初恋は今もまだ1

目次へ→

 紛れも無く初恋だった。その想いに気づいたのは中学卒業間近の事だが、いつから好きだったかなんてわからない。恋なのだと自覚したのがその時期というだけで、あまりに近い相手を想っていたせいで、ずっと恋に気付けていなかっただけだった。
 同じ高校への進学が決まっていたし、親友という関係を壊したくはない。けれど気づいてしまった気持ちを、隠して抱えて押し殺すなんて事が出来るキャラじゃなかった。
 結果、気持ちは相手にぶちまけたし、親友という関係も継続した。要するに、勝手に自分が片想いをしているだけというのを、相手も周りも巻き込んでオープンにした。
 人目をはばからず好き好き言いまくったのと、相手がそれを許容したことで、高校時代は公認カップル的な扱いを受けたりもしたが実情はもちろん違う。本当に付き合ってるのかと聞かれたら、正直に自分の片想いと返していたし、相手も親しい友人たちも同様だった。単に仲の良すぎる友人というわけではなく、片想いを認める発言はしていたから、それなりに外野からの茶々も入ってはいたが、それで自分や相手や友人たちの何かが大きく変わるようなこともなく、高校の三年間は過ぎていった。
 さすがに高校卒業後の進路は別れたが、大学時代はやっぱりそれなりの頻度で集まって遊んだし、社会人となっても地元に残ったメンバー中心に年に数回は顔を合わせる仲を続けている。
 顔を合わせれば懲りずに好きだと繰り返して、もう何年になるだろうか。どちらかに、もしくは互いに、恋人が居るような時もあってもはや好きという言葉には何の重みもない。まだ言ってる程度のお約束的挨拶と成り果てた今も、その恋が朽ちては居ないと知るのは自分自身だけだ。でももう、それで良いのだと割り切れている。
 なのに。
「俺、男好きなったかもしれない」
 居酒屋で飲み始めて数時間、大分酔いも回った頃に、そんな爆弾発言をポロリとこぼしたのは、未だ想い続けているその人だった。
「は?」
 呆気にとられてただただ相手を見つめる自分と違って、周りはさっそく次々と好奇心あふれる質問を飛ばしている。こんな自分を受け入れてくれている仲間なのだから、同性相手の恋愛事に嫌悪を示す奴など居るはずもない。
 でも誰ひとりとして自分を気遣う様子を見せないから、やはり自分の想いは完全に過去のものとして扱われているようだった。
 相手は会社の後輩で、というか今年の新人で、ちょっと抜けてるところもあるけど一生懸命で、犬っころみたいに懐いてくれて可愛いらしい。
 なんだそれ。女の好みとほぼ真逆じゃないか。というかなんで今さら。完全な異性愛者だと思っていたのに、実は男も有りだったかもなんて知りたくなかった。聞きたくなかった。もちろん男なら誰でもいいわけがなくて、自分とその後輩とではきっと決定的な何かが違うのだろうけれど、それが何かなんて聞けるわけもないし、聞いたところで自分が変われるわけでもない。
 わかっていても胃の中がムカムカとして気持ちが悪く、思わず口元を押さえて立ち上がった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP