一卵性双子で相互オナニー

 目の前の勃起ちんぽは自分の股間にぶら下がるものと形も大きさもほぼ変わらない。持ち主はお前のより数mmデカイと主張しているが、そんなのその日の体調や興奮具合や測り方で変わってしまう誤差の範囲だろう。
 そっと舌を伸ばして握ったソレの頭ににじむ僅かな雫をなめ取れば、んっと気持ちよさ気な吐息の後、己の股間にも同様の刺激が走った。同じように吐息を漏らしてから、もう一度舌を伸ばす。今度はもっとゆっくりと、張り出すカリの周りを舌先でくるりとなぞってやった。もちろんそれも、数テンポ遅れで同じように舌先を這わされる。
 ベッドに転がり互いに相手の股間に顔を埋めるようなこの状況では相手の顔は見えないが、にやにや笑う相手の顔が浮かんでしまってまったく意地が悪いと思う。
 今までは自分のほうが、相手を追うようになるべく同じことをやり返していたのだが、相手はどうやらその事実に最近気付いたようだった。
 所詮これはオナニーで、自分がされたいことを相手にしている。という前提から、相手がそうされたいのだと思ってそうしていた。
 理由を聞かれてそう答えたら、相手は少し嫌そうな顔で不公平だと言った。なんでもっと早く言わないんだと怒られて、今日は始める前に、相手が後を追うから自分がされたいことをしろと告げられてからスタートした。
 正直面倒くさい。
 嫌そうな顔も、怒ったのも、別にこちらを想っての言葉ではないのだ。今回の提案はこちらももっと積極的になれというワガママに近い。
 確かにきっかけを作ったのも行為に積極的なのも彼の方だ。一卵性の双子なのだから、互いのを扱きあうのもオナニーと一緒だと言うのが彼の主張で、それを熱弁しつつ取り敢えず試してみないかと誘われたのが最初だった。
 好奇心盛大で色々と試してみたい気持ちが強い相手に、物事へのこだわりや執着が薄めな自分が付き合い、共にそれなりの楽しみを見出す。なんてのはコレに限らずよくある事だ。
 相手に付き合うパターンが多くとも、自分たちの間に主従関係があるわけじゃない。気が向かないことにはちゃんとノーを突きつけるし、これだって嫌ならとっくに止めている。互いのを扱きあうどころか互いに舐め合うまでに発展しているが、これがただのオナニーだということに納得もしている。
 けれどそんなことは相手だってちゃんとわかっているのだ。
 不公平だ何だと言ってこちらを動かそうとするのは彼の手法の一つでしかなく、にやにや笑っているだろう顔が浮かんでしまうのは彼の好奇心が自分に向いている事がわかっているからで、意地が悪いと思うのは面倒くさいと思いつつも自分が彼の望むよう振る舞う事までわかられているからだ。
 口を開けて亀頭部分を咥え、軽く吸いながら舐めまわしつつ、竿部分を握った手を上下させる。
「んふっ……」
 楽しげな鼻息を漏らしつつ、すぐさま同じように追いかけてくる相手の機嫌は良さそうだが、内心ばーかと罵ってやった。
 相手に言われるまま、自分がされたいことを素直に実行するわけがない。本能のままに自分が本当にしたいことやされたいことをしてしまったら、相手がドン引くのはわかりきっている。
 慣れた手順で、相手がされたいだろうことを予測してしているに過ぎないのだが、自分が彼の後追いをしていたことすら最近やっと気づいた相手が、それに気づくのはきっともっとずっと先のはずだ。
 何もかも分かり合っているようでも、そこはやはり自分と相手とは別の人格があり、言わば騙し合いをしている部分もある。これは自分のほうが多少有利な気がしているが、確たる自信があるわけではないから、知られたくないことは細心の注意を払って隠し通す。
 これはただのオナニーということを忘れてはいけない。
 それを肝に銘じつつ、喉の奥まで迎え入れて相手の性感を追い立てていく。

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP