追いかけて追いかけて7

1話戻る→   目次へ→

 俺ならあなたを可愛がってあげられますよなどと言い出した目の前の男は、どうやら自分と彼との関係を大きく誤解しているようだ。相手はこちらのことを、ノンケに辛い片想いを続ける健気なゲイだと思っているようで、つまりは慰めてやるから自分を選べ、ということが言いたいらしい。
 なんてバカらしい。
 彼を追いかけて転部したのは事実で、彼を追いかけて今のゼミを選んだもの事実で、彼に対して恋愛感情を持っているのも事実だけれど、心が揺れるのは辛い片想いを抱いているからじゃない。彼の好意を受け取って、恋人になる道を選べない。選びたくない。そのくせあの日彼が告白してくれたことも、未だに食事に誘ってくれることも、こんなにも喜んでいる自分自身に嫌気が差しているだけだ。
 彼の恋人になりたい気持ちも間違いなく自分の中にある。きっと彼はこの気持を見抜いていて、こちらの気持ちの整理がつくのを待っているのだと思う。彼に他の恋人を作って自分以外の誰かと幸せになって欲しいと本気で思っているなら、はっきりきっぱり強く拒絶するべきだとわかっているのに、誘われるまま食事に出かけてしまう自分自身の弱さと甘さには辟易する。
 実際の自分は、目の前の男が言うような健気なゲイのイメージからは程遠く、ダダ漏れの好意で相手を振り向かせたくせに相手からの告白を拒むような酷いヤツで、慰めなんて一切必要としていない。もちろん、なんの好意も持たない相手に、可愛がって貰う必要だって一切ない。
 そもそも、無断で他人の家に上がり込むような、さっきまで顔しか知らなかった男となんて友達付き合いすらしたくないから、もし仮に男相手に辛い片想いをしている状況だったとしたって、そんな相手と可愛がってやるだの慰めてやるだのの指す行為をしたいはずがなかった。
 それでもやんわりとお断りを告げるのは、状況の不利をわかっているからに過ぎない。そこまで相手との体格差はないように感じるけれど、スポーツなどは殆どしてこなかった自分の非力さは自覚しているし、肩に置かれたままの手から感じる相手の圧力というか重みからしても、相手を跳ね除けて逃げ出せる気がしなかった。
 ヤバイ相手だということはわかりきっているのだから、下手に刺激して相手を怒らせたくはない。頭に血が上ったら、何をされるかわからない。
 そうは思っているものの、フツフツと湧き上がる怒りは腹の底にたまり続けていたし、限界はあっさり訪れた。
「初めてで怖いんすかね。大丈夫。俺、男との経験そこそこありますし。大人しく任せてくれれば、そんな痛くしませんて。ちゃんと気持ち良くしてあげますから」
 ね、と笑う顔は若干の興奮を滲ませていて、欠片も安心を与えない。男に抱かれた経験なんてもちろんないが、でも怖いのはそれじゃない。そこじゃない。
「だから、」
「まぁまぁ。まずはちょっと気持ち良くなっちゃいましょ」
「ちょっ、なっ」
 肩を押さえるのとは逆の手がガシッと股間をわし掴んで来たが、何に驚いたって、その手の温かさとグニグニ揉み込む指のリアルな感触だ。直に触れられている。慌てつつもむりやり首を起こして確認した下半身は剥き出しで、つまりは寝ている間に脱がされていたらしい。
「こ、っのヤロ。ふざっけんなよ」
 急所を握られた恐怖よりも、あまりに好き勝手が過ぎる相手への怒りが勝って、とっさに片足を持ち上げて、相手の腹を思いっきり蹴り飛ばした。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP