、好きだったよ」
「え?」
「本当だから。女とのごくごく普通な経験しかなかった俺が、初っ端からあんな丁寧にケツ穴拡げて前立腺探し当てて弄れたの、なんでだと思ってんの。疲れ切って雄っぱい貸してくれって甘えてくる兄貴がなんだか可愛くて、それで男同士のセックスのやり方調べてたからだよ」
 嘘だろって呆然と溢された声に、もう一度、本当だからと返した。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。