今更なのに拒めない2

1話戻る→   目次へ→

 大学に入学してから先、ずっと暮らしているアパートは、当然一人暮らし用の小さな部屋だ。いくら高校時代はそれなりに仲が良かった相手とはいえ、六畳程度の洋室に小さなキッチンがあるだけの1Kに二人で暮らすというのは、正直不安しかない。
 それでも、一緒に暮らし始めて三日と経たず、相手がとりあえずの夜間バイトを決めて来たことで、狭い部屋に二人で暮らすストレスは、危惧していたほどには大きくなかった。だいたいこちらが起きだす頃に帰ってきて、こちらが帰宅する頃にはもう出掛けているから、相手と顔を合わすのは、朝の短な時間と週末が殆どだ。
 かなり気を遣われているらしいのはわかっていたし、ひどく不快になるようなことも起こらなかったので、さっさと出て行ってくれないかと言うこともなく、なんとなく彼の存在を受け入れてしまったままの生活も、そろそろ三ヶ月が経とうとしている。
 それは雨の降る日曜の昼過ぎで、週末にこなして置きたい掃除やら洗濯やらは昨日のうちに終えていて、つまりは割と暇を持て余していた。
「お前も暇なの?」
 録画したまま溜まっていくばかりの番組をチェックし、流し見たり削除したりしながら、その作業を隣で見ているだけの男に問いかける。一応一緒に見てはいるようだけれど、つまらないなと思った番組を途中で切り上げて削除するときも、もっと見たいから消すのは待ってくれなどと言ってはこないから、多分テレビが点いてるから見ているだけで、こちら以上に興味がなさそうだった。
 だからといって、なにか別のことをするでもない。多少眠そうな感じはあるが、相手の生活サイクルを考えたら、平日のこの時間帯は睡眠時間だろうから当然だ。共に過ごすことになる週末はなるべくこちらの生活に合わせると言ったって、そんな簡単に週末だけ都合よく、朝起きて夜眠る生活に戻れるはずがない。
「というか、やること無いなら眠っといた方が良いんじゃないの?」
 テレビうるさいならイヤホン使うけどと提案してみれば、別に暇持て余してるわけじゃないから良いよと返ってくる。ちょっとその言葉を信じる気にはなれない。
「明らかに暇そうに見えるんだけど」
「というか、お前もって聞き方するってことは、お前の方こそ暇だったりするの?」
「まぁ、割と」
「テレビの録画整理は?」
「やったほうが良いのはわかってるけど、そこまで切羽詰まってない。どっちかっていったら暇つぶしにチェックしてるだけ」
 正直に言えば、見ないままある程度の期間放置されたものは、そのまま削除でも構わないと思っている。仕事絡みだったりで、どうしても見ておきたい番組類は放置などしないし、とっくに視聴済みだった。
「なんだ。そうなんだ」
「そうだよ」
 肯定すれば、ふーんと暫く考え込んだ後。
「なら、遊んでって言ったら遊んでくれんの?」
「それは遊びの種類によるだろ」
 探せばトランプぐらいは出てくる気がするが、二人で遊べるようなものが家にない。ゲーム機もあるにはあるが、所持しているのは一人でやり込むタイプのソフトが数本だけだし、それらも最近はめっきり起動していない。
「雨降ってるけど、対戦ゲームのソフトでも探しに行ってみる?」
 高校生の頃に二人して結構ハマっていたゲームの新作だったかが、何年か前に出ていたような気がする。
「あー、まぁ、それも悪くはないんだけどさ」
 四つ這いでにじり寄ってくる相手の、なんだか困った様子の顔を不思議に思いながら見つめしまう。なんとなくの予想はついたものの、どうしようか迷ううちに、あっさりラグの上に押し倒されていた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。