雷が怖いので おまけのオマケ1

プレイおまけ6話へ戻る→   目次へ→

 指摘されるまで自身の体調不良に気付けずにいた罰でありおしおきだと言われた通り、一週間をかなり悶々と過ごした。
 バイト以外でも週に数度はオナニーで欲を吐き出すが、オナニー時のお尻の疼きも、いつにも増して強かった。けれど結局、我慢できなければ一人でお尻を弄って慰めてもいいと言っていた彼の言葉を思い出してかなり迷ったものの、お尻を弄りながらのオナニーはしていない。
 多分きっと、自分でお尻を弄っても気持ち良くはなれてしまう。お尻だけでイクのは無理でも、同時にペニスを弄れば間違いなく射精できると思う。でも、そんな一人遊びを覚えてしまうのが、なんだか怖い。
 お尻を疼かせながら過ごすことで、次回のバイトへの期待が高まってしまうのは、多分間違いなく彼の狙い通りだろう。ただ、バイト前の洗腸作業でもいつになく感じてしまって、家を出る前から泣きそうだった。
 お腹の中を洗って綺麗にするのは、ただの準備で作業なのに。洗っている最中も、小さなプラグを挿し込む時も、熱い息が甘く溢れていくのを止められない。
 自分でお尻を慰めていたら、もう少しマシだったのだろうか。少なくとも、ここまで体が期待に昂ぶることはなかった気がする。
 もちろん前回よりもずっと早く準備を終えて家を出たから、到着予定時刻を大幅に遅れるなんてことはなかったけれど、到着時の体の興奮は前回以上だった。
「少しキツイおしおきになっちまったみたいだな」
 家の中に迎え入れてくれた彼に、一週間よく頑張ったねと優しく言われただけで、堪えきれずに涙が数粒こぼれ落ちる。
「お尻が、凄く疼いてて、怖い……です」
 訴えれば、わかってるよと言いながらこぼれた涙を拭ってくれた後、辛そうだから部屋まで連れていくと言われて抱き上げられる。
「ひゃんっ」
 服越しとは言え彼に触れられ、体の中を電気が走った。
「先週以上に敏感だな。まさか今日も熱があるなんてこと、ないだろうな?」
「それは、大丈夫、です。多分」
「多分、な。これで熱あったら、本気でキツイおしおきするぞ?」
 あまり振動を与えないようにと気遣ってくれているのか、言いながら、随分とゆっくり廊下を歩きだす。
「わかって、ます」
「もしかして、全然自分で弄らなかったのか?」
「お尻、ですか?」
「そう、お尻」
「弄ってない、です」
「一週間悶々としておいでって言ったから、おしおきだって思って我慢した? もしくは、弄っていいけど報告させるって言ったせいか?」
「弄ったこと、一度もない、です」
 えっ、と小さな声が漏れて、どうやら驚かれたらしい。つまり彼には、お尻を弄るオナニーを既にしているものと思われていたようだ。
「お尻が気持ち良く感じるようになって、もう結構たつと思うけど、一度も?」
「はい」
「オナニーはしてるんだよな?」
「はい」
 今もネット入手のオカズ見ながらペニス扱いてるだけなのかと聞かれて動揺したのを、見逃してくれる相手じゃない。結局、動画を見てすることもあるけれど、ここでのプレイを思い出しながらする頻度が上がっていることを正直に告げた。
「ここでされたこと思い出しながらするのに、お尻、弄らないのはどうしてだ?」
「怖い、から」
「何が怖い?」
 怖い理由を一言ではっきり伝えるのは難しい。
「自分で自分のお尻気持ち良く出来ちゃうって、知りたくないというか、覚えたくないというか」
 お尻が気持ちよくなるのはあなたが上手いからだって思ってたい気持ちもあると言い募れば、彼はなるほどねと納得げに頷いた後、随分可愛いことを言うんだなと続けた。どの辺が可愛いのかはわからなかったけれど、先程の何かが、彼の機嫌を良くしたらしいことはわかった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP