竜人はご飯だったはずなのに21

1話戻る→   目次へ→

 彼のスリットにペニスを突き立て腰を振る自分や、それに善がり喘ぐ彼の姿を想像すれば、期待はますます膨らんでいく。彼の舌が巻き付く自身のペニスも膨らんで、直接受け取る快感と、視覚から受ける刺激への興奮と、見事に勃起しているペニスへの感動と、自分もまた雄であることの自信と、行為への期待と、胸の中に一度に色々なものが湧き出てくるから、なんだか溺れてしまいそうな気分だった。
「も、いいだろ。早くお前に、突っ込みてぇ」
 喘ぐような訴えに、ようやく彼が頭を上げる。興奮しきった顔をしている相手をジッと見つめてやれば、恥ずかしそうに顔を背けてから、おずおずと体を背後へ倒していく。追いかけるように覆いかぶさり、ちゅっと音を立てて口先に一度触れた後は、すぐに頭を下ろしてスリット部へ吸い付いた。
「んぁ、っ」
 ビクリと体を跳ねさせて、嫌がるように腹をよじる。
「何? 土壇場で、怖くなった?」
 前回は反応したと言っても勃ち上がりかけた程度だったから、相手がこちらの勃起しきったペニスを見るのは初めてだ。体格相応にデカイ自覚はあるが、けれどそれも人としてならであって、自分より体格も良ければペニスだってデカイ相手が怯むほどではないはずなのだけれど。ただ、いくら元々そのつもりでいたとしても、彼が他の雄の欲情したペニスを受け入れた経験がないのも事実だった。
「今更やっぱなしは無理だぞ。けど、優しくする努力は、する」
 初めてだもんな。優しくしてやらないとだよな。そんな気持ちで、これから自分を受け入れてくれる予定の場所を、愛しさを込めてそっと撫でた。
 まぁ、こっちだって竜人のスリットに突っ込むなんて経験は初めてなのだけれど。でも期待と興奮に任せきって、乱暴に突っ込みかき回すような真似をしていいわけがない。少しだけ冷静さを取り戻せたようでホッとする。
 なのに。
「違う。それはいい、から、早く、入れてくれ」
 萎えてしまう前に、なんて続いた言葉に、そっちの心配かよと苦笑を噛み殺す羽目になった。
「んな簡単に萎えてたまるか」
「しかし、興奮が覚めてしまったら」
「だからそう簡単に覚めねぇよって。けどまぁ、心配なら、可愛く啼いとけ」
「かわい、……く?」
「そうそう。俺がお前に舐められてる時みたいに、もっと素直に気持ちぃって喘げよってこと」
 意味がわからないと言いたげだった相手にそう告げて、もう一度スリット部へ顔を寄せる。手早く舐め濡らして、軽く解したら突っ込んでやれと思っていた気持ちを脇へ放って、いつも以上に執拗に舐め啜って、数本の指をまとめて突っ込みかき回してやった。
 スリットの中の粘液を掻き出して、甘酸っぱいそれをジュルジュルと音を立てて吸いあげる。指先に触れる、袋の中に収まっている彼のペニスを撫で擦る。
「ぁ、あっ、ぁあ、気持ちが、いいっ」
 甘い吐息を零すことは多くても、はっきり気持ちが良いなんて言ってくれたことはなかった。ただ、気持ちが良いと言ってくれと求めたこともなかった。
 こちらが萎えないようにと必死なのかもしれないが、言われた通りに気持ちが良いと零す素直さが、可愛いとも愛しいとも思う。
「なぁ、想像してみ。ここに俺の勃起ちんこ突っ込まれて、これが俺のにゴリゴリぬるぬる擦られるとこ」
「ぁあ、ああっ」
「どうよ。一緒に気持ちよくなれそ?」
「ぁ、なる。なれる、からっ」
 再度早くと急かされて、突っ込んでいた指を引き抜いた。ドロドロに濡れたその手で、数度自分のペニスを扱く。もちろん、少しも萎えてなんかいない。それどころかさっき以上に張り詰めている。
「な、こっち見て」
 呼びかけて、相手の目に手の中の勃起ペニスを見せつけた。
「ちっとも萎えてないの、わかるか?」
「……ああ」
 ゴクリと相手の喉が鳴る。はっきりと期待の滲んだ顔に、満足気に笑ってしまうのを自覚する。
「これがお前の中入るとこ、しっかり見てて」
 言いながら、相手のスリットにペニスの先をゆっくりと押し付けていく。
「ぁ……ぁあ……」
 緩んだスリットがくぷりと中の粘液を溢れさせながら、ぬぷぬぷと亀頭を飲み込むのに合わせ、戸惑いと歓喜とを混ぜたような声が相手の口から細く漏れ出ていた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP