竜人はご飯だったはずなのに20

1話戻る→   目次へ→

 四つ這いになり尻を突き出す格好で、人型の彼によって十分解された後、竜人の姿となった彼の舌で、更に丁寧に舐め回されたアナルを晒している。
「くれぐれも動くなよ」
「わか、ってる」
 忠告を受けて頷けば、再度彼の舌が穴に触れ、それがゆっくりと奥を目指して差し込まれていく。
「んぁあっ」
 快感に腰が震え、もっともっとと腰を揺すってせがみたくなるのをどうにか耐えれば、それはゆっくりゆっくり、今まではペニス以外決して入り込んでこなかった奥まで穿ってくる。
「ぁ、ああ、……あああ」
 彼の手でぐっと広げられている尻タブの合間、彼の鼻先が潜り込む。今まで頑なにこちらの肌には触れずに居た彼の顔が、尻の谷間に押し付けられている。肌に、彼の皮膚を感じている。
 その感触に、ぞわぞわと背を走ったのは、もちろん快感だけじゃない。
「ぁ、ふか、い……凄っ、うれし、ぃ」
 気持ちぃ嬉しぃと何度も零せば、笑うような息が漏れたのがわかった。さすがにこの状態では言葉による会話は成立しないが、気配と舌の動きで、彼もまた喜び安堵しているはわかる。
 随分と満足気に、尻穴の奥深くを穿つ舌をうごめかす。ここだろと、奥にある善い場所を思い出させるように、舌先がその場所をくじる。
 ペニスに突かれるのとはやはり違う。竜人の長い舌に、体の奥深くを、舐められている。
 それはあの日、人とは確かに違う竜人のペニスを、体の中に意識した時の衝撃に似ていた。背徳感と興奮が膨らみ混ざって、凄まじいまでの快感を生み出している。
「ひぃいい、いいきもちぃ、やばぃいい、いい」
 膝も腰もガクガクと揺れてしまうのを抑えられない。ああ、まずい。こんなに気持ちが良いのに、彼の硬い皮膚と擦れて危険だと思われたら、終わりにされてしまう。
「やっ、や、やめない、でっ」
 もっとして。終わらないで。このままイかせて。
 半泣きでの止めないでという訴えに、尻タブを割り開くように掴む彼の手が少しばかり動いて、腰を支えるような力がこもった。勝手に揺れてしまう腰を、崩れないように支えながら、同時に大きく動いてしまわないように押さえつけているようだ。
 どうやらこのままイカせてくれる気があるらしく、舌の動きも激しくなっていく。
「ぁあっ、ぁああっ、いいっ、いいっっ」
 すすり泣きながら、与えられる刺激をめいっぱい受け取って喘ぎ、絶頂へと駆け上った。
「ぁあああっっ」
 目の裏に光が弾けて、体がふわりと浮くような感覚と、多幸感。尻穴がキュウキュウと収縮し、彼の舌を締め付けているのがわかる。
 なんて、キモチガイイ。
 けれどその緩やかな快感に揺蕩っていられたのは、僅かな時間だけだった。
「ん、ぁっ、待っ」
 ゼイゼイと荒い息を吐く中、少し慌てた様子で彼の舌が抜け出ていくから、こちらの体も驚き跳ねる。そんな体を軽々くるりと反転させた相手は、一瞬息を呑んだ後、今度はその長い舌をこちらのペニスに巻きつけてくる。
「あ、えっ……嘘っ」
 ペニスが反応していた。それを更に育てようと、彼が必死に舌を使って擦りあげている。
 きっと前回、滑りが足りないのと興奮が足りないのとで、自分で弄るのをあっさり止めてしまったからだろう。そういえばあの時も、彼は舐めるのはどうかという提案をしてきていた。
「もーちょいゆっくり、見せつけるみたいに、舐めてみて」
 そっちのが興奮しそうと言えば、小さく頷いたあとで、舌の動きが緩くなった。
 軽く上体を起こして、今度はこちらが息を呑みながら、自身の下腹部をジッと見つめる。それに気付いた相手の、チラリと視線を向けてくる上目遣いの顔がなんともいやらしい。
 彼の興奮の大部分は、また勃起した事そのものへのものだろう。けれど、勃起したら彼のスリットに突っ込んでいいという約束が、それ以外の感情を探そうとする。
 スリットにペニスを差し込まれ、何度も突き入れかき回されたくて、必死にペニスを育てようとしているのだと、錯覚したくなる。期待したくなる。
 そんな期待に、ドクリとペニスが脈打つのを感じた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP