追いかけて追いかけて8

1話戻る→   目次へ→

 ゴチンという鈍い響きと、痛みを訴える相手の声が上がる。よほど当たりどころが良かったのか、吹っ飛びはしなかったものの相手の体が大きくのけぞって、脇の壁に強かに頭を打ち付けたようだった。股間の手も離されて、相手は片手を腹に、片手を後頭部に押し当てながら未だに呻いている。俯いているのでどんな顔をしているかわからないけれど、知りたくもなかった。
 今しかないと慌てて立ち上がる。すぐそばに脱がされて放られていたスウェットのズボンが見えたので、さすがに下半身丸出しで外に飛び出すわけにはと急いで足を通して、後は充電スタンドに置かれた携帯だけ握って部屋の出入り口に向かう。
「おい。待てよ」
 逃げんのかという声に、逃げるに決まってるだろと思いながらも、言葉は返さず早足で部屋を出た。手元の携帯を弄ってルームメイトの友人に電話を掛けてみるものの、繋がる気配はない。それどころか、背後で男の立ち上がる気配がする。相手もそのまま逃してくれる気なんてないようだ。
 ヤバイなと早足を駆け足に変えて、玄関扉に飛びついた。靴を引っ掛けながら鍵を開け、後はドアを押し開いて飛び出すだけ。というところで大きな音が立って、強い衝撃と痛みが全身を襲った。すぐには何が起きたのかわからなかったが、目の前には閉ざされたままの扉があって、逃げ切れなかったことを理解し絶望的な気分に襲われる。
「逃がすかよ」
 低く怒りを孕んだ声。背中に掛かる相手の圧と掴まれた右腕に食い込む相手の指先。玄関扉に思いっきりぶち当ててしまった、肩と額もジンジンと痛んで呻くことしか出来ない。
「ううっ……」
「もしかして、優しくされるより、こーゆー方が燃えるタチっすか」
 そんなわけあるかと叫びたいのに、扉に押し付ける力が増していて声を上げるどころじゃなかった。アチコチ痛い上に息苦しい。
「ま、俺はこーゆーのも、嫌いじゃないんでいいっすけど」
「ひっ」
 ゆるいゴムのウエストを抜けて、相手の手がまた股間を握ってきたせいで、小さく悲鳴が漏れた。急いでいたから下着は履いていない。直に感じる他人の手を、今度はもう簡単に振り払えない。ゾワゾワと這うような嫌悪で肌が粟立った。気持ちよさなんて、ない。
 グニグニと揉まれて反応なんてしなかった。乾いて柔らかなそこを強引に剥かれて扱かれるのなんて、痛みと不快感しか与えないとわからないのか。
 うわ言のように止めろ嫌だと零していたら、舌打ちが聞こえて弄られていたペニスが解放される。反応の無さに飽きたのかもしれない。しかし、ホッと安堵の息をついたのも束の間、ズルリとズボンを下ろされて息を呑んだ。
「少しは感じてないとキツイかなと思ったんすけど、無理っぽいんでもういいっす。痛くても、先輩のせいっすからね」
「は? ちょ、ひぇっ」
 尻肉を割られて指先がアナルに触れる。またしても情けなく悲鳴があがってしまったが、当然相手はお構いなしだ。強引に侵入しようとする乾いた指に、皮膚が引攣れて痛い。
「痛っ、やっ、やめっ」
「大人しく部屋戻るなら、ローションありますけど?」
「ぜってぇ、いや、だっ」
 相手に屈して自分から相手を受け入れる事に比べたら、このまま乱暴にされる方がずっとマシだった。ただ、最悪の選択を重ねている自覚もある。
 今ならまだ、謝って、お願いだから優しくして欲しいと頼んで、大人しく相手に従い受け入れる様子を見せれば、多分きっとそこまで酷い扱いはされない。今のところ相手には、こちらを感じさせたり慣らしたりという手順を踏む素振りがある。
 でも、なんでこんな男に、という気持ちを押さえつけて、相手に好き勝手させるのは無理だってこともわかっている。自分の身を守るために、こんな相手に何かを請うことはしたくない。そこまで大きな体格差があるわけでもないのに、同じ男でありながら、この状況から抜け出せないことが悔しかった。
「じゃ、仕方ないすね」
「ひぅっ、やぁ、いたっ」
 グリグリと指をねじ込まれて、痛みで視界が霞む。その痛みに悔しいという想いが重なって、あふれた涙が頬を伝った。
 こんな男に。こんな男に。こんな男に。嫌だ悔しい腹立たしい情けない。逃げられない痛みの中で、脳裏にあの人の優しい笑顔が浮かび上がって、余計に涙を誘った。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP