60分勝負 同居・灰・お仕置き

 ルームシェアという名の同棲を始めて半年。仁王立ちして怒り心頭に発する同居人の前で、正座し深く頭を下げている。
 彼の怒りの原因は自分が煙草の灰を落として焦がしたラグなので、これはもう言い訳のしようもない。
 以前から何度も、煙草を止めろとまでは言わないが、疲れているときや眠い時に吸うのは止めろと言われていたのに。彼が出張で居なかった昨夜、寝る前の一服のつもりで火をつけたくせにそのままウトウト微睡んでしまって、気づいた時にはラグに焦げ目がついていた。
 小さな焦げ目の段階で気づけたのだけは本当に良かったが、彼が帰宅する前に同じラグを調達して証拠隠滅を図るのは絶対に無理だとわかっていたし、だから今のこの状況は想定内でも有る。想定内では有るのだけれど、でも実際に彼の怒りを目の当たりにすると、恐怖で体が萎縮し震えてしまう。
「以前言ったこと、覚えてますよね?」
 冷たく降る声に禁煙しますと返せば、それだけじゃないでしょうと今度は幾分柔らかな声が落ちてくる。その声に恐怖が増した。
「寝ながら煙草吸ってるの見つけたらお仕置きしますよって、約束しましたよね?」
「…………はい」
 ああ、今回は一体何をされるんだろう。
 基本優しく、普段はこちらに尽くしてくれることが多い年下の恋人のお仕置きは、ビックリするほどえげつない。だってお仕置きですからと柔らかに笑う顔に、今ではもう本気で震えが走るほど恐怖する。
 恐怖はするんだけれど、でもそれが嫌で嫌で仕方がないってわけじゃないのが、ホントどうしようもないなと思う。マゾっ気なんか、自分には欠片もないと思っていたのに。
 今ではもう、そのギャップごと、彼のことを愛している。ただ、いつか彼のお仕置きを求めて、わざと彼の怒りを買うような真似をしてしまいそうだとも、感じている。
 もちろん今回の件はわざとなんかじゃないけれど。でもそろそろ自分たちは、もっと腹を割った話し合いが必要なのかもしれない。

「一次創作版深夜の真剣一本勝負」(@sousakubl_ippon)60分一本勝負第169回参加

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP