兄は疲れ切っている3

1話戻る→   最初から読む→

 随分と長いこと、日々眉間にシワを寄せて疲れた様子を見せていた兄から、やっと一区切りついたから飲みに行こうと誘われたのは、初めて胸筋を揉ませてから半年近く経った頃だった。
 ちょっと前まで、頻繁に雄っぱい雄っぱい言って連日のように帰宅後部屋に押しかけていたのが、ここ一週間ほどピタリと止んでいたのが不思議ではあったから、理由がわかって納得する。つまり、お礼に酒と飯を奢る、ということらしい。
 結局、1分百円で金を取ったのは2度目のあのときだけで、酔って泣く姿に絆されて再度胸を揉ませてやってから先、金銭受け取りは拒否していた。代わりに、少しでも痛ければ痛いと文句を言ったし、無償で付き合うのだからと感謝の言葉も半ば強要していたし、兄としてのプライドをどっかに投げ捨ててグズグズグダグダと甘えるようになってしまった兄を密かに堪能してもいたから、本当は礼なんて必要がないんだけど。
 ただまぁ最後のは兄に言えるわけもなく、兄からすれば仕事疲れのせいにして連日弟に情けない姿を晒しまくった認識だろうから、ここは素直に奢られておくのがいいんだろう。そう思って一緒に出かけた土曜夕方の居酒屋で、お前が居てくれて助かったとか随分世話になったとかなんとか言われていい気分になりながら酒を飲んでいられたのは、そう長い時間じゃなかった。
「え、ごめん、もっかい言って」
「だから、彼女できそうだから、そしたら今度はお前に迷惑かかんないように頑張るな、って話」
「は? あんなに日々忙しくしてて、どこに彼女出来る要素があったわけ?」
 合コンだとかそういったものへ参加した話は聞いたことがないし、そもそもそんなものへ参加する余裕は、時間にしろ精神的のものにしろなかっただろう。
「あー……それは、会社の事務の人だから」
 どうやら疲れた兄を社内であれこれとサポートしてくれていた人らしく、なんと既に明日のランチを奢る約束まで取り付けていた。今までのお礼がてら、今後はプライベートでも支えてください的な告白をする気らしい。
「勝算あんの?」
「んー、多分。彼氏居ないってのは聞いてる」
「で、仕事で疲れたら、今度はその彼女におっぱい揉ませてって頼むわけ? あんたが子供みたいにグズグズ言って甘えるの許してくれそうなタイプ?」
「どうかなぁ。ただまぁ胸は取り敢えずでかそう」
 まだ恋人になれたわけでもないのに、その胸を揉ませてもらった事なんてないくせに、既に自慢げなのがムカつく。
「へぇ〜、じゃ、あんま醜態晒してさっさと飽きられないように気をつけて」
「おう。それはホント気をつけるよ。取り敢えず、お前に散々怒られたから、胸はめちゃくちゃ優しく揉むようにするわ」
 刺々しくなった声を、彼女の居ない男の妬みとでも思ったんだろう。お前も揉ませるんじゃなくて揉ませてくれる相手が見つかるといいな、なんて余計なことを言ってくれたので、にっこり笑って空いたグラスに酒を注いでやった。
「前の彼女振られたとき、かなり落ち込んでたみたいだし、また彼女出来てよかったな」
「ん、ありがと」
 まだ出来てないけどな。阻止してやる気満々だけどな。なんて気持ちは抑え込んで、次々と兄に酒を注ぎ続ける。
 仕事の区切りがついた開放感と久々の恋人という高揚感からか、ちょっと煽てればニコニコと勧められるまま酒を飲み干す兄を酔い潰すのは簡単だった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP