俺が本当に好きな方6(終)

1話戻る→   目次へ→

6章 本当の本当に両想い?

【悟史の部屋】
祐希を押し倒す悟史を見た隆史が、問答無用で悟史を殴りつけた。

祐希:(やばい、さっき以上に怒ってる)
   (なんで隆史が帰ってくるかもって考えなかったんだよ、俺)

悟史:いってぇな!
  :突然入ってくるわ、人のこと殴るわ、何なんだお前!

隆史:何だじゃねぇ!
  :お前こそ祐希に何してんだ!

悟史:泣くから慰めようとしてただけだよ、邪魔すんなよ

隆史:泣かしてんのお前だろ!

悟史:はぁ?
  :俺のせいなわけあるかよっ

隆史:明らかに嫌がってただろうがっ
  :ほら来い、祐希
  :とりあえず俺の部屋に移動な

悟史:おい、横暴すぎんだろ!

隆史:うっせぇ、大事な話があるんだよ

祐希:え、あ、ちょっ

有無を言わさぬ勢いで腕を捕まれ、隆史の部屋へと連れて行かれる。
ドアが閉まると同時にジロジロ顔を見られ、いたたまれずに顔をそらした。

祐希:なんだよ……

隆史:悟史に、何かされたか?

祐希:何か?

隆史:キスとか、それ以上とか?

祐希:な、ないよっ
  :てか押し倒されてたのも、悟史が悪いわけじゃないから!
  :お、俺が、全部悪い

隆史:なんでだよ
  :悟史がお前を好きで、ああなってたなら、お前が襲われてたんだろ

祐希:ちがっ!ちがうから!!

隆史:あんな困った情けない顔してたくせに、なんで悟史庇うんだよ
  :そういやほとんど抵抗してなかったよな?
  :まさか嫌じゃなかったとか?
  :やっぱ悟史が好きなのか?
  :悟史と付き合う気で、だから黙って押し倒されてたのかよ!

祐希:違う違う違うっっ
  :抵抗出来なかったのは理由が……
  :っていうか、本当に、悪いの俺だから
  :ごめん、ごめんなさい
  :(ああくそ、また涙が……)

隆史:おい、泣くなよっ
  :泣いてねぇで、
  :なんで悟史じゃなくて祐希が悪いのか説明しろって!

祐希:だって、俺が……
  :俺が、隆史のこと、好きになったのが悪い

隆史:はぁ?

祐希:ごめん、気持ち悪よな、ほんと、ごめん

隆史:いや、別に、気持ち悪くは……

祐希:泣いてるからって、気ぃ使わなくていいよ
  :男同士で好きとか、俺だって気持ち悪いって思うもん
  :でも悟史はさ、俺が隆史のこと好きって知って
  :逆に俺を好きになってくれたんだよ

隆史:は?なんだそれ?

祐希:隆史に彼女できて落ち込んでる俺を、ずっと慰めてくれてたの
  :隆史の代わりにしていいよって、言ってくれてた

隆史:俺の、代わり……

祐希:そうだよ、悟史、優しすぎんだよ
  :あんまり優しいから、甘えて、甘えすぎて
  :だからさっきのは俺の自業自得なんだ
  :好きって言ってくれる相手に期待させた、俺が、悪い

隆史:あー……
  :それで、嫌とも言えずに、押し倒されてたってのかよ

祐希:ごめん、悟史のことも、俺が悪い
  :俺が誘惑したようなもんだから、気持ち悪いの、俺だけだから
  :俺のことは切っていいからさ
  :だから悟史は許してやってよ

隆史:待て待て待て
  :切っていいって何?

祐希:だって俺と親友続けんの、もう、無理だろ
  :俺、恋愛感情で、隆史のこと好きなんだから

隆史:あーその、俺だって……
  :俺も、祐希が、好きなんだけど

祐希:気ぃ使わなくっていいってば
  :それとも、泣いたから同情してんの?

