俺が本当に好きな方4

1話戻る→   目次へ→

4章 揺れる気持ち

【休日のファミレス】
ランチを食べながら、映画の感想を言い合っている。

祐希:あと、エンドロールの入りがさぁ

悟史:あー、あれ、めっちゃカッコ良かった!

祐希:だよな!

悟史:なんか、いいよな、こういうの

祐希:こういうの?

悟史:映画見て、カッコイイって思うツボが一緒なとこ
  :すげー嬉しい

ニッコリ笑う悟史に隆史の笑顔が重なって、ドキリと心臓が跳ねる。

祐希:そ、それは俺も、話してて楽しい、けど……

悟史:楽しい、けど?

祐希:いや、なんでもない

悟史:これもう何度も言ってるけど
  :俺と隆史を錯覚したって、気にする必要ないんだからな

祐希:気にならないわけ無いだろ

悟史:隆史の代わりでも、祐希とデートできるだけで嬉しいし

祐希:ほんと、そういう事言うの止めろってば
  :悟史が居てくれて良かったって気持ちはあるから説得力ないけど
  :代わりが欲しいわけじゃないんだって

悟史:そりゃ俺だって一応さぁ
  :俺を好きになってくれたら嬉しいとは思ってるよ?

祐希:俺だって、そう思ってるよ!
  :(隆史を想い続けるのは不毛だってわかってる)
  :(できるなら、俺も悟史を好きになりたいよ)
  :けど!

悟史:わーかってるって
  :だからさ、錯覚だってなんだっていいんだってば
  :今は俺と一緒が楽しかったり、嬉しかったりするだけで
  :そんでいつか、隆史より俺のがいいかもって思って貰えれば

祐希:そんな上手くいくもんか
  :(だって似過ぎなんだよ)

悟史が隆史に似せた振る舞いをするせいで、今まで以上に隆史を意識するはめになっている気もして、複雑な気持ちでため息をこぼす。

悟史:いいよ、気長に待つつもりだし
  :ちょっとでも隆史の代わりになれてるならさ
  :今はそれだけで、かなり満足できてる

祐希:(そんな風に笑うから、ずるい)
  :(こんなのダメだってわかってんのに……)

【夜】
隆史LINE:今近くまで来てんだけど
     :ちょっと出てこれねぇ?

祐希LINE:わかった
     :いつもの公園な

隆史LINE:りょーかい

【自宅近くの公園】
公園のベンチに二人で腰掛けている。

隆史:急に呼び出して悪ぃな

祐希:いや別に、いいけど
  :でも久々というか、珍しいな

隆史:んー、最近祐希と話せてないなって思ってさ

祐希:いやそれ、隆史に彼女出来たからだろ
  :邪魔しちゃ悪いって気ぃ遣ってやってんだろ

隆史:それは、わかってっけど
  :でも、それだけでもないだろ

祐希:それだけじゃない、って?

隆史:最近、悟史とばっか遊んでるみたいじゃん

祐希:前はお前とばっかり遊んでただろ
  :隆史と遊べなくなって、それが悟史に代わっただけだ

隆史:じゃあ、俺ともまた遊んでよ
  :次の土曜、空いてる?

祐希:いや、空いてない

隆史:何すんの?

祐希:悟史と服買いに行く約束してる

隆史:え、じゃあそれ、俺も行く!

祐希:それはちょっと……
  :俺だけで決められないって言うか

止めろと言いながらも、デートという扱いを受け入れてしまっているので、独断で隆史の参加を許可するのは躊躇われる。

隆史:は?相手、悟史だろ?

祐希:そ、だけど
  :でもお前だって、遊ぶとき悟史連れてこなかっただろ

隆史:だって悟史、一緒に行きたいとか言わなかったもん

祐希:それまだ仲良くなってなかったからだよ
  :なら今は?
  :俺と遊ぶ約束してるとこに悟史が連れてけって言ったら?

隆史:えー……別にダメとは……

祐希:あー、まぁ、そりゃそうか
  :(隆史と遊び行くのはデートじゃないもんなぁ)
  :でも悟史もいいって言うかはわかんないだろ

隆史:なんでダメなんだよ
  :てか、悟史がって言いつつ、本当は祐希が嫌なんじゃねぇの?

祐希:違うっ!!
  :だって悟史は多分、嫌がるから……

隆史:嫌がるってわかってんの?なんで?

祐希:なんでって、デートに他の男連れてくとかないって言うか

隆史:デート?

祐希:あっ……

隆史:えっ?
  :デートすんの?悟史と?

祐希:あー……

隆史:え、うそ、マジ話?

祐希:その、悟史に好きって言われてて……
  :(ああもう、ごまかし方なんてわかんないよ〜)

隆史:はぁ?まさか付き合ってんの?

祐希:いや、まだ付き合ってはない、けど

隆史:まだ?
  :ってことは、付き合う気はあるってこと?
  :つかデート行くってことは、そういうことだろ?

祐希:付き合う気があってってわけでもないっていうか
  :ちょっと色々事情があって……

隆史:何だよ事情って
  :てか男同士だぞ!?

隆史の言葉に、胸に鋭い痛みが走る。

祐希:彼女作った隆史からすれば、変だろうとは思うけど、でも

隆史:なぁ、悟史と付き合うとか、許せそうにないんだけど

祐希:ご、ごめん……

隆史:謝んなよっ
  :謝られたって許せねぇんだよ

どんどんきつい口調になっていく隆史に、隆史への想いを否定されたような気持ちになって、じわりと涙が滲んでいく。

祐希:(ああもう、最悪だ)
  :(泣き顔なんて、絶対見せたくない……)
  :男同士での恋愛なんて、気持ち悪くて当然だよな
  :変なこと聞かせてごめん、帰るっ

隆史:あ、おい、待てよっ

引き止める隆史の声を振り切って、祐希は走って公園を飛び出した。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。