雷が怖いので END直後1

本編最終話へ戻る→   目次へ→

 気持ちに任せて抱くことになるなんて言われたら、普段みたいな気遣い無しで、彼の快楽を優先させるセックスをされるのだと思うだろう。余裕をなくした相手にガンガンと奥を突かれたら、体がどこまで持つのか、どれだけそんな彼を見つめることが出来るのか、心配したのはそんな事ばかりだったのに。
 決して大きな動きではなく、深い所を緩やかに、そして柔らかに押し上げる優しい動きは、その場所を起点に体中をトロかせる。
「んっ……ぁっ……きも、ちぃ」
「俺も、きもちぃよ」
 甘く降りかかる声は確かに気持ちが良さそうなのに、全くと言っていいほど余裕をなくしては居なかった。結局、追い詰められているのは自分の方だ。
 奥深くでじわじわと上り詰める経験はさっきが初めてだったのに、忘れないうちに覚えなさいとでも言われているみたいに、さっき以上の緩やかさでゆっくりと上り詰める事を繰り返させられている。腰はがっちり掴まれてしまって、さっきみたいに自分から腰を揺すって快楽を拾うことも許されない。
 もちろん、もっと激しく突いてというお願いは、とっくに却下されていた。それでももう自分ばかり二回も、ゆっくりと押し上げられるままに達している。
 ゆっくりとだからか、最奥に入り込まれて何度も気持ち良くイかされているのに、頭の中がドロドロのぐちゃぐちゃになって、快楽を追うこと以外何も考えられなくなる、なんてことはなかった。
「イッ、ちゃう……また、おしり、イッちゃう、ょぉ……」
「ん、じゃあ、今度はまた、一緒にいこっか」
「ほ、……ほん、と?」
「ホント」
 さっきみたいにお尻の奥で上手に絞り上げてと言われたけれど、やり方なんかわからない。イッてしまう時に、勝手にナカが収縮してしまうだけだからだ。
 それでも自分で何か出来ないかとお腹に力を込めてみたら、相手が少しだけ息を詰めたようだった。しかしその直後、自分自身が大きな快楽に飲み込まれていく。
「んぁああああ」
 相手は全く動きを変えていないのに、お腹に力を入れて相手を締め付けた事で、体が勝手に上り詰めてしまった。じわっと押し上げられて達することを繰り返していたはずで、今回も同じようにイクと思っていた所に、突然の激しい快感に目の奥がチカチカする。
 それでも、奥深くにじんわりと熱が広がった気がするのと、彼のペニスの脈動とで、本当に一緒にイッてくれたのはわかった。
「ああ、ぁあ……」
 呆然としながらも細く息を吐きだせば、優しい手つきで髪を梳くように頭を撫でられる。
「すごい上手に、自分から奥でイケたな。気持ちよかったよ」
 褒められればやっぱり嬉しい。ホッとしながら良かったと返せば、柔らかに笑い返されて、可愛いなの言葉とともに顔が寄せられる。キスを待ってそっと瞼を降ろせば、唇が塞がれる前に再度彼の声が耳に届いた。
「ああ、やっぱり今の少し訂正」
 えっと思いながら綴じていた瞳を慌てて開けば、間近で悪戯っぽく笑っている。
「お前が好きだよ」
「えっ、」
 さすがに今度は声が漏れた。それを待っていたように、与えられたキスはすぐに深いものへと変わっていく。
「んっ、んっ」
 達したばかりで口の中も敏感になっていて、くちゅくちゅと舐め回されて絡ませた舌を擦られれば、甘く鼻を鳴らしてしまう。今日は既に五度も達して確かに疲れているのに、最初に口でして貰って以降はお尻だけでイッてるせいか、またキモチヨクなりたくなってしまって困る。
 繋がったまま覆いかぶさるようにキスをされているので、自分のペニスが彼のお腹に触れているせいもあるかもしれない。もっと快楽を拾えないかと、そっと腰を浮かしてペニスの尖端を彼のお腹で擦ってしまったら、当然すぐに気づかれたらしく、重ねていた唇がスッと離れてしまった。
「元気だな」
「ご、ごめんなさ、ぃ」
「怒ってないよ。可愛いし、可愛くてたまらないなと思うこの気持も、お前を好きって事なんだろうって思ってる」
 好きだよと繰り返して、今度は触れるだけのキスが一つ、唇の上に落ちた。

続きました→

 

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • こんばんは!
    早速に書いていただき、ありがとうございます(≧▽≦)
    超嬉しいです~!

    彼は気持ちに任せて抱いても、理性的なのかしら?
    それともこれから違う顔が見られるのかしら?

    楽しみにしてます!

    by ゆきんこ 2017年3月1日 12:56 AM

  • ゆきんこさん、おはようございます(^^♪
    こちらこそ、早速読んでくださってありがとうございます〜

    書いてるうちにイメージ変わったりすることもあるので、この先どんな姿を見せてくれるか私にもはっきりわかってませんが、せっかく頂いた機会ですし私もどんな彼が見れるか楽しみつつ書きたいと思います。
    そんなに長くはならないと思いますが、最後までお付き合いよろしくお願いします(*^^*)

    by レイ 2017年3月1日 10:48 AM

コメントを残す




Menu

HOME

TOP