俺が本当に好きな方(目次)

CHAT NOVELさんでWeb版が3章まで読めます。
高校同級生。三角関係。全6章+後日談1話。
主人公の祐希は親友隆史への恋心を隠していたが、クラス替えの後、隆史の双子の弟である悟史にその恋情を知られてしまい、更には好きになったと告白までされる。隆史と悟史の間で気持ちを揺らしながらも、最終的には隆史と恋人になります。キスまで。
後日談は隆史視点で、恋人として初めて祐希の部屋を訪れる隆史の話。

1章 双子の弟
2章 隆史に彼女
3章 悟史からの告白
4章 揺れる気持ち
5章 男同士で好きなんて
6章 本当の本当に両想い?
後日談

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

親友に彼女が出来た結果

 長いこと彼女のカの字も気配がなかった幼馴染の親友が、ある日突然、興奮気味に彼女が出来たと報告してきた時は驚いたが安心もした。だって長いことずっと、親友である自分にべったりな男だったから。
 べったりだったとはいえ、自分たちの間にあるのは友情だったし、彼女を作らない彼と違ってこちらは何度か彼女を作った。それを嫌がられたことはない。普通に祝福されたし、彼女がいる間は気を遣ってか少し距離を置いてくれたし、つまり、彼の中に自分へ向かう恋愛感情やら独占欲やらは別段ありはしないのだ。
 彼女を作らないのだって、そんな気になれないとか、好きって思える女子が居ないとか、出会いを待ってるだけだとか、なんとも曖昧な感じではあったが、彼女を作らない理由を濁して躱しているのではなく、至って真面目に本気でそう思っているのもわかっていた。
 だからそんな彼に彼女が出来たというのは、確信を持って彼が好きだと言える女性に出会えたことを意味しているし、本当に喜ばしいことで、ちゃんと祝福してやるべきなんだって頭ではわかっている。わかっているが、興奮気味に彼女の素晴らしさやらを捲し立てている親友に、おめでとうも良かったなも言ってやれそうにない。
 彼に彼女が出来たことで、自分の中に彼への恋愛感情や独占欲やらが潜んでいたことに、いまさらながら気づいてしまったのだ。などという話ではない。問題は、彼が一目惚れして口説き落としたというその女性の特徴が、どう控えめに聞いたってあちこち自分と被っている事だ。
 なんでそんな相手を選んだと、文句の一つも言いたい気持ちになる。だってまるで、自分の性を否定されたみたいな感じがする。彼の想いが友情止まりだったのは、自分の性別が男だったせいなんだと突きつけられたも同然だ。自分の中に、彼へ向かう恋愛感情や独占欲やらがあるわけではないけれど、もしもいつか、そういう感情を向けられたらきっと受け入れてしまうんだろう、程度のことは考えていたというのも大きいかも知れない。
 せめて、お前が女だったら付き合いたかった、程度のことは言ってくれてても良かったんじゃないのか。男だから対象外なんだって、はっきり言っといてくれればよかったのに。そう言われていたなら、自分に似た女を見つけたから付き合うことにした、みたいな現実を苦笑しながらももっと祝福できたと思うのに。
 そんなこちらの微妙にもやもやした感情に気づかないくらい、理想そのものという彼女を手に入れた相手の興奮には逆に感謝するべきかもしれないけれど。

 結局、彼女が出来た報告を受けたその時におめでとうは言えなかったけれど、その日の夜にはちゃんともやもやを飲み込んで、翌日からは長年の親友として祝福もしたし応援もした。だって彼に彼女が出来た、という事象そのものは間違いなく喜ばしいことなのだ。
 自分たちが築き上げてきた、親友という関係が変わるわけでもない。だから自分に彼女が出来たときのように、少しだけ気を遣って距離を置きながらも、基本的にはなんら変わらない日々を過ごしていた。
 なのにある日、突然、深刻な顔で彼が告げた。
「俺さ、もしかして、お前のことが好きなのかな」
「は?」
「いや、もちろん好きは好きなんだけど、その好きじゃないっていうか」
「んん? ごめん。全く話が見えない」
 いつになく歯切れが悪く、もたもたと言い募るのを聞いていれば、確信を持って好きだと言える彼女が出来たことで、逆に、無自覚なまま抱え続けていた本当の想いとやらに気づいてしまったかも知れない。みたいな話だった。
 本当の想いというのはつまり、幼馴染の親友に恋している可能性で、彼の言う幼馴染の親友というのは自分だ。
 あっけに取られながら、なんでそんなものに気づいたのだと聞けば、原因は彼のスマホのロック画面らしい。バカみたいな話だが、彼のロック画面は自分の写真だ。彼女ができたんだから彼女にしないのかと指摘したことが一度だけあるが、この写真が気に入っているんだと譲らないので放っておいた。
 いやでも考えてみれば彼女だって、なんで彼氏のスマホのロック画面がその彼氏の親友だという男の写真なんだって思うだろうし、彼女相手にも同じように、この写真が気に入ってるからと変えることを拒んだのだとしたら、本当はその男が好きなんだろうと疑いたくなっても仕方がないかも知れない。どうせこの男は悪気もなにもなく、彼女相手に自分の話をペラペラと喋っているだろうし、よほど鈍くなければ、彼女として選ばれた理由の中に親友と似ているからというのが入っていることに気付いているだろう。
「いやいやいや。彼女にそう指摘されたって、そこは、そんなわけないって否定しないとダメだろ」
「それは、だって、否定出来ないような気も、しちゃって。あいつが、お前に似てるって思ってる部分は、俺だって言われるまでもなく、わかってたし」
「お前ね。そこ自覚あって選んだ彼女なら、もっと大事にしろって。俺はどう頑張ったって、女にはなれないんだから」
「男同士でも、あり、ってことはないのか?」
「は?」
「彼女に言われるまで、考えたこともなかったんだよ。お前と付き合う、なんてこと」
 バカじゃないのと言えば、しょんぼりと項垂れごめんと返された。
「で、結局どうしたいんだよ。俺を好きかもしれないから、俺と付き合ってみたいの?」
「お前が、付き合ってくれるなら」
「その場合、彼女は? お試し交際だからって、二股なんか許さないけど。せっかく見つけた理想の彼女、手放したら二度と女となんて付き合えないかも知れないぞ」
 不思議そうな顔で、でもお前が居ると返してくるこの無自覚さってなんなんだろう。友人として最高だって、恋人として付き合ったら上手くいかない可能性なんて、一切考えていないみたいだ。
「本気で言ってんなら、まずは彼女と別れて、それから改めてちゃんと告白して」
「え、俺と付き合うのか!?」
 この流れで、なんでそんな風に驚くのかさっぱり分からない。そう思いながらも、ちゃんと告白してくれたらねと返して置いた。

こちらに頂いたコメントからのリクエストでした

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

初恋は今もまだ(目次)

キャラ名はありません。共通10話+親友4話+友人6話の全20話です。
社会人になっても時々飲み会をしてる高校時代の友人グループで、長いこと親友への恋心を抱えている視点の主と、やっと視点の主への恋心が芽生えた親友と、その親友が視点の主を試したことに怒った友人との三角関係っぽい話。
10話から先分岐して、親友と友人とそれぞれ別の恋人エンドを作りました。

下記タイトルは内容に合わせたものを適当に付けてあります。
エロ描写は控えめで挿入はなしですが、それっぽいシーンが含まれるものにはタイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 親友の爆弾発言
2話 トイレへついてくる友人
3話 友人の提案
4話 恋人宣言
5話 手をつないだ帰り道
6話 デートに来たのは
7話 親友とカラオケ店へ
8話 親友からの告白
9話 友人に会いたい
10話 白紙に戻して

親友1 今の気持ち
親友2 キスしてみたい
親友3 親友姉登場
親友4 キスだけじゃ、足りない(R-18)

友人1 他人事にはさせない
友人2 友人はバイセクシャル
友人3 初恋の終わり
友人4 キスされたくない?
友人5 友人の部屋へ
友人6 触られてみた結果(R-18)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

