彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(目次)

キャラ名ありません。全10話。
高校3年生×大学1年(視点の主)。幼馴染。
幼馴染の親に頼み込まれて家庭教師を引き受けた視点の主が、彼女が居たら受験勉強頑張れるという幼馴染に、彼氏だけどと恋人ごっこを持ちかける話。
クリスマスから卒業までの4ヶ月を、季節イベントに絡めて書いていこうというチャレンジをしてました。
最終的にごっこではない本当の恋人になります。

エロ描写があるのは最終話だけです。一応タイトル横に(R-18)と記載してあります。

1話 恋人になってみた
2話 クリスマス・イブ
3話 クリスマス
4話 初詣 1
5話 初詣 2
6話 バレンタイン
7話 ホワイトデー
8話 卒業 1
9話 卒業 2
10話 卒業 3(R-18)

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(卒業3・終)

1話戻る→   目次へ→

 それなりの準備は自分でしてみたものの、今まで弄ったり、ましてや拡げようなんてしたことがないその場所を、男と繋がるための性器に変えるのは大変だった。
 さっさと童貞を捨てたいだろうに、相手が思いのほか辛抱強く、慣らす行為にむしろ積極的だったのは助かったが、でもその分めちゃくちゃ恥ずかしい。恥ずかしさから早く入れろと思う気持ちと、痛いの嫌だし十分慣らされたいって気持ちとの間で揺れる。
「うっ、……ぁっ……」
 指を増やされたせいで、苦しげな息が漏れているのが自分でもわかる。
「ゴメン、辛い? 戻す?」
 戻すというのは、指を減らした状態でもっと慣らすかという意味らしい。
「痛く、ないから、へーき」
 そのまま続けろと言えば、辛かったらちゃんと言ってよと、頼りなげな声が掛かったものの、埋められた指の動きが少しずつ大きくなっていく。
 セックス中、感じている演技をする女性が少なからず居るらしいが、自分が抱かれる側になってその気持ちが少しわかる気がした。もう少しアンアン出来れば、きっと相手も安心して先に進めるだろう。
 うん、でも、無理。ちょっとそれどころじゃない。
 自分の体に起こっている未知の感覚に、慣れるだけでも精一杯だった。
「ふあぁっ、ん……んぁあっ、あっ……」
 それでも意識すると少しは変わるらしい。恥ずかしい気持ちをねじ伏せて口を開き、少しでも気持ちが良いと思った時にはなるべく声を出してみた。
「ここ? これ? これ気持ちいいの?」
 素直に聞いてくるから、恥ずかしさは倍増する。ばかやろうと思うのに、でもそんな憎まれ口を叩く気にはならなかった。
「ぁあ、ん、た、多分、きもちぃ」
「わ、わかった」
 そんなやり取りを何度か繰り返せば、最初は気のせいみたいだった僅かな快感が、はっきりと自覚できる大きさに膨らんでいく。自分の体のことだけれど、まさか本当に感じ始めるとは思っていなかったので、驚きと安堵が入り混じって、喘ぎながらもなんだか泣きそうになった。
「えっ、ど、どうしたの?」
 すぐに気付かれたが、どう説明していいかなんてわからない。
「な、なんでも、なっ」
「なんでもないわけないだろっ。何? 言って。教えて。嫌になったなら止めるから、だから、泣かないでよ」
「バカかっ」
「酷っ」
「ちゃんと、気持ちぃの、びっくりしてる、だけ」
「本当? 本当に気持ち良く、なれてる?」
「ほん、と」
 演技で喘げるほど慣れてねーよなどと言える余裕はもちろんなかったが、それでも相手は嘘とは思わなかったようで、安心した様子で嬉しそうに笑った。
「ね、じゃあ、そろそろ、いい?」
 必死で頷けば、涙の浮きかけた目元に唇が落ちた後、きざったらしいことすんなと言うより先に、体の中に埋められていた指が引きぬかれていく。
「んあぁぁあっ」
 ぞくぞくと背筋を走る確かな快感に声を上げた。
「だいじょうぶ?」
「いちいち聞くな、バカ」
「だって気になる」
「いいからさっさと来いよ」
「待って今ゴム着ける。というか、指入れてる時とのギャップ凄いんだけど」
「うっ……っるさいな。余計なこと言わなくていいから早くしろって」
「えーもーどんだけ可愛いくなる気なの」
「は?」
「可愛いよ。凄く、可愛い」
「はぁああ??」
 言葉をなくしてはくはくと口を開けたり閉じたりしている間に、ゴムを着け終えた相手が足の間に割り入ってくる。
「そんなビックリされると、こっちもビックリだよ」
「いやだって、お前、か、かわいい……って……」
「好きな相手可愛く思うのなんて、当たり前のことだと思ってたけど」
「う、…あ、ああ、うん。そ、そうか」
「そこで照れちゃうのもビックリなんだけどさ。あの、本当に、大好きだから。だから、その、初めてだし、その」
 もごもごと口ごもる相手に、だって童貞だもんなぁと思ったら、少しだけ気持ちが落ち着いた。
「ああ、うん。大丈夫だからおいで。ちゃんと童貞、貰ってやるから」
 伸ばした手で相手の腕を掴み、そっと自分に引き寄せる。相手は少し困った様子で、ギャップ凄すぎと苦笑した後、ゆっくりと挿入を開始した。
「んっ、んんっ、ぅああっっ」
「ご、ごめっ」
「あやまんなっ」
 平気だからとむりやり笑って見せたら、カッコイイのに可愛すぎて困る、なんてことを呟くように漏らしながら腰を進めて来る。
 さっきから人を可愛い言いすぎだ。童貞丸出しでいっぱいいっぱいのお前だって、こっちからすりゃ相当可愛い。
 なんてことを言える余裕はもちろんない。だから無事に繋がれたあかつきには、まずは童貞卒業おめでとうと言って思いっきり頭でも撫でてやろうと思いながら、詰まりそうになる息を意識的に吐き出した。

<終>

ダラダラと長い期間お付き合いありがとうございました。この二人のお話はこれで終わりたいと思います。

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(卒業2)

1話戻る→   目次へ→

 改めて告白されて了承し、晴れてごっこの付かない恋人という関係に収まった後、じゃあ行こうかといって連れてきたのはラブホテルだった。
 相手は黙ってついて来たけれど、緊張と期待とでずっとこわばった表情をしている。
「先に言っとくけど、さすがに俺も男相手初めてというか後ろは使ったことないから、一応童貞貰ってやるつもりはあるけど、突っ込めない可能性もあると思う」
 期待されすぎも困るし、出来れば理性ぶっ飛ばしてガツガツ来られるのも勘弁して欲しい。なんてことを思いながら口にした言葉にも、この展開にいっぱいいっぱいらしい相手の返答はない。
 まぁ童貞卒業は当分先の覚悟とともに告白してきのだろうし、当然の反応なのかもしれない。
「じゃあちょっと準備してくるから」
 持ってきた荷物ごとバスルームへ向かおうとしたら、慌てた様子でその腕を掴まれる。
「どうした?」
「ど、どうした、じゃなく、って!」
 つっかえつっかえながらもようやく出てきた声は少しかすれていた。
「え、あの、本気で俺に抱かれる気、なの?」
 ここまで付いて来て何を言い出しているんだ。
「そりゃまぁ、お前抱いてもお前の童貞卒業にはならないし」
「てか約束守るつもり、あったの?」
「なに意外みたいな顔してるんだよ。お前だって、約束守れって言い続けたら俺が折れると思ってただろ」
「それは、そうだけど、でも……嫌なんだと、思ってたから……」
「あー……もしかして、考えろは時間稼ぎとでも思ってたか?」
「それもあるんだろうとは思った。告白したら受けてやるって意味なのはすぐわかったけど、正直、恋人って状態でなぁなぁでごまかされて飼いならされるのかと……」
 思わず口をあんぐり開きそうになった。いやまぁ、あまりいい恋人にはならないだろうと、そう思わせるようなことを言った記憶は確かにあるけれど。
「そう思ってて、なのに告白してきたとか、逆に凄いな」
「だって諦めきってた相手が、そんな餌ちらつかせてきたら、罠だろうと毒だろうと食うに決まってる。実際恋人ごっこもなんだかんだ楽しかったから、ごっこのつかない恋人になっても、童貞卒業出来なくっても、多分きっと楽しいこともあるだろって思って」
「お前、健気すぎ」
「うるさい。人の純情弄びやがって」
 あんたって昔っからそうだよなと、諦めの滲む声とともに肩をがっくり落とされる。
「昔っからって、俺、そこまで酷いことお前にしてた?」
「俺の初恋も、ファーストキスも、誰だと思ってんの?」
「は?」
「しかもすっかり忘れてんだろ。薄情もん」
「え、ちょっと待った。話がさっぱり」
「いいよもう。お試しで恋人も、ただの思いつきだったんだろどうせ。知ってるから」
「待った待った待った。え、お前、元から俺が好きとかないよな? あんなに彼女ほしがってて、俺を好きとかないないない」
「そりゃ一回きっぱり諦めてますんで」
「いつ?」
「あんたが童貞捨てた頃。というかあれって俺へのあてつけじゃないの?」
「あー…………そうだった、かも」
 一つ下の幼馴染がしつこくまとわりついてくるのが鬱陶しくて、だんだん体がでかくなって生意気になってくるのも腹が立って、なんだったか些細な事で喧嘩して、むしゃくしゃしながら女の子とそういう事をして、童貞捨てたと報告して以降はしつこく遊びに誘われるのがなくなって、追い払うの大成功と思ったような気がする。
 というか、先に背が伸びた相手に、力で押さえつけられてキスされて、激怒したのが喧嘩の原因だったような……
 ああ、なるほど。自分のファーストキスの相手もこいつだったわ。
 嫌がらせと思ってたし、年下に力負けしたのも悔しかったし、完全黒歴史として記憶を抹消していた。
 黙って相手を見つめてしまえば、思い出した? と聞かれて、少しと返した。
「好かれてたとは思いもしなかった」
「それはまぁ、俺にも原因はあるってわかってる」
 ガキだったからと自嘲する姿に、そう思うと本当に対応が大人になったと思う。
「お試しで恋人は確かに思いつきだったけど、そのお試し期間に俺の気持ちを動かしたのは、間違いなくお前自身だよ」
 吐き出す声は穏やかだった。
「考えろって言ったのは時間稼ぎってわけじゃなくて、もう失敗したくないと思ったから。お試し恋人なんて曖昧なことをやって、お試しだってのに、気持ちがお前に引きずられて育ってくのが怖かった。だからもう、お前と曖昧な状態で関係を進展させるのが嫌だった。本当に、それだけだよ」
 セックスするなら恋人って状態でしたかっただけと言ったら、相手は驚いた様子で目を何度か瞬かせる。
「そういやちゃんと言ってないもんな。ごめんな。俺も、かなり本気で、お前を好きだよ」
 好きになったよと繰り返したら、相手の顔が泣きそうにくしゃりと歪んだ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(卒業1)

1話戻る→   目次へ→

 失敗しちゃったーという連絡が、紹介した女の子から来たのは、三月終わりの日曜の昼ごろだった。何を失敗したのかと、あまり考えずに返信したら、すぐに童貞貰う前に別れちゃったゴメンと返ってきて、焦りのような諦めのような安堵のような、どれともつかない感情がため息になってこぼれ落ちる。
 きっと元々かなり無理のあるお願いだったのだろう。ごっこの間に、想いを育てすぎてしまった。気付いていたのに、気付かないふりで、最初の約束を押し付けて逃げたのは自分だ。
 ありがとうと送ったら、今度は本命さん頑張ってと返ってきたので、さすがに苦笑するしかなかった。
 友人であるその彼女を味方につけたのか。そうしてこちらの退路を断つのか。なのに苛立ちよりも喜びのが大きいのだから、彼とともに育ててしまった想いはなんとも厄介なものだった。
 未練で包んだまま手付かずで置いていた、机の上の可愛いデザイン缶を手にとって、意を決して蓋を開ける。彼の想いを受け入れる覚悟のようなものと共に、中に入っていた飴を一つ、口の中に放り込んだ。
 彼自身からの連絡は何もなかったが、数時間後に鳴った呼び鈴に、直接来たのかと思う。耳をすませば、母親が応対する声が微かに聞こえ、ホワイトデーの時同様に彼を家に上げる。
 そのまま意識を集中し続ければ、階段を上がってくる足音と共に彼の気配が近づくのが、はっきりと感じられる。椅子ごと向きを変えて部屋のドアを見つめて待てば、トンと申し訳程度にドアを叩いた後で彼がドアを押し開いた。
 まさか真正面に向き合うようにして待たれているとは思っていなかっただろう。えっ、という形に開かれた口からは、けれど音は漏れなかった。
「お前が来るの、待ってた」
「……そう」
 入口で固まってしまった彼を、取り敢えず部屋に入れと促しながら、別れたって聞いたと伝える。
「何か、言ってた?」
「童貞貰うの失敗したから本命さん頑張って」
 相手は明け透けなまでに筒抜けだなと苦笑した後、知ってたけどと続ける。
「で、頑張ってくれる気、あるの?」
「それ、童貞卒業させてやる。って約束を果たせって意味だよな?」
「ここまでギリギリだと、もう、次の女の子紹介するのも無理だろ?」
「そうだな」
 静かに肯定を返したら、あからさまにガッカリされたので、こいつはいつからこんなだっけと不思議な驚きに包まれた。抱かせてやるなんて言うわけがないことを、今の短な返答から察したらしい。
 こちらの態度や僅かな言葉を読んで、慎重に対応し始めたのはいつ頃だったろう。
「一つ聞かせて。彼女はいつからお前の味方だった?」
「最初から。待ってって言ったのに帰っちゃうから、ちょっと腹が立ったのもあって、洗いざらい話して協力して貰ってた」
「まぁ、そうだよな。というか、洗いざらい吐かされて、ノリノリで協力されたが正しい気がするけど」
 合ってるだろ? と聞いたら、あの人凄いねと返ってきたから、そうだろと笑ってやった。
「怒ってる?」
「なんで?」
「はめようとしたから?」
「でも失敗してる」
「あー……まぁ、そうだろうなとは思ったけど、やっぱ、ダメ?」
「ダメ」
「約束したろ」
「したね」
「約束守れよ」
「本気でそれ主張し続けるつもりか?」
「だって言い続けたら、折れそうな気がする」
「まぁ、確かにそれは当たってるよ。でも本当にそれで良いのかもう少し考えな。今月が終わるまで、まだ数日あるだろ」
 今日は帰れと言ったら、大きなため息とともにわかったと返される。
「ああそうだ。ホワイトデーの飴、美味かったよ」
 回れ右して部屋のドアノブに手をかける相手の背中に声をかけた。パッと頭だけ振り向いた相手が、何かを探るように見つめてくる。彼女が最初から味方だったなら、きっと飴の意味はこいつもわかっているだろう。
「嬉しかった」
 意識的に柔らかな微笑みを作ってやれば、相手が少し動揺したようだったから、多分想いは伝わったのだろうと思った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(ホワイトデー)

1話戻る→   目次へ→

 本命大学に合格を決めた相手に、約束通り女の子を紹介した。今月中に童貞捨てさせてやってという赤裸々なお願いに、笑ってOKをくれるような女の子だけど、まぁ約束は約束だし、その後どうするかは本人たちが決めればいい。
 合格祝い渡すから出てこいと呼び出した相手は、こちらが女連れだったことに最初めちゃくちゃ驚いて、その女の子こそが合格祝いと気付いた後はめちゃくちゃ慌てていたのを覚えている。
 約束しただろと言いながら女の子を紹介した後は、自分だけさっさと帰宅したが、コミュ力の高い女の子だしなんとかなるだろと思っていた。その予想は外れることなく、夜には女の子の方から、お付き合いを開始した旨の連絡があった。正直ホッとした。
 引き止められたのを置いて帰ったからか、相手からはその後まったく連絡がない。でもまぁいいかと放置していたら、昨日、久々に彼が家に訪れた。
 玄関で対応したのは母だったから、要するに、気付いた時には自室に上がり込まれていた。
 ムッとした表情で突き出された袋を、反射的に受け取ってしまったが、最初それが何かはわからなかった。
「何これ?」
「ホワイトデー」
 律儀だなと思ったら少し笑ってしまった。
「お返しなんて要らなかったのに」
「でもなんか高そうなチョコだったし」
「まぁ安いもんではないけど。でもその分、量も少なかったろ」
「てかさ、あれ、本命チョコとは違ったの?」
「どういう意味?」
「あんな本気っぽいチョコ、くれると思ってなかったから、凄く嬉しかったんだけど」
 何やら不穏な発言を、どうやって受け流すかを考える。これは絶対、突き詰めたらいけない話題だ。
「本気っぽいって、そりゃあの時点では一応恋人だったんだから、それなりのもの渡すだろ」
「今は? というか、俺達ってやっぱ別れたの?」
「は? いやだってお前、そういう約束だったろ。お前が大学合格決めた時点で、終わりに決まってんだろ」
「そ、っか。まぁ、わかってたけどさ」
 でも俺、けっこう本気で好きになってたよ。という呟きのような言葉は、聞こえなかったふりをした。
「ね、最後に一回、キスさせて」
「ダメ」
「どうしても?」
「だってお前、彼女居るだろ。しかもそれ、俺の友人だからな?」
 不誠実だろと言ったら、苦笑しながら、意外と誠実だよねと返された。意外だなんて失礼だ、とは思えず、やはり自分も苦笑を返した。
「まぁ、性に緩いタイプと思われてるのは知ってる。別に間違いでもないよ。ただそれは、相手によるってだけ」
 お前にそういう真似はして欲しくない。とまでは言わなかった。
「キスがしたいなら、彼女としろって」
 そうすると返されて、胸の奥のほうが少し痛くなった。でもそれも、気付かなかったことにする。
「あのさ、本当に、ありがとう」
 何に対する礼かは聞かず、どういたしましてとだけ返した。
 そんな、昨日交わした久々の会話を、なんとなく繰り返し思い出す。あれで良かったのだとはっきり思うのに、少しずつ胸の痛みが広がっている気がする。
 机の上に置かれている小ぶりの可愛いデザイン缶を見つめた。昨日渡されたお返しだ。
 中身は飴だとわかっているけど、フタを開けることすらしていない。
 お返しの意味なんて考えているとは思えないけれど、これに彼の想いが込められている可能性を考えてしまったら、とても食べられる気がしなかった。これ以上、未練と向き合いたくなんかない。
「俺だって、けっこう本気で、好きになってたよ」
 伝えられたかもしれない最後のチャンスを、思いっきり跳ね除けたのは自分だ。でもきっとそれでいい。あんな形で始めたごっこ遊びの恋が終わったことを、安堵する気持ちも確かにある。
 ばかみたいな失恋に胸の奥が痛んでも、後悔はしてなかった。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(バレンタイン)

1話戻る→   目次へ→

 滑り止め含めて当然幾つか受ける入試の、最初の受験日前日に、早いけどバレンタインと言いながらキットカットを渡した。受験生ならキットカットの意味はわかるだろう。
 二月の頭だったから、バレンタインと言い切っても別にいいかと思っていたが、相手はありがとうと受け取った後、これってバレンタイン当日も期待していい流れだよねと笑ってみせた。ちょっとわざとらしい笑いに、内心舌打ちしたのを覚えている。
 バレンタインなんて行事をしてやる気がない事を、相手は瞬時に理解しただろう。まさかこれだけ? なんて反応だったら、当たり前だと返すつもりでいた。そこを当日も楽しみだと前座程度に扱われてしまったら、当日も何かしら用意しろと、暗に言われているも当然だ。
 ああ、やってやるよ。やりゃあいいんだろう。まんまとそういう気分にさせられた。
 長い付き合いだから、そう言われたら自分がどうするかを、相手はわかっていて言ったのだ。前の彼だったらあっさり不満を口に出していただろうから、最近の彼は自分相手にも結構頭を使って対応してきている。
 そんな所に脳みそ使ってないで受験に集中しろとも思うが、受験に集中した結果、全体的な頭の働きが良くなった可能性も捨てきれない。どっちにしろ厄介なことには変わりがないけれど。
 
 バレンタイン当日といえば、彼の本命校の受験日だ。まだ恋人ごっこなんてものを始める前、バレンタインに試験とか最悪だとぼやいていたのを覚えている。
 受験生なのにバレンタインなんて入試真っ盛りのイベントを気にするなんて余裕だなと思ったが、でもまだ入試の実感がないだけかもとも思った。あの時は確か、もし本気でお前に告白する気がある女の子がいたら、本命校の受験が終わった開放感の中で本命チョコ貰えるってことだぞと言ったような気がする。バレンタイン当日が本命校の受験日で本当に良かったと、彼があっさり意見を翻したのは言うまでもない。
 彼に本気の女の子が、試験後に本命チョコ持参で彼の元を訪れる可能性がどれくらいあるかはまったくもって不明だが、そんなことを言ってしまった手前、試験後に渡すのはなんだか色々躊躇われる。もしかしたら本当に女の子が訪れるかもしれないし、ごっこ遊びとはいえ恋人として明らかに義理とは言えないレベルの品を用意しなければならないなら、渡すのは朝しかないと思った。
 だって彼に渡すのは、義理とは言えないが当然本命とも言い難い、かなり中途半端なチョコなのだ。
 まぁ近所だし、彼が家を出るだろう時間だって簡単に予測はつく。
 だからバレンタインの朝、家の前を通る彼を捕まえて、かなり小さな箱を渡した。
「え、これって」
「お望み通り、用意してやったんだから持ってけ。これくらい小さきゃ、鞄にも入るだろ」
 どう考えたって質より量派だろう相手に、それの価値がわかるとは思えなかったが、キットカットよりは本気度が見えれば満足するだろう。
「じゃ、頑張ってこい。引き止めてゴメンな」
 マジマジと箱を見つめていた相手は、ハッと顔を上げると、満面の笑みで任せろと言った。
「まさか本命受験日の朝に応援見送りして貰えるなんて思ったなかった。すげー嬉しい。ありがとう。頑張ってくる」
 今にもスキップを始めそうなくらい喜びを溢れさせながら去っていく背中に、そこじゃないだろうという内心のツッコミは当然届かない。確かに結果的には応援見送りだったかもしれないが、こちらにその意図はまるでなかった。むしろ言われて初めて気付いたレベルで驚いた。
「まさかチョコ渡されたって気づいてないとか……?」
 ありえると思って頭を抱えたが、事実そうだった事を知らされたのは、それから少し後のことだった。気になって箱を開けたらしい相手からラインでメッセージが届いたからだ。
 チョコならチョコって言えよ!という短い文面の後、感謝や歓喜や愛情を示すスタンプを連続で送りつけてくる。
 大量のスタンプで流れていく画面を見ながら小さなため息を一つ吐き出して、こんなことやってる暇があるなら単語帳の一つでもめくっとけと、怒りスタンプとともに返信しておいた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