兄は疲れ切っている34

1話戻る→   目次へ→

 中の反応が治まって、甘えるみたいにくたりと寄りかかってくる体を、抱きしめ続けていた腕を解いてそっと撫でてみる。
「んっ……」
「やじゃない?」
 甘やかに鼻を鳴らされ、大丈夫そうかなと思いながらも問いかけた。相当敏感になっているだろう肌へ触れている自覚はある。
「ん、きもちぃ、よ」
「そう」
 もっと、と言われるまでもなく、さわさわとあちこちを撫で擦れば、また蕩ける声が溢れだす。もぞりと微かに揺すられた腰にねだられた気持ちになって、再度小さな動きで奥を突いてみたが、嫌がる素振りはなかった。
「ぁ……ぁあ……」
「気持ちよさそな声、ほんと、可愛い。ここ、そんないいの? さっきドライでイッたの、わかってる?」
 射精してなかったよと言えば、うん、と頷かれたから、本人の自覚もあるらしい。
「射精無しでイクの覚えたら、連続でイケるようにもなるらしいよ」
 コツコツ続けたらもっかいドライでイッちゃうねと続けても、うん、と頷かれてしまったから、これはもう、そうしてくれって言われているのと同義だろう。多分。
「じゃあずーっとコツコツ続けてあげる。俺以外誰にも触れさせない、兄貴の奥のとこ、愛し続けてあげる。だから兄貴の体力続くまで、何度だってイッて見せて」
 抱き潰すよという宣言にまで、うん、とうっとり頷かれて多少心配になったけれど、好きだよと告げた言葉に俺もと返ってきたから、きっと意識はちゃんとある。だから宣言通り、ゆっくり優しく奥の壁を突き続けた。
 ぎゅっとしてと頼まれたのは二回目の絶頂前くらいで、ぎゅうと抱きしめたまま、イッてる最中もずっとコツコツ続けてやれば、そこから先はもう、意味のある単語は殆ど兄の口からこぼれなくなる。いい、とも、イク、とも、来る、とも言わず、ただただ甘やかな吐息を零し続ける。
 声の調子と体の反応から、何度か大きな絶頂の波が訪れたのはわかったが、実際のところ、何度イッたのかはわからない。
 ゆっくりとした腰の動きでも、兄の痴態と絶頂時の蠢動に、すでに二度射精した後であっても、だんだんと我慢が効かなくなる。すでにこちらの言葉などどこまで届いているか怪しいものの、それでも、イキそうだと兄に告げた。
「ね、俺も、いきそ。ちょっとだけ、強くするね。でもまたすぐ、ゆっくりコツコツ、してあげるから」
 三発目を終えてもなお、すぐに奥を突けるほどの復活を果たすかは微妙だったが、でもまぁきっと、この兄を前に反応しないということはないだろう。
「ぁあああ、ひぃっ、あっあっあっ」
 大きめのストロークで、引いた腰をズンと勢いよく突きこむ動作を繰り返せば、甘やかに蕩けるばかりだった声が高く響く。
「ごめん、ちょっとだけ、だからっ」
「ぁ、ぁっ、あっ、いいっ、あ、いいっ、すごっ」
 聞こえていないかもと思いながらも、宥めるように発した謝罪だった。しかし、強い刺激に触発でもされたのか、兄がはっきりイイと応じてくる。
「はっ、まじで」
 それならばと、更にグッと奥まで強く突きこんだら、今までは押し上げるだけだった奥の壁が開き、ぐぽりと亀頭が飲み込まれるのがわかって焦った。
「ぁあああああ」
「ご、ごめっ」
 暴れかける体をとっさに押さえつけて、慌てて腰を引いたのは多分失敗だった。
「んひぁああやあああ」
 嵌ったものが抜かれる感覚に、兄が悲鳴をあげる。しかし、その頃には最初の焦りが引いて、何が起きたのかは理解できていた。偶然なのか、さんざん優しく捏ね回した結果なのか、あの一瞬ですら、開かれた先に先端を咥えこまれた快感を忘れられない。
「ごめん、ほんと、ごめん」
 謝りながらも、今度は狙って奥の壁を開かせる。やっぱり悲鳴みたいな声を上げてがくがく震える体を抱きしめながら、亀頭に吸い付かれるような快感の中で射精した。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。