墓には持ち込めなかった

 幼い頃から心のなかに隠し持っていた恋心を、生涯、相手に告げることはないと思っていた。墓にまで持ち込む気満々だった。ずっとただ想うだけで良いと思っていた。
 同じ年に生まれた自分たちは、幼稚園で出会ってからずっと長いこと親友で、だからこそ、彼の選ぶ相手が自分にはならないこともわかっている。彼が興味を惹かれ、好意を寄せる女の子たちに、気持ちが荒れたこともあるけれど、それももうだいぶ遠い昔の話だ。
 少しずつ大人になって、自由になるお金が増えて行動範囲が広がれば、だんだんと寂しさを埋める術だって色々と身に着けていく。
 その日は特定のバーで相手を見つけて、そのままホテルに向かうつもりで店を出た。店を出た所で、名前を呼ばれて顔を向ければ、そこには見るからに怒っている幼なじみが、こちらを睨んで立っていた。
 今夜のお相手となるはずだった相手は、あららと少し楽しげな声を発したけれど、この後始まる修羅場に巻き込まれるのはゴメンとばかりに、じゃあ頑張ってとあっさり回れ右して店に戻っていく。
 面白おかしく酒の肴にされるだろう事はわかりきっていたが、もちろん引き止めることはしなかった。代わりに幼なじみに向かって歩き出す。
「こんな場所で揉められない。付いて来て」
 隣を通り抜けるときにそう声をかければ、黙って後をついてくる。素直だ。
 一瞬、このまま本来の予定地だったホテルにでも入ってやろうかとも思ったけれど、そんな自分の首を絞めるような真似が出来るわけもなく、結局足は駅へと向かった。こんなことになってしまったら、今日の所は帰るしかない。
「待てよ」
 半歩ほど後ろをおとなしく付いて来ていたはずの相手が、唐突に声を上げただけでなく、手首を掴んで引き止めるから、仕方無く歩みを止めて振り向いた。
「何?」
「どこ、行く気だ」
「どこって、帰るんだよ」
「は? 家まで待てねぇよ」
「待つって何を?」
 まぁさすがにこれは、わかっていてすっとぼけて見せただけだ。でも頭に血が登りっぱなしらしい相手は、そんなことには気付かない。
「お前、俺に言うことあるだろっ」
「特にはないけど」
 しれっと言ってのければ傷ついた顔をする。そんな顔をするのはズルイなと思った。
「一緒にいた相手、お前の、何?」
「飲み屋で知り合って意気投合したから、河岸を変えて飲み直そうかーってだけの相手」
「本当に飲み直すだけなのかよ」
 疑問符なんてつかない強い口調に、これはもう知られているんだなと諦めのため息を吐いた。
「せっかく隠そうとしてるんだから騙されなよ」
「なんで俺を騙そうなんてすんだ」
「あのさ、幼馴染がゲイだった上に、夜の相手探してそういう場所に出入りしてるって知って、どうしたいの? 知らないほうが良いでしょそんなの」
 お前とは縁のない世界なんだからと苦笑したら、掴まれたままだった手首に鈍い痛みが走る。力を入れ過ぎだ。でも、相手は気づいてないようだったし、自分も痛いとは言わなかった。
「ああいう男が、お前の、好み?」
 抱ける程度の好意は持てる相手で、でも好みからはけっこう遠い。なんて教えるわけがない。寂しさを紛らわせてくれる相手には、雰囲気や言葉遣いが優しくて、でも目の前の男にはまったく似ていない男を選んでいた。
