俺が本当に好きな方1

CHAT NOVEL@CHATNOVEL)さんで公開された「俺が本当に好きな方」(リンク先は試し読みのWeb版で3章まで読めます)がアプリで読めなくなったので全文公開します。

目次へ→

1章 双子の弟

【一学期初日のざわつく教室】
自分の席を確認し席に着くと、隣の席の男に声をかけられた。

悟史:なぁなぁ

祐希:なに?

悟史:俺のことわかる?

祐希:隆史の双子の弟、だろ
  :ちゃんと話すの初めてだけど、確かに顔は隆史そっくりだな
  :(髪切ったら簡単には見分けつかなくなりそう)

悟史:悟史だよ
  :そっちは祐希だろ?
  :俺も祐希って呼んでいい?

祐希:別にいいけど

悟史:やった!
  :ありがと
  :ずっと気になってたんだ
  :同じクラスになれて嬉しいよ
  :席も隣だし、これからよろしくな

祐希:気になってた?
  :なんで?

悟史:なんで、って、隆史の親友だろ?
  :あいつが親友とか呼んでるの祐希だけだし
  :よく自慢とかノロケとか聞かされてたし

祐希:え、自慢とかノロケとか?
  :あいつ、弟相手に何話してんだよ

悟史:どこそこ行ったーとか、それで祐希があーしたこーしたとか
  :それが面白かったとか、笑ったとか、あと、可愛かったとか

祐希:かわっ!?
  :(時々可愛いとか口走ってることはあったけど……)
  :(くっそ、恥ずかしい)
  :(……のに、嬉しい)

悟史:照れた〜w
  :あー……でも、そうだな
  :ちょっと可愛いとか言いたくなるの、わかるかも

祐希:それはわからなくていいよ
  :(元気で騒がしい隆史と違って、)
  :(落ち着いた感じだと思ったんだけどな)
  :(男に向かって、簡単に可愛いって言っちゃうんだ)
  :(やっぱ性格もちょっと似てるのかも……?)

クラスが別れて気持ちの整理が出来るかもと思っていたが、隣の席がよく似た弟では、隆史のこと考えずにいられないと思いため息が漏れる。

祐希:はぁ〜……

悟史:あれ、可愛いとか言われたくなかった?

祐希:いやまぁ、それは別にいーけどさ

史:じゃあそのため息は?
  :あ、やっぱ隆史とクラス別れて寂しかったりする?

祐希:あー……いや、別に
  :寂しいわけじゃ……

悟史:強がんなくていいのに〜
  :二人の仲の良さは知ってるし
  :てか隆史はめちゃくちゃ残念がってたよ?

祐希:そ、そうなんだ
  :(そう聞くと、やっぱちょっと嬉しいもんだな)
  :今日ギリギリ登校でまだ会ってないんだ

悟史:てわけで、祐希も寂しいって認めとこ
  :隆史ばっかりの片想いじゃ可愛そうだろ〜

祐希:ちょ、ばっ、何言ってんの

悟史:じゃあさぁ
  :祐希は寂しくもなんともないって言ってたよー
  :って、後で隆史に言っていい?

祐希:それはダメ!

悟史:ほら、ダメなんじゃん

祐希:わかった、認める
  :認めるから!

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。