隆史:違うって、本気で言ってる
  :俺も、恋愛感情で、祐希が好きだ

祐希:ばかっ!
  :そんなの信じられるわけ無いだろ
  :彼女持ちが何言ってんの

隆史:それだけど、俺、彼女とは別れてる

祐希:は?なんで?まじで?

隆史:マジで
  :なんかやっぱ違うって気がして、
  :彼女と遊ぶより祐希と遊びたいなって思うこと増えて
  :そしたら、振られた

祐希:振られたの?

隆史:うん、そう
  :ただまぁお互い様っつうか、
  :向こうもなんか違うって思ってたみたいだから
  :どっちが先に言い出したかってだけの話だよ

祐希:そ、っか……

隆史:それよりさ、彼女と付き合ってた時の違和感の理由、
  :さっきわかったんだよ

祐希:違和感の理由?

隆史:祐希が悟史に好きって言われてるって聞いて、
  :めちゃくちゃ頭に血ぃのぼった
  :絶対許せないって思って、ああ、俺も祐希が好きなんだ、って

祐希:待って待って
  :さっき言ってた許せないっていうの
  :男同士で付き合うなんてありえないって話じゃなくて?

隆史:男同士がありえないとか、気持ち悪いとか、
  :俺は一言も言ってねぇよ
  :なんか、誤解してるみたいだけど
  :俺が許さないって言ったのは、悟史と、っていうか
  :祐希が俺以外と付き合うの、許せそうにないわ

祐希:それって、隆史、俺と付き合いたいの?

隆史:そりゃ好きなんだから付き合いたいに決まってんだろ

祐希:ほ、本気で?

隆史:さっきから全部本気だけど
  :なぁ、信じろよ、俺を

祐希:信じたいよ、信じたいけど、でも……

隆史:俺ら、両想いだぞ?

祐希:うぅっ……
  :(そんな事言われたら……)
  :(また泣いちゃうじゃん)

隆史:泣くなって
  :それとも嬉し泣きか?

祐希:わか、っないっ
  :嬉しい、もあるけどっ
  :でも喜んでいいのか、わかんなくて

隆史:そこは素直に喜べよ
  :でもって、俺を好きだっていうなら、頼むから、
  :俺以外の男には触らせんな
  :さっき、悟史に押し倒されてるの見て、
  :とっさに殴っちゃうくらい嫌だったんだ
  :これからは、俺にだけ、触らせてよ

祐希:隆史だけ、って……
  :本気で俺に、そんなことしたいって思うの?

隆史:好きなら当然だろ

祐希:男同士なのに……

隆史:まだそれ言うかよ
  :好きって気持ちに性別なんか関係ないだろーが

祐希:(おんなじこと、言ってる……)

隆史:っつーかそんな気になるなら試してみりゃいいんじゃね?

祐希:試すって?

隆史:んーじゃあ、キスでもしてみる?

祐希:き、きす!?
  :俺が相手で出来んの??

隆史:出来るよっ

引き寄せられたかと思うと、唇にふにっと柔らかな感触が押し付けられる。

祐希:(あ、隆史とまじで、キス、してる……)
  :(どうしよ、嬉しい)
  :(気持ち悪いとか、全然思えない)

隆史:ほら出来た
  :俺は全然気持ち悪くなかったぞ
  :むしろめっちゃ良かったしもっとしたい
  :祐希は?

祐希:お、俺も、嬉しいばっかりだった

満足げな顔がまた近づいてきて、何度もちゅっちゅと唇をついばんでいく。

祐希:(隆史のキス、すげー気持ちぃ)
  :(男とキスなんてしたら、もっと気持ち悪いはずって思ってた)
  :(実際はこんなにも満たされてる)
  :(ごめん悟史、俺、やっぱ……)
  :(隆史じゃないと、ダメみたいだ)
  :隆史、俺……

隆史:好きだよ祐希、俺と、付き合ってよ
  :なぁ、頼むから

祐希:うん

やったぁと満面の笑みを浮かべる隆史に、これからは恋人としてよろしくと返して、後で一緒に悟史に謝りに行こうと笑いあった。

<終>

後日談を読む→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。