 だって別に、代わりを探していたわけじゃないから。本当にただ、一時的に慰めを欲していただけだから。
「そういう話、聞きたいもの?」
「俺はお前に、好きになった相手のこと、さんざん話して来ただろ」
「ああ、まぁ、そうだね。俺の相手は男ばっかりだから、聞かせたら悪いかと思ってた」
「悪くなんか、ない。知りたい」
「そっか、ありがとう」
「で、お前、あいつが好きなのか?」
「まぁ、抱こうとしてた程度には?」
 自分で知りたいといったくせに、言えばやっぱりショックを受けた顔をする。しかも目の中にぶわっと盛り上がった涙が、ぼろっと零れ落ちてくるから、焦ったなんてもんじゃない。
「えっ、ちょっ、なんでお前が泣くんだよ」
「だって、俺に、ちっとも似てない」
「は?」
「ここに来るまで、お前とあいつが出てくるの見るまで、男好きなら俺でいいじゃん。って思ってた。でも、わかった。俺じゃダメだから、お前、こういうとこ来てたんだって」
 もう邪魔しない、ゴメン。そう言いながら、掴まれていた手首が解放された。
「一人で帰れるから、店戻って。それと、お前のノロケ話もちゃんと聞けるようになるから。ちょっと時間掛かるかもしれないけど、そこは待ってて」
 泣き顔をむりやり笑顔に変えて、じゃあまたねといつも通りの別れの挨拶を告げて歩き出そうとする相手の手首を、今度は自分が捕まえる。こんな事を言われて逃がすわけがない。
「ねぇ、俺は、お前を好きになっても良かったの?」
「だって好みじゃないんだろ?」
「バカか。好みドンピシャど真ん中がお前だっつ-の」
「嘘だ。さっきのあいつと、全く似てない」
「それには色々とこっちの事情があって。っていうか、俺の質問に答えて。俺は、お前を好きになっていいの?」
 じっと相手を見つめて答えを待てば、おずおずと躊躇いながらも、「いいよ」という言葉が返された。
「じゃあ言うけど、小学五年の八月三日から、ずっとお前のことが好きでした」
「え、何その具体的な日付」
 戸惑いはわかる。何年前の話だって言いたいのもわかる。でもこの気持ちの始まりは確かにそこで、忘れられないのだから仕方がない。
「俺がお前に恋してるって自覚した日。まぁ、忘れてんならそれでいいよ」
「ゴメン、思い出せない」
「いいってば。それより、墓まで持ってくつもりだった気持ち、お前が暴いたんだから責任取れよ」
「ど、どうやって……?」
「取り敢えずお前をホテルに連れ込みたい」
 言ってみたら相手が硬直するのが、握った手首越しに伝わってきた。
「お、俺を、抱く気か?」
「え、抱いていいの?」
「や、いや、それはちょっとまだ気持ちの整理が……」
「抱いたり抱かれたりは正直どっちでもいいよ。でも、俺がお前を本気でずっと好きだったってのだけは、ちょっと今日中にしっかり思い知らせたいんだよね」
 今すぐキスとかしたいけど、さすがにこんな公道でって嫌じゃない? と振ってみたら、相手はようやく自分たちが今どこにいるかを思い出したらしい。ぱああと赤く染まっていく頬を見ながら、行こうと言って手を引いた。
 相手は黙ってついてくる。
 さて、十年以上にも渡って積み重ねてきたこの想いを、どうやって相手に伝えてやろうか。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

