俺が本当に好きな方5

1話戻る→   目次へ→

5章 男同士で好きなんて

【夜の住宅街】
半泣きで隆史から逃げ出したものの、とても自宅へ戻る気にはなれない。

祐希LINE:悟史、今どこにいるの?

悟史LINE:どこって、家にいるけど

祐希LINE:わかった、今から行く

悟史LINE:なんだよ突然
     :何かあったのか?
     :おーい、祐希?
     :ダメだ、携帯見てないな

【悟史の家の前】
祐希LINE:家の前、着いた
     :ごめん、携帯見てなくて

悟史LINE:いーよー
     :ちょっと待ってろ迎えに行く

数分と経たずに目の前のドアが開き、祐希を見て驚いた悟史に手を引かれるまま、部屋へと連れて行かれる。

悟史:ほら入って
  :てかマジで何があった?

祐希:その、隆史に呼び出されて……

悟史:やっぱ隆史か
  :で、何言われて泣いたんだよ

祐希:泣いては、ない

悟史:ウソつけ、目ぇ真っ赤だっての

祐希:まだ!泣いてない!

悟史:あーつまり、今から泣く?
  :あれ?もしかして泣きに来た?

祐希:そゆこと言うなよっ

悟史:あ、図星?
  :ははっ、なんか嬉しいな
  :俺のとこ来てくれてありがと

笑われて緊張が緩むと同時に、こらえていた涙がボロリとこぼれ落ちた。

祐希:も、ほんと、ばかぁ……

悟史:胸なら貸すけど?

祐希:そんな、の、要らなっ

悟史:泣きに来といてつれないなぁ

祐希:泣き、きたんじゃ、な、っい

悟史:ん、じゃあほら、ティッシュ
  :でもって、そろそろ聞かせて?
  :隆史に、いったい何言われた?

祐希:その……
  :悟史と付き合うなんて許さない、って

悟史:え、ちょ、待って
  :俺と付き合ってくれる気、あるの?

祐希:いや、ちがっ、デートが!

悟史:デート?

祐希:悟史と週末デートするみたいなこと言っちゃって
  :これ、お前がデートって言いはるからだぞ!
  :止めろって言ってんのに

悟史:あー、うっかり言っちゃったって話か

祐希:で、なんか色々ごまかせなくなって……
  :悟史に好きって言われてるってこと、言った

悟史:そしたら俺とデートするなって?

祐希:というより、男同士だぞ!?って驚いてた
  :その後、許せないって言ってたから、その、ゴメン……

悟史:いや、謝られる意味がわかんないんだけど

祐希:だってこれから先、きっと悟史も
  :隆史に気持ち悪いやつって、思われる
  :だから、ゴメン

悟史:え、気持ち悪いって言われたのか?

祐希:直接そう言われたわけじゃないけど
  :お、男同士で好きだとか、そんなの気持ち悪いって
  :絶対そう、思ってる
  :(俺に向かってあんな怒ったの、初めてだった……)

思い返したせいでまた涙が溢れてくる。
涙を拭いながら必死で言葉を続けていく。

祐希:それに俺だってわかってるんだ
  :男同士で好きだなんて、頭おかしい
  :そんなの気持ち悪いに決まってる、って
  :(わかってても、自分が思ってるだけならまだ耐えられたけど)
  :(好きな相手にそんな態度見せられるのはやっぱ……)

次々と流れ落ちてしまう涙に俯けば、そっと悟史の腕に抱きしめられる。
体は跳ねてしまったが、黙って受け入れ、跳ね除けることはしなかった。

祐希:(優しい悟史に黙って甘えてる俺って)
  :(……ほんと、ずるい)

悟史:なぁ……

祐希:ごめん……

悟史:謝んなくていいけどさ
  :でも、聞いておきたいことあるんだけど、いい?

祐希:うん

悟史:俺のことも、頭がおかしくて気持ち悪い奴だと思ってる?
  :だから付き合ってくれないの?

祐希:そ、れは……
  :(違うって言いたいけど)
  :(好きって言ってくれるのに好きになれないの)
  :(隆史に似てるからだけじゃないのかも?)

悟史:こんな風に頼ってくるのに、俺じゃダメなの?
  :祐希を好きになったせいだ、って言うならさ
  :俺はどうしたらいいんだろうな?

祐希:悟史の気持ち知ってて、甘えて……
  :甘えるばっかで、本当、ごめん
  :こんなの、よくないよな

悟史の腕から抜け出そうともがくが、逆にギュッと抱きしめられてしまう。

祐希:悟史?

悟史:謝られたいわけじゃない
  :人を好きになる気持ちに性別なんて関係ないだろ
  :気持ち悪いなんて思わないし、思って欲しくないよ

祐希:うん……
  :(でもそんな簡単に、変われないよ)
  :(俺も、きっと、隆史も……)

悟史:祐希を好きになって、俺は幸せを感じてるよ
  :だからこそ、祐希にも俺を好きになって欲しい

祐希:それは、やっぱ俺には難しい、よ
  :ごめん、だから、ねぇ悟史
  :そろそろ放して欲しいんだけど……

悟史:この幸せを祐希にも教えたてやりたいんだ

祐希:そんなこと言われたって、困る
  :っていうか、放せってば!

悟史:隆史の許しなんて必要ないし、何を言われようが俺が守るよ
  :だからさ、祐希……

グラリと体が傾いで、気づけば悟史に押し倒されていた。

祐希:え、ちょっ、なにを……

悟史:わかんない?

祐希:わかりたく、ない、かも

悟史:俺にしとけよ
  :俺なら祐希泣かせたりしない
  :俺の気持ちを利用して、甘えまくればいい

祐希:それは、ダメだろ

悟史:祐希はそう言うけど、でも俺はそれで幸せ感じてる
  :だからダメじゃない

祐希:でも……

悟史:好きな子にさ、泣きたいって時に頼られて
  :目の前で泣かれて、腕の中でも泣かれたら
  :こんなのダメだとか、俺を好きになるの難しいって言われたって
  :やっぱ期待はしちゃうもんだよ?

祐希:(それは、そうかも……)
  :(ああ俺、ほんと、何やってんだろ)
  :(こんなの絶対ダメって思ってんのに)
  :(優しい悟史に甘えまくった自業自得じゃん)

悟史:もっと慰めても、いい?

祐希:(ダメって言いたいけど、言えないよ……)
  :(ああでも、やっぱ気持ちは受け入れられないし)
  :(なんか怖い……)

遠くから慌ただしい足音が近づいてくると、ノックもなく突然部屋の扉が開かれる。

隆史:おい、祐希来てんのかっ
  :って何やってんだお前ら!?

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。