兄の親友で親友の兄2

1話戻る→   目次へ→

 そんな顔すんなと言って、目の前の男はまたしても呆れの滲む息を、今度は大きく吐きだした。なんだかずっと、呆れられっぱなしだ。
「お前さ、いっそ告白して振られてこいよ」
「は?」
「そしたら一回だけ、あいつの代わりに抱いてやる。やってる間、あいつの名前で呼んでもいい」
「なんだそれ。わかった振られてくるね、なんて言うとでも思うの?」
 聞けばあっさりと思わないと返されたから、だったらなんでそんなことを言うんだと思う。思ったまんま口に出せば、弟の代りにされても許せるとしたらその条件くらいしかないからだと返された。
「名前呼ばないからちょっとくらい夢見させてってのはダメなの?」
「それはダメだな。基本的な話になるけど、俺、俺を好きじゃないヤツ抱きたくないし」
「さっき錯覚無しでなら抱いてもいいって言ってたけど、錯覚なしがイコールであなたを好きと思って抱かれるにはならなくない?」
「だからやっぱなしって言っただろ。だってお前、お前自身を抱けるって言っても欠片も喜ぶ素振り無かった上に、なんでお前を抱けるっつったかも全く理解してないもんな」
 兄に似てるから以外で抱く気になる理由なんてあるのかと聞いたら、また呆れられるんだろう。
「親友の弟で、弟の親友で、俺自身との繋がりはそう強くないけど、深刻な顔で抱いてくれって言われたらいいよって言っちまうくらいには元々お前を好きだと思ってた、って話だよ」
 余計なことを言ってしまわないようにキュッと唇を引き結べば、苦笑と共にそんなことを言う。なんだそれ。意味がわからないと言うよりは考えたくなくて、呆然と相手を見つめてしまえば、相手はますます苦笑を深くしていく。
「本命とそれ以外、みたいな分け方してるっぽいお前にゃわからん気持ちかもだけど、体だけ気持ちよくなれりゃいいみたいなセックスが虚しくなってんなら、試しに俺と付き合ってみるか?」
「なに、言ってんの……」
「割と本気で誘ってる」
「俺を好きとか、困る」
「お前と付き合ってもお前が本命に繰り上がるわけじゃない。って言ったら、ちょっとはその気にならないか? お互い別に本命がいるのわかった上でも、恋人として付き合えるってのを、お前は一度経験してみたらいい」
 兄の親友で、親友の兄である男と恋人になる、なんてもちろん考えたこともなくて、でもそんなの無理だとすぐに拒否できないってことは、多少なりともその提案に惹かれてもいるらしい。ただそれがどんな気持ちからなのか、想定外の展開でぐちゃぐちゃになっている思考ではわからない。それに、付き合ったって上手くいくはずがないって気持ちも強かった。
「ねぇ、その付き合い、セックス込みの話だよね?」
「そうだな。もし、あいつの代わりに抱かれたいためだけに付き合うってなら、それは無理だから断ってくれ」
「その、あいつの代わりにとか思ってなくても、抱かれたらどうしたって、錯覚はすると思うんだけど……」
 だって自分が知る中で、一番あいつに似ているのが彼なのだ。兄を本命にしながら他の恋人を何人も作ってきた彼はどうか知らないが、本命が別にいるからと体だけのセックス経験しかない自分は、なるべく本命に何かしら似たところがある男を選んでいたし、むしろ積極的に錯覚して行為を楽しんできた。
 自分を好きじゃない相手は抱きたくないと言っているような男とは、相性最悪としか思えない。
「初っ端から代わりにする気満々で抱かれるんでなきゃ構わないさ。わざとじゃなく錯覚するってなら、どっちかって言ったら俺のせいだろうし」
「え、なんで?」
「それを知りたきゃ誘いに乗って、俺に抱かれてみるんだな」
 どうする? とニヤリと笑った顔はどう考えても了承待ちで、それならもう釣られてしまえと、じゃあ付き合うから抱いてよと返していた。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP