プリンスメーカー8話 エピローグ

<< 目次  <<1話戻る

 

 ビリーの手を思い出すのが怖くて、ビリーが居なかった数ヶ月、ガイは一度も処理してはいなかった。そんな気が起きないほどに、働き尽くめだったというのもある。
 そう白状したガイを、ビリーは優しく抱きしめて、その手と口で、久々の快楽をガイの身体へ刻んだ。
 簡単に息を整えてから、ガイもお返しとばかりにビリーの下肢へと手を伸ばす。初めて告白された日から、何度もこんな夜を過ごしてきた。ビリーに女を買うことを禁止したのはガイだったから、自分だけがイかされて終わるわけにはいかなかったのだ。
 抵抗を感じたのは最初だけで、正直に快楽を示す手の中のモノも、熱い吐息を零すビリーの表情も、自分がそうさせているのだと思えば愛しさが勝った。
「待って、ガイ」
 伸ばした手を掴まれて、ガイは眉を寄せてビリーを睨む。
「睨まないでよ。自分で処理はしてたけど、断じて女なんて買ってないからさ」
「今夜も、自分でする言うんやないやろな」
「まさか。そんなこと、俺が言うわけないだろ。カラッポになるほど自分でした後でだって、ガイがしてくれるなら嫌だなんて言わないよ」
「ほな、なして止めるんや」
「城下町には色んなお店があってさ。お土産、買ってきたんだ」
 唐突に話が変わって、ガイは不思議そうにビリーの次の行動を待った。
「コレ。使わせて欲しいんだけど……」
 ビリーは小さな小瓶を取り出し掲げて見せた。
「なんやの、ソレ」
「男同士で抱き合っても、気持ち良くなれる薬だよ。ガイを、抱きたい」
「そ、れは……」
「躊躇うのはわかるよ。でも、絶対痛くはしないから。そのために、買ってきた薬なんだ。どうしても無理そうなら、途中でやめてもいい。だから、試させてくれないか」
 真剣に頼まれ、ガイはほんの少し迷った後で頷いて見せた。
 こんなに簡単に了承されるとは思っていなかったのか、ビリーは拍子抜けしたようだったが、なんでそんな気になったのかをガイは説明する気にはなれず、黙って服に手を掛ける。ビリーとのあっけない別れの後、ずっと、思っていたのだ。
 もっとしっかりその想いに応えていれば良かったと。
 別れは突然やってくるものだ。だったら、その時になって後悔しないように、やれることはやっておきたい。ビリーが言い続ける好きだという言葉に、ずっとガイの側に居たいのだというビリーの想いに。同じだけの言葉と想いを、態度で示してやりたかった。
 今までも何度か、ビリーはガイを抱きたいという気持ちを表に出す事があったから、男同士で何をどうするのかという知識は、ある。
 あるにはあるが、その分、羞恥も躊躇いも恐怖も大きい。いっそ何も知らないまま、感情の昂りに任せて奪われてしまったほうが楽だったのではないかと思う事すらあるが、順調に背を伸ばし、ガイを押さえ込むことも可能な程の成長を遂げた後も尚、そうしないビリーだからこそ、好きなのだ。
「で、ワイはどうすればええの?」
 うっすらと頬を染めながらも全ての服を脱ぎ去ったガイは、信じられないものを見る目でそれを見つめていたビリーへと問い掛ける。
「え、あ、こっちへ」
 ようやく正気に返ったビリーの差し出す手をとり、ガイは身体を寄せた。
 膝立ちになってビリーの肩に捕まるガイの足を、ビリーはそっと割り開く。その隙間に、薬を垂らした手の平を差し込んだビリーは、ガイが他人の手に触れさせた事などない秘所にゆっくりと薬を塗り込めていく。
 その場所で発生する違和感に、やはり拭いきれない嫌悪感や背徳感が混ざりあう。相手がビリーでなければ、さっさと逃げ出しているだろう。
「薬で滑るから、痛くはないだろ?」
 眉を寄せて息を詰めれば、心配げに問いかける声。ガイは湧き上がる感情を飲み込み、黙ったまま小さく頷いて見せた。
 あからさまにホッとした様子で、ビリーはその場所を広げる行為に没頭していく。
 何度も薬を継ぎ足し、ゆっくりと抜き差しを繰り返される指の感触に、やがて熱い吐息が零れ落ちる。膝が震えてしまい、ビリーの肩を掴む手にも力がこもる。
