生きる喜びおすそ分け9

1話戻る→   目次へ→

 ここぞって時の一回くらいなら、と言っていたから、ここぞっていうデート先があるのかと思ったら、数日後にどれがいいかと複数のプランが一覧になった画像が送られてきて驚いた。しかもどうやら、今までの会話の中で行ってみたいだとか食べてみたいだとかやってみたいだとか、話題に出した場所を並べてくれている。
 こっちが一方的に話してることも多かったし、会話の中身なんてスルーされてるとばかり思っていたから意外だったが、これは純粋に嬉しくもあった。覚えててくれたんだ、というだけで、今まで重ねてきたデートが報われたような気がしてしまう。
 一緒になってその画像を見ながら、君は興味の幅が広いからどうにも絞りきれないと言われたけれど、中には飛行機移動が必要になる地域の美味しいもの食べ歩き的な物も混ざっている。思わず一泊ですよねと聞いてしまったが、最低でも初日の昼と夜と翌日の朝と昼で4食は食べれると返されたから、大真面目に本気らしかった。
 デートっていうかもはやこれは接待なのでは、みたいなことがチラリと頭の片隅をかすめたけれど、多分その感覚は間違いじゃない。接待感覚で、こちらの好みに合わせて趣向を凝らしたプランを考えるよって事だとわかってしまって、そりゃあプライベートでまでやりたくないだろうなと思う。
 だって業務上慣れているってだけで、こういうプランをあれこれ考えるのが好きだなんて思えない。もちろん、恋人のためにあれこれ考えるのが楽しい、なんて感情がないだろうことも知っている。
 大半は恋人だからという義務感なんだろうと思うと、年に一回か二回くらいなら頑張れるという言葉にも頷けてしまう。ついでに言うなら、過去の恋人たちがそれを不満に思う気持ちもよく分かる。
 ついには、接待みたいなセックスをされたらどうしよう、なんて事まで考え始めてしまって苦笑するしか無い。接待みたいなセックスがどんなものかという、具体的なイメージがあるわけではないけれど、でもきっとこれも当たりなんだろうなと思う気持ちがある。奉仕的なことも行為だけなら苦じゃないよ、なんて言っていた人だから、恋愛感情での好きもあるとは言ってくれたけれど、愛されているだとか想われているだとかよりも、奉仕されてるって思ってしまうようなセックスをされるんだろう。多分。
 だってその片鱗を、すでに先日のラブホでも味わっている。別日に仕切り直すなら退室しましょうかって言ったのに、せっかく中まで洗ってきたなら少し練習させてと頼まれて、お尻の中を探られた。検索しまくったというのを証明でもするみたいに、これが前立腺かななんて言われながら、前立腺とペニスとを同時に弄られてあっさり射精してしまったけれど、あれは練習させての言葉通りの行為でしかなかった。
 唯一の救いは、ちゃんと勃ったよって、下着と部屋着の二重の布越しではあったけれど、股間の膨らみに触れさせて貰えたことだろうか。そのまま挿れてくれないかなと思いながら撫で擦ってしまえば、これ以上はダメだよとすぐに手を掴まれてしまったけれど。
 だからやけくそ気味に、一覧の中にあった温泉地を指定して、観光よりもいっぱいセックスがしたいと言ってやった。お預け食らってんだから期待してていいんですよねとも付け加えれば、思いの外真面目な顔で、もちろん善処はするよと返された。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。