抱かれたら慰めてくれんじゃないのかよ20

1話戻る→   目次へ→

 確かに端々にそれっぽい言動はあった。男を抱くって事に慣れてるのはわかってた。けど。
「初めてだっつったのに、どんだけ自信あんだよ」
 それなりに長い付き合いの中で、こちらには何度か彼女という存在が居た時期があったけれど、相手の恋人の話なんて殆ど聞いたことがない。気持ちを知られているという気安さで、こちらはあれこれ話してしまったが、相手にとってはそうじゃなかっただけと言われれば、それまでなんだけど。
 そう考えてしまうと、相手の私生活的な部分をあまり知らない。
「てか自信があるのって、やっぱお前の恋人が男、だったから?」
 親友と、目の前にいる男の二人だけが特別だった自分と違って、恋人が男だったから言い難かったという事はあるだろうか。お互い同じ男が好きという繋がりなんだから、恋人が男でも別に驚かなかったし、こちらだって彼女を作っている以上、彼氏を作ったからと言って相手を非難することもなかったと思うのに。
 言わなかったのは、自ら積極的に話す必要がなかったから、だったらいい。それとも、言いたくない理由が、自分には教えられないような理由が、あるんだろうか。
「恋人っていうか……」
 言っていいのかを迷うような様子にピンときた。なるほど。恋人とは言えないような相手だったから、話題に出さなかった可能性もある。
「あー……セフレ的な?」
「まぁ、あんたの話聞いてたら、恋人を作ろうって気にはなれなかったからね」
「へ? 俺?」
「そう。彼女作れば気持ちもそっちに向かって、あいつへの気持ちを忘れたり過去のものに出来るかも、みたいな打算もあったでしょ。でも出来なくて、気持ち揺らして、苦しくなって、みたいなこと繰り返してたじゃない」
「うっ、まぁ、そうだけど」
「だから恋人として付き合った、みたいなのはなかったけど。でもまぁ、やることはやってたし、あいつ相手の想いを叶える気はなくたって、それはそれとして、テク磨くくらいはするよね」
「え、自信あんのって、わざわざテク磨いたせい?」
「まぁ、コンプレックスと性癖だよね」
「コンプレックス、と、せいへき」
 なんだそれと思いながら、言われた言葉をただ繰り返してしまえば、劣等感だって言ったじゃないと言われたけれど、でもやっぱりイマイチよくわからない。
「だからさ、卑屈になるほどじゃないけど小さい方だし、それをかなり気にしてた時期もあったわけ」
 小さくないし普通サイズだろ、とは思ったが、相手より確実に大きなモノを所持している自分が、いくら小さくないと言っても意味がなさそうだし、そもそも、自分だって大きさをどうこう言えるほど他人のマックスサイズに詳しいわけじゃない。少なくとも、かつて試しに抱いてみた男のサイズと比べて、こいつの方が目に見えて小さいなんて事はない、とも思ったけれど、これももちろん言えるような話じゃない。
「せいへき、は?」
「さっきチラッと言ったけど。俺よりデカい相手が、俺ので気持ちよくなってんの見るはかなり好きかな。あんたと違って俺は女は無理だし、男を抱きたいセクシャリティなんだよね」
「ううっ、つまりそれが、今から自分の身に起きんのかと思うと、かなり複雑なんだけど……」
 本当に気持ちよくなれんのかと聞けば、逆に絶対無理って思ってたらそんな不安になってないでしょと返されて、確かにと思ってしまったからもうダメだ。
 だって指だけでもかなり気持ち良くなれてたし。そもそも、こいつがこんなに自信満々に言うことが、不可能なはずがない。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。