気がつけばお前のことばかり考えてる

 また今年も同じクラスになったなと喜んだ4月からほんの数ヶ月。最近なんとなく避けられている。
 いっそはっきりきっぱりと、何が嫌なのか言ってくれればいい。けれどその実、わかってもいた。
 言ってどうにかなることなら、彼は躊躇わずに告げるはずだ。互いを親友と呼び合うことすらある自分たちの関係において、そんな遠慮は必要がない。
 要するに彼が何も言わないということは、きっと言われても気をつけてどうこう出来るようなことじゃないんだろう。だからそれを聞いてしまったら、前のように仲の良い友人には戻れないかもしれない。なんてことを考えてしまったら、問い詰めることは出来なかった。
 のらりくらりと中途半端に続ける友情は、やはり周りにも違和感を与えるらしい。喧嘩でもしたのかと問われる回数が増えて、どう返していいか躊躇い濁すように笑って逃げていたら、とうとう相手の覚悟が決まってしまったらしい。随分と緊張のにじむ声で、帰り付き合えなんていうから、笑ってわかったと返したものの、内心ショックで泣きそうだった。
 今までなら、何を話していても相手とならすぐに爆笑へと変わっていたのに、ぽつりぽつりと思い出したように交わす会話は上滑りで、道すがら何を話していたのかなどさっぱり思い出せない。
 そんな状態で連れて行かれた先は、彼の自宅だった。既に何度も訪れたことがある彼の部屋は、どうやら片付けをしたばかりのようで、見慣れたものよりだいぶスッキリとしている。
 散らかっている方が居心地がいいなんていうのは明らかにおかしいので、この居心地の悪さはやはり彼の雰囲気なのだとわかっていたが、それでも腰を下ろすのが躊躇われて立ち尽くす。
「お前に頼みがある」
 そんな中、やはり腰は降ろさず立ったままだった彼が振り向き、少し掠れた声でそう言った。
「いいよ。何?」
 自分に出来ることならなんだってしてやろうという気持ちで告げたのに、彼は気に食わない様子で眉を寄せる。
「そんな簡単に了承していいのかよ」
「だってお前が俺に、俺が絶対出来ないようなこと頼むと思えねぇもん」
 で、何よ? と尋ねれば、この期に及んで口にするのを躊躇っている。
「言えって。そのために連れてきたんだろ?」
「最近、気が付くとお前のことばっか考えてる」
「それ、悪い意味で、ってことだよな?」
「良い意味とか悪い意味とかわかんねーよ」
「だってお前、避けてたじゃん。俺の嫌なとこが目について、って話と違うの?」
「違う。あー……その、恋愛的な意味で?」
「は? 恋愛? 何お前、俺のこと好きになったの?」
「いやーそれも微妙っつーかなんつーか」
「はっきりしねぇな。結局お前のお願いって何? まさか恋人になってとかそういうの?」
「恋人になってって言っても了承すんのかよ」
「あーまぁ確かに、軽率なこと言った。ちょっと考えさせて」
「いや待て。恋人になってくれが頼みじゃない」
 紛らわしいと強めの口調で言ったら、悪いついと苦笑されて、なんだかこの会話のテンポが懐かしい。内容はちょっと確かに今までにないものではあるけれど。
「恋人になってくれとは言わない。けど、一回だけでいいからさ、お前に触らせて欲しいんだけど」
「触るって?」
「端的にいうとエロいことしたい。お前に」
「い、今から?」
「そう。今日親、遅いんだ」
 やっぱ気持ち悪いか? と聞かれて、反射的に首を横に振って否定した。それだけで随分と安堵した様子を見せるから、嫌だ無理だと帰る気にはなれそうになかった。
「一回だけで満足すんの? それで元の俺らに戻れんの?」
「わかんね。けど、お前にエロいことすることばっか考えながら、このまま友達の振りなんてできねーし。けど無理なら無理で、それもしゃーねぇって思うし。言うだけ言ったら少しすっきりしたから、お前がオッケーでもノーでも、元の俺らに戻る努力はするよ」
 変なコト言ってゴメンなと後ろ頭を掻きながら照れ笑う顔が、良くしった親友のあいつだったから。
「触っていいよ」
 言葉はするりとこぼれ落ちた。

続きました→

レイへの3つの恋のお題:気がつけばお前のことばかり考えてる/目隠ししようか/ずっと忘れない

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP