俺が本当に好きな方3

1話戻る→   目次へ→

3章 悟史からの告白

【放課後】
祐希と悟史が一緒に学校を出ていく。

悟史:今日、帰りどこ寄ってく?

祐希:んー、なんか食べて帰りたい、かなぁ

悟史:じゃあ、ファミレスかファストフード?

祐希:だな
  :……あっ

少し離れた前方に並んで歩く、隆史とその彼女の楽しげな姿に悟史も気がつき、納得した様子で頷く。

悟史:ああ……
  :あいつらのことなんて気にすんなよ、って言っても無理だよな
  :愚痴だって何だって聞いてやるから、
  :とりあえず俺らも移動しようぜ?

祐希:うん、でも……
  :あー、その、やっぱ今日は帰るわ

悟史:え?なんで??

祐希:最近お前に頼りすぎてるっていうか、
  :泣き言ばっか聞かせたくないよ

悟史:別にいいのに

祐希:俺がやなんだって
  :また今度、ちゃんと笑える時に付き合うから
  :今日はゴメンな

【夜】
悟史LINE:今、家にいる?

祐希LINE:いるけど、なんで?

悟史LINE:行っていい?
     :というかもう家の前にいるんだけど

祐希LINE:はぁ??
     :なんで?

悟史LINE:どうしても会って話がしたいから

祐希LINE:わかった、待ってて

玄関へと悟史を迎えに行った祐希は、ドアを開けた瞬間に見えた顔に大きく目をみはる。

祐希:え、隆史……じゃ、なくて悟史?

悟史:そう、悟史の方

祐希:髪、なんで切っちゃったの?

悟史:だってこうすると、まるで隆史みたいだろ?

祐希:だからなんで、隆史そっくりに……
  :って、話は部屋で聞くわ

初めて悟史を自室に入れたが、隆史そっくりの悟史に違和感を隠しきれない。

祐希:隆史が部屋にいるみたいで、すごく変な感じなんだけど

悟史:隆史はよく来てた?

祐希:まぁ、前はそれなりの頻度で

悟史:今は?

祐希:聞かなくたって知ってるくせに

悟史:うん、知ってる
  :だからだよ

祐希:だからって?

悟史:俺が髪切った理由

祐希:いや、全然わかんないけど

悟史:隆史の代わりになりたいって思って

祐希:代わり?

悟史:俺ら見た目そっくりだし、俺を隆史だと思っていいよ

祐希:は?

悟史:俺なら祐希に寂しい思いさせないし、好きだって言ってやれる

祐希:いやちょっと、何言ってんの

悟史:本気
  :俺さ、祐希のこと、好きになったっぽい

祐希:いやいやいや
  :待って待って待って

悟史:好きだよ、祐希

祐希:待てって言ってんだろ!
  :つか、見た目そっくりだって、お前は悟史で隆史じゃないだろ

悟史:隆史が部屋にいるみたいだ、ってくらいに錯覚できてんじゃん

祐希:確かにそうは言ったけどさぁ……

代わりになんてしていいはずがないと思いながらも、どう断ればいいのかわからず黙り込む。

悟史:今日さ、祐希、俺に頼りすぎてるって言って帰っただろ

祐希:うん

悟史:俺さ、もっと頼られたいよ、祐希に
  :隆史の代わりだっていいから

祐希:気持ちは、ありがたいって思うよ
  :でも……隆史の代わりになんて……

悟史:出来ない、じゃなくて、したくないだけだろ?
  :俺がそうしてくれって言ってる
  :頼むよ、お前のことが好きなんだ

祐希:ごめん、考えさせて

続きは明日9時投稿予定です。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。