呼ぶ名前

 目の前の親友に恋をしてしまった。
 言えなくて、苦しくて、めちゃくちゃ心配されて、それでもどうにか口にできたのは、男を好きになったという部分だけだった。その程度なら、即、気持ち悪いと友情を切ってくるような相手じゃないと、付き合いの深さからわかっていたからだ。
 でもそれ以上はさすがに言えない。だって所詮は他人事ってのと、自身の問題とってのじゃ、天地ほどの差があるだろう。
 だから架空の片恋相手を作り上げて、切ない想いをたまに聞いてもらっていた。バカな真似をしている自覚はあったが、想いを隠しきれなくて相当心配をかけてしまった以上、そうするしかなかった。
 大きな誤算は、そんなに辛いなら俺が慰めてやろうかと、親友が言い出した事だった。
「そいつの代わりでいいよ。なんなら、そいつの名前で俺を呼んだっていい」
「バカなの?」
 バカなのは自分だ。好きだといった男の名前は架空のもので、本当に好きなのはお前だと、こんな提案をされてさえ言えなかった。言えなかったくせに、その優しい申し出を受け入れてしまった。
 だって親友とは親友のままでいたかった。恋人になんてなって破局したら、もう友人になんて戻れないかもしれない。代わりにという提案を受け入れるだけなら、親友はやっぱり最高に優しい男だったってだけで済む。もし試して上手く行かなくても、友情までは壊れないだろう。
 要するに、そんな逃げ道を作ってしまうくらい、恋の成就よりも親友と親友のままでいたい気持ちが強かった。
 でも、だったら、代わりになんて提案も、きっちり断るべきだったんだ。
「あいつの名前、呼ばないの?」
 触れてくれる手の気持ちよさにうっとりしていたら、呼んでいいよと優しい声が促してくる。
「な、んで……」
「あいつになりたいから?」
 代わりに慰めるのだから、名前を呼ばれることでなりきりたいって事だろうか?
「呼びなよ」
 再度促されて、架空の想い人の名前をそっと呼んでみた。わかりやすく胸がきしんで、ぶわっと涙があふれだした。
 後悔なんてとっくにしてる。でも間違った選択を重ねすぎて、どうしたらいいのかわからない。
 はっきりとわかっているのは一つだけ。
 親友と親友で居続けることさえ諦めればいい。でもそれを選べるなら、こんなことにはなってない。
「ああああゴメン。泣かせたかったわけじゃない」
 ごめんごめんと繰り返した相手は、もう呼べなんて言わないと言いながら、宥めるようにあちこちを撫でさすってくれる。優しくされて嬉しいのに、でもその優しさが辛くて、涙はしばらく止まりそうになかった。
 そんな風に始めてしまったいびつな関係は、それでもぎりぎり親友と呼び合う関係のまま、一年半ほど続いていた。でもさすがにもう終わりだなと思うのは、高校の卒業式が目前だからだ。
「ねぇ、お願いあるんだけど」
 体を繋げた状態で見下してくる相手は、珍しく不安そうな顔をしている。
「なに?」
「名前、呼んで欲しい」
 初めての時以来の要求だけれど、ぎゅっと胸が締め付けられた。
「えっ……」
 躊躇ってしまえば、ずいぶんと申し訳なさそうな顔をする。
「お前泣かせたいわけじゃない。でも、このままお前と親友のまま卒業していくの、やっぱヤダ。だから呼んで、俺の、名前」
 多分お前の気持ち知ってると思うと言った相手は、更にゴメンと続けた。
 意味がわからなすぎて混乱する。
「い、いつから……?」
「初めてお前とこういう関係になって、あいつの名前呼ばせて泣かれた時、あれ? って思った。後はまぁ、こういう関係続けてるうちに、確信に変わった感じ」
 あいつって実在してるの? という問いかけに首を横に振ったら、わかりやすくホッとされた。
「てことは、俺の勘違いじゃないよな?」
「俺、ずっとお前と、親友でいたくて……」
「あー、うん。それも知ってる。だからゴメン。お前と、親友ってだけのまま卒業したくないのは、完全に俺のわがまま。だからお前にお願いしてる」
 もう一度、名前を呼んでと甘い声に誘われて、親友の名前を口に出す。
 胸がきしんで涙があふれる、なんてことは起こらなかった。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

