抱かれたら慰めてくれんじゃないのかよ21

1話戻る→   目次へ→

 痛かったり苦しかったりするよりは気持ちよくなりたいけれど、意地悪だって泣かされる目にはあいたくない、というこちらの訴えに、相手もわかってるよと苦笑で頷く。二度としたくないなんて言われたら困るから、というのが、相手が了承を示す一番の理由らしいけれど、まぁ、これ以上泣き顔を晒さずに済むなら理由なんてどうでもいい。
 結果、緩やかな快感にずっと浸っている。
 中をゆるゆると擦られたり小さく揺らされながら、先程確かめていた性感帯をさわさわと撫でられ、触れられたあちこちから、じわっと全身に快感が広がっていた。強い刺激ではないけれど、緩やかに押し上げられるように快感が蓄積していく。
「ぁ……ぁぁ……」
「気持ちいいね?」
「ん……んっ、ぃぃ、……きも、ちぃ」
 促されるまま頷いて、気持ちがいいと答えれば、相手が満足げに良かったと言って、甘い顔で安堵するのがなんだか嬉しい。嬉しいから、聞かれるたびに繰り返したし、多分相手もわかっていて聞いてくるのだと思う。
「ぁ、もっ……い、きた……」
 緩やかに蓄積する快感に、じわじわと射精感が募ってきて、ねだるように訴えた。
「そろそろ、また、イキそう?」
「ん、ぅん、ぃい、いく。いき、たい」
 イカせて欲しい、触って欲しいと訴えるのは、これが二度目だからだ。一度目は自分で握って扱いて吐き出そうとしたのを、相手の手により阻止されている。
 そんなに強い刺激じゃなくてもイケるはずだからと言われて手を外され、代わりに相手の手で、他の性感帯を刺激するのと変わらない緩さでそっと撫でられ続けた。そんな触れ方はじれったいと急かすつもりが、そもそも焦れきってどうしようもなく自らの手を伸ばしたそこは、意外なほどあっさり精を吐き出したから驚いた。
 しかも強く扱かなかったせいで射精時間が長かったのか、なんだか随分と長いこと射精の快感が続いたようにも思う。それは初めての感覚だった。急速に昇りつめてスッキリ、みたいなのとは全然違う。
 あれを、もう一度味わえる。そう思うと、イカせてくれと頼むことへの躊躇いはなかった。
 いいよと快諾した相手の手に撫でられる。少し腰の動きが変わったようで、お腹の中が疼くような快感も増してくる。
 下腹部を中心に甘く痺れて、酷く気持ちが良かった。
「ぁっ……あぁっ……ぃいっ、ぃくっ、いくっ」
「ん、いいよ。出しな」
 緩く撫でるだけの手の動きは変わらなかった。でもお腹の奥から押し出すみたいに、何度か強く中を擦られて頭の中が白く爆ぜる。
「ぁっぁっああっ」
 じわっと押し上げられる感じと、射精の持続時間が長いのは同じだけれど、快感の度合いが先程よりも強い。射精後には引くはずの快感もさっきよりも長引いて、腰やお腹がヒクヒクと痙攣している。お尻の穴も同様で、こちらが落ち着くのを待って動きを止めている相手のモノを、自身の体の収縮によって強く意識させられる。
 穴は慣れて緩んでいくものという認識なのに、最初に挿れられた時よりもずっとリアルにその形を感じ取っている気がする。もしかしたら、じっくりと感じさせられて、その場所もどんどん敏感になっているのかも知れない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。