イケメン相手にこんな関係になる予定はなかった15

1話戻る→   目次へ→

「なんで?」
「だって横向きに寝た状態で射精するのが難しいってだけでしょ」
「そ、だけど」
 今日は時間かけてしたいから、と言われて、また少し胸の奥が痛い。イチャイチャしたいなんて言い出したのは、なるべく終わりを引き伸ばしたいからだったっけ。少しでも終わりを引き伸ばすために、わざと苦手な体勢で触れようとしているらしい。
 バカみたいだと思ったけれど、バカジャネーノとは言わなかった。言葉の代わりに小さく息を吐いて、相手の手が伸びてくるのを黙って待った。
 次はどうのと言い募っていたから、また胸を弄られるのかと思っていたが、相手の手が触れてきたのは、身を丸めて相手の手から逃れているうちに若干萎えて、半端な反応を示している股間のペニスだ。
「っふ……ぁ……」
 慣れた刺激に安堵とともに甘い息がこぼれ落ちる。両手を使って、柔く陰嚢を揉まれながら竿部分を緩やかに扱かれれば、あっという間にしっかりとした硬さを取り戻した。
 ふっ、と微かな息が相手の口からも漏れて、どうやら相手の方も、いつもと変わらぬ反応に多少なりとも安堵しているようだ。
 相手の手はそのまま緩やかに股間を揉み扱き続けている。
「ん、なぁ……」
 しっかりと反応した後も焦れったいくらいに柔い刺激ばかりが続いて、とうとう黙っていられなくなった。どう考えたってこの時間を引き伸ばすためなんだろうけれど、ペニスを弄られることには慣れていても、こんな風に焦らされるのは初めてでどうにも戸惑っていた。
「いや? 気持ちはイイ、よね?」
「そりゃ悪くはない、けど」
「焦れったい?」
「ん、まぁ」
「じゃあ、我慢できなくなったら言って」
「は?」
「イキたくてたまらなくなったら、いつもみたいに、さっさとイカせろって言ってよ」
「や、それは……」
 こんな触られ方でイキたくてたまらなくなるまで焦らされるってことだろうか。というかこの触られ方で、そんな状態にまでなれるのかがそもそも疑わしいんだけど。てか無理そうなんだけど。
「つーかローションは? ローション使ってやるんじゃなかったのかよ」
「それもしたいけど、でも使ったらすぐイキたくなっちゃうでしょ」
「そ、だけど。でも、……あー……や、わか、った」
 こんな触り方でイキたくてたまらないほど焦れるかは、この際どうでも良いのかも知れない。相手がこの触り方に飽きたり満足できるまで、こちらは与えられるままぬるい快楽に浸っていればいいだけなんだから。
「何がわかったの?」
「好きにしろよ、ってだけ。最後だから、時間かけてしたいんだろ」
「ありがと」
 さらりと告げられた言葉も、相手の目的が触れ合う時間を長引かせるためだと肯定している。
「でもさすがに、これだけじゃ刺激足りないよね」
 俺は飽きないけど飽きられそう、なんて小さく笑った相手の顔がすすっと胸元に寄っていく。
「えっ、ぁ、」
 相手の熱い息が乳首の先に掛かっただけでゾワッと肌が粟立つのがわかる。
「ぁひっ」
 慌てて身を引こうとしたが、それよりも早く相手の唇がチュと乳首に吸い付いてきて、たまらず小さな悲鳴を上げた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。