死にかけるとセックスがしたくなるらしい

 死にかけるとセックスがしたくなるらしい、というのは自分も聞いたことがある。子孫を残したいという本能だそうだ。
 目の前の男は学生時代からかなり親しくしている友人で、この彼が先日海で死にかけたという報告に関しては、素直に無事で良かったなと返した。しかしそれが、だからお前を抱かせてというセリフに繋がる理由は、欠片も理解できそうになかった。というかわかりたくない。 
「断る」
「そこをなんとか」
「嫌だ」
「俺たちの仲だろ?」
 思わず鼻で笑ってしまった。むしろそんな仲だからこそ、彼が相手になることはない。
「無理なのはお前自身、わかってるはずだろ」
「まだ毛生えてなさそうな可愛い系ビッチな男ばっか相手にしてんのかよ。てか特定の恋人はどうせ居ないんだろ。だったら俺ともちょい付き合えって」
 彼には自分がゲイだとカミングアウト済みだ。
 彼は自身が対象でなければどうでも良いタイプで、少なくとも今日以前は普通に女が好きだった。普通にというか、胸がでかくて頭の中までゆるふわっとした即やり出来る女が好きで、性別の違いはあれど同じく即やり出来る可愛い系の男ばかりと関係している自分と、そういった面で若干好みが被っている。
 つまるところ、彼は自分の好みには欠片もかすって居ないし、それは彼自身にとっても同じだったはずだ。
「まったく好みじゃない。好みのタイプならとっくにこっちから誘ってる。そうじゃないから俺たちは親友でいれるんだろーが。というかそもそも俺は抱かれる側はやらない」
「それは知ってっけど、お前だと思っちまったもんは仕方ないだろ」
「何が仕方ないだ。てか俺だと思ったってなんだよ」
「そりゃもちろん、死にかけた時思ったことだよ。お前とやってなかったのめっちゃ後悔した。あー無理矢理でもお前抱いときゃ良かったってさ」
「さりげなく物騒な言葉混ぜんな。なんだ無理矢理って。てかこれ、変なもん入れてないだろーな」
「あ、バレた?」
 目の前のグラスを掲げて見せれば、あっけらかんとそう返されてギョッとする。相手はケラケラと笑いながら、すぐさま嘘だと続けた。
「うっそー。つかいつ入れる暇あったよ」
 今居るのは雰囲気の良い個室居酒屋で、グラスが運ばれてきてから一度も席を立っていないので、確かにそんな隙はなかった。しかし彼の顔から、若干の本気を感じてしまったのもまた事実だ。
「大丈夫だって。持ってきたのは精力剤と媚薬系で眠剤とかじゃないし、犯罪する気もない」
「持って来てんのかよ!」
 思わずツッコミを入れれば無理に飲ませる気はないけど一応と返された。もちろん悪びれた様子は欠片もない。
「つかどこまで本気なんだ。お前、今まで一切男になんか興味なかったろう。てかたとえなんかの弾みで男に興味持ったとしても、俺みたいのタイプにならないだろ?」
「割とマジに誘ってるというか頼んでる。あと、確かに死にかけるまで男に興味なかったどころか今も別に男に興味があるってわけでもないけど、男ならお前以外ないってのは結構昔から思ってたよ。言ったことねーけど」
「確かに初耳だ。てかマジで俺なのかよ……」
「そーだよ」
 肯定されて大きくため息を吐いた。
「せめてお前が抱かれる側なら考えてみないこともない、かな」
 渋々とながら妥協案を出してみたが、それはあっさり否定されてしまう。
「あーうん。それはない」
「少しは譲ることも覚えたらどうだ?」
「いやだって、譲るってーか、お前こそ俺に勃たなくね?」
 タイプじゃないって言い切ってんじゃんと指摘されて、返す言葉が見つからない。
「俺はお前には勃つよ。だから抱きたいわけだけど。てかそろそろ頷いてもいい頃じゃね?」
「その自信はなんなんだ」
 弱気の滲む声になってしまったのは自分でも感じた。彼はわかってんだろと言いたげにニヤリと笑う。
「何年お前の親友やってきたと思ってんの。俺が抱かれる側なら考えるって言った時点で、お前はもう俺受け入れてるわけ」
 違うかと聞かれてすぐに違うと返せなかった時点でお察しだ。
「男抱いたことはないけど、でも多分、俺、上手いと思うよ?」
 ちょっとの間黙って身を任せてみてよと、先ほどとは打って変わって柔らかに笑う。キザったらしい笑顔だと思った。それに、確かに女性相手に培ったテクにそれなりの自信があるのだろうが、先ほどのセリフを忘れてはいない。
「薬頼りでだろーが」
「無理に飲まなくっていいって言ったじゃん」
「もし下手だったら殴って止めさせるぞ」
「はい決まりね」
 やったーと両手を挙げて喜ぶわざとらしい仕草に、乗せられてしまったと思いつ苦虫を噛みつぶした。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