結婚した姉の代わりに義兄の弟が構ってくれる話1

 何度も呼び鈴が鳴って意識が浮上したが、出れるわけがないとすぐに居留守を決め込んだ。
 軽い頭痛は泣いたせいで、意識が戻ればやはり今も鼻の奥と、擦り過ぎた目の端がヒリリと痛い。たいして幸せな夢なんて見れないけれど、それでも現実よりは幾分ましだと、逃げるようにまた目を閉じた。
 そのままもう一度眠れるはずだったのに、カチャリと部屋のドアが開いて心臓が飛び跳ねる。
「なんだ、居るんじゃん。てか凄い格好だな」
 慌てて飛び起きれば、部屋の入口には見知らぬ男が立っていて、ポケットから取り出した携帯を何やら操作していた。
 次にはカシャリと音が響いて、写真を撮られたのだと気付いて血の気が失せる。
「呆然としすぎ」
 苦笑した相手が近づいてくるので、恐怖とともに必死で後ずさる。とは言っても狭い部屋の中なので、あっと言う間に壁際に追い詰められた。
「目ぇ真っ赤。また泣いてたの?」
「だ、誰?」
 目線を合わすように腰を落とした相手が手を伸ばしてくるのを咄嗟に払って、なんとか声を絞り出す。相手はびっくりした様子で目を瞠った後、おかしそうに笑いだした。
「俺のこと覚えてないの? お前の義理の兄になった人の弟なんだけど」
 結婚式で会ってるよと言われて、嫌なことを思い出した。この人が義兄の弟だと言うなら、あの日もやっぱり泣かれているのを見られた上にシスコンすぎと笑われた。
「顔、違う」
「それを言うなら顔じゃなくて髪型。あと今日はメガネってだけでしょ。それに見た目だったら、そっちのがよっぽど大きく変わってる」
 姉弟だけあってそうしてるとお姉さんによく似てると言われて、写真を撮られたことを思い出し慌てる。
「写真、消せよ」
「嫌だね。というか女装が趣味なの? それともお姉さん恋しさで、そうやって自分の中の彼女の面影見て寂しさ紛らわせてる?」
 キュッと唇を噛み締め回答を拒否した。簡単に言い当てられたのが悔しかったのもあるし、認めたらどうせまたシスコンと笑われるのがわかりきっている。
「寂しいなら寂しいって言って、結婚なんかしないでって言えば良かったのに。というか、お前が大丈夫だからってあの人の背中押して結婚させたんだろ?」
 確かに姉は何年も付き合い続けていた彼との結婚を渋っていた。原因は自分にある。
 両親の死後、歳の離れた姉がずっと親代わりだった。責任感の強い優しい姉は、自分が高校を卒業するまでは結婚しないと言っていた。けれど彼氏の転勤が決まって、できれば結婚して付いてきて欲しいと言われて悩んでいたから、付いていきなよとその背を押したのは自分だ。
 だって誰よりも幸せになって欲しい人の、足手まといになんてなりたくなかった。
 金銭的には親の残してくれた遺産があるので特に問題はないし、働く姉を助けて家事だってそれなりにこなしてきたのだから、一人暮らしに大きな不安なんてなかった。はずだった。
 毎日を一人で過ごすことが、自分以外誰も居ない家の中が、こんなに寂しいなんて知らなかった。
「なのにそんなグズグズ泣いてんの知ったら、あの人結婚したこと後悔しちゃうよ?」
「お前に言われたくない」
 そんなの言われなくたってわかっている。やっぱり結婚しなければよかったなんて、自分のせいで思わせたくない。姉には笑っていて欲しい。心配なんてかけたくない。
 なのに一人が寂しすぎて、姉が結婚する前の日々に未練たらたらで、家の中に姉の気配が欲しくて女装して過ごすのが止められない。
 そんな自分に自己嫌悪しながら、泣き疲れて寝ていただなんて、姉に知られるわけには行かないのに。
「つうかそもそもなんでアンタがここに居るんだよ。どうやって入った。完全不法侵入だろ」
「あ、やっとそこ? どうやって入ったって、そんなのお前の姉さんから合鍵預かってるからに決まってる。ついでに言うと、そのお姉さんに心配だから様子見てって頼まれたから、わざわざ来てやってんだけど」
 やれやれと言った様子で感謝しろよと告げられたけれど、感謝なんか出来るはずがなかった。

続きました→

あなたは『この人の幸せが自分にとって一番大切なのに、どうして喜んであげられないんだろう、どうして涙が出てしまうんだろう、と自己嫌悪に陥る』誰かを幸せにしてあげてください。
shindanmaker.com/474708

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP