別れた男の弟が気になって仕方がない17

1話戻る→   目次へ→

 放しそこねていた手をそっと引き寄せる。ビクリと体を震わせた相手に、極力優しい声音を心掛けながらおいでと誘えば、もぞりと動いて引き寄せる力に従った。
「抱っこしていい?」
 嫌だとは返らなかったけれど、身を固くするのはわかってしまった。本当は嫌なんだろうなと思いながら、抱っこするよと宣言して更に相手を引き寄せる。身を固くしても逆らう様子のない、筋肉の乗った細い体を抱きしめる。宥めるように背を撫でても、相手は何かを警戒するように緊張しっぱなしだ。
 密やかに吐き出される息が、それでも時折、未だ泣いているのを示すように乱れている。
「なぁ、今お前、すごく緊張してるの、自分でもわかってるよな?」
「……はい」
「最初にキスしたときは、お前、こんな反応してなかったよ」
「それ、はっ」
 息が乱れて苦しげに喘ぐから、トントンと背中を叩きながら、無理に喋らなくていいから話を聞いてとお願いした。すぐに頷かれたけれど、乱れた息が多少落ち着くのを待ってから口を開く。
「別にそれがダメって話じゃなくてさ。セックスしてる間に嫌悪感湧いちゃったなら、それはそれでいいんだよ。初めてなのに、好きでも何でもない男に抱かれてるんだから。知識と実体験じゃどうしたって違うでしょ」
 やってみたら色々混乱したり、辛くなったりしても、それは当たり前の事なのだと、なるべく説教臭くならないように気をつけつつ言葉を紡いでいく。また、どこまでも保護者と言われるような事を話している自覚はあった。
「お前がどうしても、何が何でも今すぐ抱かれたいって言うから、今回はお前が俺を拒み始めてるのわかっててもお前の体拓いて突っ込んだけど、お前はセックスしたい抱かれたいって気持ちが強すぎて、自分の気持ちを蔑ろにしすぎだよ。あと、お前の年齢とか経験の無さ考えたらこれも当たり前なんだろうけど、お前すごく頭でっかちなの」
 問いかけというほどでもなかったが、男同士のセックスのやり方とか、そんな知識ばっかり詰め込んだんじゃないのかと言えば、腕の中から、そんなことはと動揺の滲む呟きが小さく返った。辛そうな呼吸はもう殆ど聞こえていないので、涙はだいぶ落ち着いていそうだ。それでもまた軽くポンポンと背を叩きながら、こちらも小さく笑って、それが悪いと言ってるわけじゃないし、知識はないよりあったほうがいいよと返す。
「ただ、知識は飽くまでも知識で、セックスって一人でするものじゃないからさ。セックスなんて十人十色で、基本的には相手と自分の、気持ちや性嗜好を摺り合わせてやってくものだと思ってる。俺にはお前が酷くされて喜ぶ性癖があるように思えなかったし、奥使ってってのも、なんか色々我慢して、すごく無理して言ってるように聞こえたよ」
 レイプされたいのとレイプでもいいのは違う。酷くされたいのと酷くされてもいいだって違う。ただし、明確な理由や拘りはわからなくても、無理して我慢して、それでも奥をもっと激しく突かれて何も考えられなくなるようなセックスを、本気でされたかったのだろうというのはわかっている。
「正直に言えば、お前のそういう無理してるようにみえるとこ、可愛いなって思う。せっかくストップワード決めたのに、あんなに泣かされてもそれ言わない強情なとことかも、けっこう好きだよ。だからお前が望むことはしてあげたかったけど、さすがにお前が望んでるからってだけで続けるには、理由が足りなすぎた」
「りゆう……が、足りない……?」
「そう。俺はお前を知らなすぎる。お前が誰でもいいから、どうしても早急に抱かれたい理由だって、結局聞いてないだろ。なんで善くもないのに奥まで使って欲しいのか、好奇心とかセックスってそういうものでしょって理由以外に何かあったとしても、俺はそれを知らない」
「りゆう……あれば、まだ、してくれるんですか?」
 それとも何を言っても今更で、本当にもう終わりなのかと、おずおずと繰り出される質問に少なからず驚かされた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP