彼女を欲しがる幼なじみの恋人になってみた

目次へ→

 座卓の上に参考書と問題集を広げながらも、一向にペンの進まない1学年下の幼なじみは、不貞腐れた顔で友人の悪口を並べ立てている。
「そいつ、親友じゃなかったのかよ。彼女出来たって真っ先に紹介までされてんのに、酷い言い様だな」
「親友だけど! おめでとうって言ったけどっ! でもおめでとうなんて思える気分じゃねーんだもん」
 とうとう机に突っ伏して、俺だって彼女欲しいー彼女欲しいーと繰り返し始めてしまって、鬱陶しいことこの上ない。
「だからって口に出すな。というか俺に聞かせるなよ。後、さっさと勉強しろ。なんのために俺がここに居ると思ってんだ」
「かーちゃんのメシのため。それと金」
「間違っちゃいないし、おばさんのご飯おいしいけどさ」
 なんせ、彼の母にお金払うから勉強見てやってと頼まれた時、月謝額を引く代わりに勉強を見に来る日の夕飯をねだったのは自分だ。
「ご飯作って貰った上、格安とはいえ一応月謝も貰ってる身としては、お前に勉強してもらわないと困るんだけど?」
 大学生の貴重な夜の2時間を提供してやってるのに、友人の悪口を聞かせて終わらせるつもりなのか。
「今日はとてもじゃないけど勉強なんて出来る気分じゃない……」
「そんな時でも頑張るのが受験生なの。お前、自分が希望大学ギリギリ掠るかも程度の学力しかないって、自覚ある?」
 もう12月だぞと言ったら、クリスマスどうしようと返されて、まったく会話が噛み合わない。
「あいつ今年は彼女とクリスマス過ごすからって張り切っちゃってさー。去年までは俺と、他の友だちも誘ったりして遊んでたのに」
「お前にクリスマスやってる余裕なんてねぇよ。誘いがないなら丁度いいから勉強しとけ」
「クリスマスまで勉強とかふざけんな。受験生にだって潤いは必要だっ」
「今まで潤ってたんだからいいだろ。部活三昧で青春してきた代償がこの成績じゃないのか?」
「部活は楽しかったけど、でも全然モテなかったし潤ってはないだろ。彼女出来るどころか、女の子が見に来てくれる事もないとか思わなかった」
「人数ギリギリ弱小サッカー部じゃな」
「そこまでギリギリでも弱小ってほど弱くもなかったよっ!」
 声音が本気になってきたので、悪かったと言って一旦引いた。けれどやはり、それだけ思い入れのある部活生活を送ってきたのだから、充分じゃないかと思ってしまう。
「あーうぁあーこのままだと俺、童貞のまま高校卒業しちゃうーうぅー」
 こちらが謝って引いた事で調子に乗ったのか、まるで駄々っ子のように、妙な節を付けながら声を張り上げる。
「うるせぇっ!」
 思わず頭をはたいてしまったら、思いのほか力が入っていて、鈍い音が響いた。
「痛っ。暴力反対。生徒に手ぇあげていいんですか先生っ!」
「都合よく先生扱いするな。てか別に、童貞のまま高校卒業する奴も、彼女いない歴イコール年齢って高校生も、そんなん大勢いるだろ」
「そんなの、中学で童貞捨てたモテ男に言われてもなんの慰めにもならないですぅー」
「女の子にモテたからって、人生そう潤うわけでもないんだけどね」
「非童貞の余裕!? わームカつくー」
 投げやりな声音に大きくため息を吐いた。
「お前、本当に今日はやる気ないな」
「だからそう言ってんじゃん」
「どうしたらやる気出るんだよ」
「俺にも彼女ができたらやる気出す」
「嘘つけ」
「んなことないよ。彼女いたら受験勉強だってもっと張り合い出ると思うし」
「それ、本気で言ってんなら、俺と付き合ってみる? 彼女じゃなくて彼氏だけど」
「は? 何言ってんの?」
「お試しでお前の恋人やってやるから、やる気出してみろって言ってんの」
「冗談っ。男と恋人になったってやる気なんかでるかよ」
「もしそれで本命大学受かったら、女の子紹介してやるし、卒業前に童貞も捨てさせてやる。って言ったら?」
 ウッと言葉に詰まって考える素振りを見せたから、どうやらそれは彼にとって魅力的な提案だったらしい。
「今すぐ女の子紹介してくれたりは……?」
「するわけないだろ」
「ですよねー」
「言っとくけど、俺の扱い方みて紹介する女の子決めるつもりだから、お試しだからってあんまり適当に扱うなよ」
「うええっマジか」
「別に強制する気もないし、正直、お前が受験失敗したって俺が困るわけじゃないんだよな。わざわざ恋人の真似事してやったり、女の子紹介したりする義理もない……って考えたら、あれ? なんか俺のメリットない気がしてきたかも。ゴメン。割にあわない提案した。やっぱナシに、」
「待って! 付き合う!」
 こちらの言葉を遮って彼が言葉を挟んできた。
「えー……」
 渋ってしまったのは、自分自身が発した言葉で冷静さを取り戻していたからだ。だって確かに、オカシナ提案をした。
「やっぱナシは無しな」
「本当に俺と恋人するの?」
「するする。だから大学合格したらよろしく」
「じゃあ取り敢えず、本気出してその問題集解く所から始めようか」
「はーい」
 随分と良い返事と共にようやく問題集へ取り掛かる姿を見ながら、妙なことになってしまったと思った。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP