生きる喜びおすそ分け34

1話戻る→   目次へ→

 つまり、がっつかれている。
 え、マジで? という驚きは当然あった。何かの勘違いかと、その考えを否定しようと思考を巡らすのを、彼の舌が阻止してくる。結局、熱烈という感想は変えようがなくて、嬉しいのと可笑しいのとで、相手の口の中に笑いを零した。
「んっふふっ」
「嬉しそうな顔」
 やっとキスを中断してくれた相手に真顔で指摘されたけれど、その真剣な顔からは間違いなく興奮がにじみ出ていたし、逆に相手の余裕の無さがひしひしと伝わってくるみたいで、やっぱり嬉しくて可笑しい。
「そりゃあ」
 こんなの、嬉しくないわけがないだろう。ふへへと笑いながら、煽るつもりで、相手と繋がる腰を軽く揺らす程度に前後させてみる。
 こちらを見つめる彼の目つきが少し鋭くなって、なんだか怒ってるようにも見えるけれど、でもそれを怒らせたなんて思わない。こちらの思惑通り、煽られてくれているだけだろう。
「ね、早く、」
 続きをと急かす前に、相手の腰が動き出す。早急に繋がってしまったせいか、慣らすみたいに何度も、浅い場所から奥深くまでを彼のペニスが出入りする。
 それなりに切羽詰まった感じに見えたけれど、それでもいきなりガツガツ腰を振ってこない辺り、ちょっと残念ではある。でもそれはそれで安心もしていた。だってそれは間違いなくこちらの体を気遣ってくれる動きだし、じわじわと快感を引き出されていくのを今まさに感じてもいる。
「は……ぁ……ぁあ……」
 ゆっくりとした動きに、吐息に混ぜて喘ぎを漏らした。彼に腕を掴まれて体を起こしたままだから、そうしている間にも、太陽はぐんぐんと上昇を続けている。
 厳密にはもう日の出は終わっているのだろうけれど、朝日を浴びながら屋外でセックスしている、という事実に興奮と言うよりは感動していた。なんかもう、本当に、色々と凄い。
「ああ、俺、このために、生きてた」
 いつもの口癖が口からこぼれ出る。でもそれは、この瞬間を手に出来た事への幸福を噛みしめるような、この瞬間をくれた相手への感謝を述べるような、どこかしみじみとした呟きだった。確かにいつもの口癖だけど、いつもみたいに楽しくはしゃいで口に上らせるような軽々しさはなくて、それは多分相手も感じたんだろう。
 腕を掴んでいた手が外されて、そのまま胸の前に回って来たかと思うと、ぎゅっと抱きしめられた。
「君を知れば知るほどに、君を手放せなくなる気がしてくるよ」
「えっ?」
「抱いてる相手に、しみじみと、このために生きてた、なんて言われる男の気持ち、わかる?」
「それは、言われたことがないので……」
「うん。俺も初めて言われた」
 はぁ、と熱い吐息が耳に掛かる。それだけでも相手の興奮が伝わってくるようでゾクゾクするのに、釣られたように熱い息を吐き出すのに合わせて、はむっと耳を食まれて甘く声を上げてしまった。
「ひゃぁあんっ」
 結構大きく響いてしまったことに、声を上げてからびっくりして、体が跳ねる。
「うん。可愛い声だけど、もうちょっと抑えようか」
「だれの、せいだと」
「まぁ、それは俺のせいだけど。というか部屋戻ろうか?」
 ベッドの上でゆっくり続きをした方が良くないかという誘いに、嫌だと首を振った。
「このまま、ここで、したい」
「声気にしながらするの、辛くない?」
 結構気持ちよくなってきてるでしょという指摘に頷きながらも、だって、と思う。
「辛くても、絶対、楽しい思い出に、なるから」
 だからこのままここでしてって言えば、抱きしめる腕が外されて、さっき指で慣らされていた時のような体勢に戻される。つまりは、風呂の縁の岩に手を置いて、お尻だけ相手に突き出す形だ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。