「あっ、はぁ……」
 その場所で快楽を感じることが出来ると、知識として知ってはいても、やはり不思議な感覚だった。
「どう? そろそろ、平気かな」
 そんなことをいちいち確かめないで欲しい。大丈夫かどうかなんて、初めての身にはわかりようがない。ビリーが弄り続けるソコは、指を抜き差しされるたびに、どんどん熱を増していくようだった。
「も、ビリー」
 ビリーに縋っても立って居られず、ガイはとうとう腰を落としてしまった。
 指を抜かれた後もジンと熱く痺れ、ビリーの指を惜しむようにヒクヒクと収縮を繰り返しているのがわかる。
「あ、あ、」
 恥ずかしいなどという感情よりも先に、どうしようもなく声が溢れて行く。身体の奥から湧き出してとまらない熱を、言葉と息に乗せて、少しでも冷まそうとするようにガイは口を開いた。
「ビ、リー……身体、熱い」
 助けて欲しい。
 早くこの熱を吐き出したくて、ガイはビリーの名を呼んだ。
「凄いな。これが、薬の効力なのか?」
 何事か呟いたようだが、聞き取れなかった。しかし、ビリーの口から吐き出された息が肌を掠めるだけでその場所がわななき、聞き返す余裕などない。
「ビリー、はよ、なんとかしてぇ」
 助けを求めて再度ビリーの名を呼べば、伸ばされた腕に抱きしめられた。
「ああんっ」
 自分でも驚くほどの甘い声が上がる。
 薬の影響なのか、どこもかしこも感度があがっているようだった。身体の内で渦巻く熱がもどかしくて首を振れば、クルリと向きを変えられて、ビリーに背後から抱きしめられた。そして、触れられてもいないのにトロトロと蜜を溢れさせるペニスを、キュッと握りこまれる。
「やぁぁぁっ!」
 経験したことのない痺れるような快感が走り、ガイは自分の発する高い声を、どこか遠くで聞いていた。
「どこもかしこも、ビンビンだな、ガイ」
 既に痛いほどしこった胸の先にもビリーの指が伸び、摘まんでクリクリと弄られる。ビリビリと身体中が痺れるような、強すぎる刺激に頭がどうにかなりそうだった。
「やぁ、やっぁ、ビリー、もう、お願いやから」
 ビリーの手で果てた事は何度もあったが、こんな風に熱を帯びた状態のまま、焦らされるのは初めてだ。早くイかせて欲しくて、ガイは涙の滲み始めた瞳でビリーを見つめながら懇願する。
 ゴクリと息を飲んでから、ビリーはようやくガイの身体を横たえた。どこかホッとしながら、ビリーが自身を取り出すのを待った。それは既に蜜が溢れて、はじけんばかりに硬くそそり勃っている。
 足を開かれ、ビリーがそっと覆いかぶさってくる。とうとう一つになるのだ。
 ガイは息を潜めてその瞬間を待った。
「んんっっ」
 指とは違う圧迫感。それでも、薬を使って丁寧に慣らされた身体は、苦痛よりも快楽を与えてくれた。
 ゾワリと走る快感に、肌が粟立ち熱い息が零れ落ちる。ゆっくりと身の内に入り込んでくるビリーを迎え入れるように、その場所が脈打つのがわかった。
「あ、ああ、あああ」
 より深く繋がるためか、腰を掴まれ引き寄せられる。決してビリーから逃げたいわけではなかったが、あまりに過ぎる快感に、身体が開放を求めてのたうった。
「ひぃっ、んんっ」
 逃がさないとでも言うように抱きしめられて、更に深いところを抉られる。小さな悲鳴があがった。
「ガイ。ガイ、好きだよ。大好きだ」
 耳元に響く声は甘く脳内を揺さぶるけれど、やはりどこか不安を帯びているようだった。
「ワイも……ワイも、好きや」
 無理矢理に声を絞り出せば、ビリーの顔が泣きそうに歪んだ。
「この先、なにがあっても。もう二度と、ガイの側を離れないからな」
 絶対に手放さないから覚悟してくれと、言葉とは裏腹に懇願するような声音。
「うん。ええよ」
 小さく笑ってやって、大きな背中をぎゅっと抱き返した。

< 終 >

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP