追いかけて追いかけて20

1話戻る→   目次へ→

 結果的に、後輩男から受けた行為への嫌悪感を彼からの行為で上書きするみたいになったし、経緯を思い返せば自分からそれをねだったみたいになっているけれど、最初からそれを狙っていたわけではない。断固として違う。そんなことをさせたくて、して欲しくて、この誘いに乗ったわけじゃないのに。それを相手は、ただ自覚がないだけだと思っていたというのも、最初から嫌悪感を上書きしてくれるつもりだったという事実にも、なんだか酷く遣る瀬無い。
 ああだから、この部屋に入った後でさえ、興奮よりも優しさが目立つ態度ばかり目についたのかと納得してしまった。納得は出来たけど、でもなんだか少し、ガッカリしてもいるらしい。
 普段から気遣いの上手い人だし、自分と違って女を抱いたことも男を抱いたことも、それどころか抱かれたことまである人だから、そんなもんなのかと思ってしまった。相手のそんなしょうもない気遣いに気づかず、欲しい気持ちが本当なら貰ってって言われたことが嬉しくて、何を貰えるのかと期待して、今日ここで貰えるものは全部もらって帰るつもりで、きっと、この一度限りの彼との行為を大切な思い出として記憶することになるんだろうって、思ってた。
 時折チラついてしまう後輩男と、比較するみたいなことをして、相手が彼であることに安堵して、それを受け入れている、受け入れることが出来る自分を、まるで確認してるみたいな場面は確かに多々あった。それを上書き行為と言うなら、本当は否定出来ないのかもしれないけれど、それでもやっぱり違うって言いたいし、そんなことのために触れて欲しくはないのだ。
 こちらはすっかり全て脱がされた丸裸で、対する相手はシャワーすら浴びてないのでこの部屋に入った時と変わらぬ着衣状態だ、というのはしっかり把握していたし、向き合って見つめ合って冷静に会話できる気持ちの余裕はなさそうだったし、抱きついて相手の肩口に顔を伏せたまま抱きかかえられている体勢に甘え続けていたが、やっと頭を上げて相手の顔を見た。
 後悔と心配とが混ざったみたいな顔が、目があった瞬間に、反射みたいに優しく笑おうとする。バカだこの人と、失敗して歪んだ悲しい笑みに思う。
 顔を寄せて自分から唇を重ねて、それからまた凭れるみたいに抱きついた。
「俺、あの時、あなたの名前呼んだんですよ」
「あのとき、って」
 上ずるみたいな声に、相手の動揺が伝わってきて少し笑いそうになる。
「後輩男に、ヤラれかけてる時。無意識にあなたのこと呼んでて、それを指摘されて、そいつに抱かれてる気にでもなってんのかって言われて。どんなにあなたを好きだって、抱いてもくれない男の名前なんか呼ぶなって、無駄だって。あいつ、俺のこと、ノンケに辛い片想いを続ける健気なゲイって思い込んでたから」
 一呼吸置いてから、わざとらしく努めてゆっくり相手の名前を呼べば、困った声音がどういうつもりと問いかける。
「事実は違うって事を、俺もあなたも知ってるから、言っておいたほうがいいんだろうって思っただけです。あなたの好意を利用した上書き行為をねだったなんて、思って欲しくないから」
「そう……」
 しばしの沈黙の後、理解はするけど残酷だよという呟きと共に一度ギュウと強く抱きしめられ、それから投げ出されるみたいにベッドの上に転がされた。突然突き放されて驚いたし、見上げた顔の表情のなさにもっと驚いた。
「おこった、んです、か?」
「怒ってるってよりは悲しい、かな」
 乱暴されてる最中に思わず名前を呼ばれるほど想われていると知るより、好意を利用されて嫌な記憶を上書きする相手に選ばれたってだけで良かったのにと言って、相手はどうやら自嘲したようだった。表情が乏しくて、いまいちはっきりしないから、多分だけど。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP