兄に欲情しています

1話戻る→   目次へ→ 

 少し年の離れた姉が家を出ると言い出したのは、高校1年の夏休みに差し掛かる頃だった。2つ上の兄が大学を受験するにあたって、2人の弟をいつまでも同じ部屋で生活させるのは可哀想だという配慮らしい。
 余計なことをと思ってしまうのは、もう何年も前から、兄と同じ部屋で過ごすことに喜びを見出していたからだ。
 もちろん、不便なことだってたくさんある。姉だけ一人部屋なのがずるいと言って騒いだことも何度だってある。
 転機は中学に上がった頃だったと思う。夜中にふと目を覚ましたら、二段ベッドの下の段から荒い息遣いが聞こえてきた。最初熱でも出して魘されているのかと思ったが、寝ぼけ半分に「どーしたアニキ?」と声をかけたら、その息がピタリと止まった。
 オカシイと思いつつも眠さに負けてまたすぐ寝入ってしまったが、次にその状況に出くわした時にはわかってしまった。自分が眠る下の空間で、兄がオナニーしている。
 それからは注意深く、寝たふりをしつつ兄の様子を探るようになった。おかげで随分と寝不足にもなったが、自分よりも相当キッチリとした性格の兄は、オナるスケジュールも割合わかりやすかった。なぜそんなものを探ってしまうのか、当時はもちろんわからなかったが、今は納得できている。
 盗み聞いている罪悪感と背徳感の中、自分自身もイヤラシイ気分になってしまって、最初は随分と戸惑いもした。兄はイッた後でだいたい一度部屋を抜けだすので、その間に自分も抜くようになったのは、兄が時折、弟である自分の名を呼んでいることに気づいてからだろうか。オナる兄をオカズにするなんてと、必死になって耐えることも、翌朝シャワーでごまかしつつ別のオカズで抜くことも、なんだか馬鹿らしくなってしまった。
 自分は兄に欲情している。兄の抑えた息遣いに合わせるように、自分自身もひっそりとナニを扱く。それはたまらない快感だった。
 兄に気づかれたって構わないと思いつつも、知っていると告げずに続けるのは、その背徳感が快感の一部であることを知っているからでもある。
 兄が既に気づいている可能性だってないわけじゃない。兄のように証拠隠滅なんて図る気もなく、精液を吸ったティッシュは丸めてベッドの隅に置きっぱなしだし、翌朝普通にゴミ箱に捨てている。
 兄は何も言わない。気づいていて咎めることもせず、オナニー中にこちらの名前を呼び続けているというなら、これはもうどう考えたって同罪だ。
 姉が家を出ることと、それによって自分たち一人一人に部屋が与えられる事。それはそんな夜の終わりを意味している。
 迷ったのは数日だった。このまま何もせず、何も言わずに部屋を分けてしまえば、本当に何もなかったことになるだろう。
 兄がどうしたいのかは正直わからなったけれど、兄から何か行動を起こすことは、兄の性格的に考えられない。だとしたら、動くのは自分だ。
 決行日は姉が家を出てしまう前日の夜にした。明日姉の引っ越しが終わると同時に、空いた部屋に自分の荷物を移すことになっているから、実質2人で過ごす最後の夜だ。
 多分きっと、兄は今夜もオナるだろう。いつも通りあっさり寝入ったふりで暫く待てば、ゴソゴソと動く気配の後、小さく息を飲む声が聞こえてくる。やがて飲み込みきれずに熱い息が吐き出されてくるのだが、その前にベッドから身を乗り出して思いっきり下段を覗き込んだ。
 ギシリとベッドの柵がきしみ、暗闇に慣れた目にも、兄がぎくりと強張るのがわかる。
「なぁアニキ、そっち行っていい?」
「……えっ?」
 戸惑いの音が漏れる頃には、既にハシゴを降りていた。
「え、ちょっと、なに……」
「わかんねぇの?」
 言いながら兄のベッドに乗り上げる。慌ててずりずりと後ずさるが、そこにあるのは部屋の壁で、逃げ場なんてどこにもないのは兄だってわかりきっているだろう。
 手を伸ばして兄の股間を握った。正確には、パジャマのズボンに突っ込まれたままの兄の手を握った。
「んぁっ」
 兄の手の上から、ぐいぐいと力強く揉み込んでやれば、予想以上に可愛い声が上がる。
「一緒にきもちぃことしよ。って言ってんの」
 ぐっと顔を近づけて、間近に兄の顔を見つめた。
「俺が知ってるって、アニキも知ってたよね? このまま部屋分けて、それで終わりにしたかった?」
「それは……」
 言いながらもそっと顔をそむけようとするから、許さないとばかりにその顎を掴んで固定する。
「言葉にごしたアニキの負けね。もうわかっちゃったから、逃さないよ」
 にっこり笑ってから唇を塞いだ。閉じられた唇の間を舌先でつつけば、諦めの吐息とともに緩く開かれていく。遠慮無く口内を舐ってやれば、んっ、んっと甘く鼻を鳴らす。
 待たれていた。兄はずっと自分にこうされたかったのだ。触れ合う舌にそう確信する。そして自分も、ずっとこうしたかったのだと、改めて感じて胸が熱くなった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • とってもいいです寝

    by 匿名 2016年8月10日 10:13 PM

  • コメントありがとうございます。
    少しでも楽しんで貰えたなら嬉しいです(^^♪

    by レイ 2016年8月11日 12:36 PM

  • 続きが気になります!
    これ見てオナりました。

    by 匿名 2017年4月7日 8:40 PM

  • 匿名さん、コメントありがとうございます(^^♪
    続けてのコメントだったので、ひとつに纏めさせて貰いました。

    続き気になると言って頂けたのでちょっと彼らの続きを考えてみたのですが、書けそうな気がしたので、今書いてるものに決着が付いた後でチャレンジしてみようと思います。
    そしてド直球の報告もありがとうございます。笑。
    ぬるいエロしか書けない自覚があるので、まさかそう言って貰える日が来るとは思いませんでした〜

    by レイ 2017年4月7日 9:51 PM

コメントを残す




Menu

HOME

TOP