彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(初詣2)

1話戻る→   目次へ→

 あちこちの出店を覗いてまわり、あれこれ食べつつ家族への土産も買って、自宅の最寄り駅に戻って来たのは5時頃だった。
 シンと静まり返る住宅街を並んて歩く。ぽつりぽつりと会話はあるが、さすがに疲れと眠さとで朦朧としている。
 ふわわと大きなアクビをしたら、隣の彼が付き合ってくれてありがとうと言った。
「良いって。これはこれで、なかなか楽しかったし」
 今回は受験生な幼なじみが相手だから付き合ったというだけで、きっともう二度としないけれど、人生一度くらいそんな経験があったっていい。
「いや、今日だけの話じゃなくてさ。お試しでも、ごっこ遊びでも、恋人になってくれてありがとって事」
「気がはやいな。それは大学合格してから言えよ」
「言いたかったんだからいいじゃん。そりゃ可愛い彼女ならなお良いのかもだけど、高校最後のクリスマスも年越しも、恋人と過ごせたってのが奇跡っつーかさ」
 嬉しかったんだもんと続ける口調の子供っぽさに思わず笑う。子供っぽさそのままに、彼は口を尖らせた。
「そりゃそっちはモテモテだから、こんなのたいした出来事でもないのかもだけどさー」
「いやこっちもそれなりに大した出来事だけどな。俺あんまイベント熱心じゃねぇから、年越しを神社でなんて初めてだったし」
「えっ? 初めてだったの?」
 そう言う彼は、今日程の規模の神社は初めてでも、過去に何度か友人たちと経験済みらしい。
「告白されて付き合ってみても続かないの、多分そういうの嫌がるせいなんだよな。あーあと、メールとかラインとか定時電話とかも面倒で、それも振られる原因か?」
「マジでっ!?」
 振られる側なのかと驚かれて、そうだと苦笑で返す。自分から振ることなんて殆ど無かった。そしてそんな事が続けば、だんだん特定の恋人を作ることに消極的になる。
 だからあの時、話の流れだったとしても、なんで自分から試しに恋人してやるなんて口にしたのか、今でも不思議で仕方がない。
「え、じゃあ、クリスマスの時の、十分恋人してるって、あれもしかして本気で言ってた?」
「当然だろ。歴代彼女よりお前相手のが色々してやってるくらいだわ」
「わーマジかー。俺にはお試しだからって手ぇ抜いた対応すんなとか言ってたの誰だよ」
「あー、確かに言った言った。でもそれ、女の子紹介のために取り敢えず形だけ付き合ってみましたって態度ありありなのは、さすがにこっちも腹立つかなってくらいの意味だわ」
「それさ、どっちかって言ったらそっちが、俺を勉強させるために取り敢えず形だけ付き合ってみました。って態度ありありだった気がするんだけど……?」
「そうか?」
「自覚ないとか割と酷い」
「嫌になったなら振ってもいいぞ。本命受かったら女の子の紹介はしてやるし」
「振らないよ勿体無い。ちょっとビックリしただけ。てか逆に、俺かなり優遇されてるっぽい感じもある」
 イベント嫌いなのに神社調べてくれてたし、初詣も一緒に行ってくれたし、自分の分の絵馬にまで俺の受験合格祈願してくれたしと続ける声は機嫌が良さそうだ。
「なんで?」
 ひょいっと目の前に回りこまれて足を止めれば、真剣な顔で見つめられた。
「なんで、って何が?」
「なんで、俺相手だと、嫌いなイベントごとも付き合ってくれるの?」
「お前が幼なじみで受験生で、一応金貰ってる立場だから?」
「それは正直にぶっちゃけ過ぎ」
 嘘でもお前が好きだからとか言ってよと苦笑する。
「ごっこでもお試しでも、今は俺が恋人でしょ。てわけでやり直しね」
 もう一度、なんで? と繰り返されて、思わずため息がこぼれ落ちた。
「お前が、好きだからだ」
「うん。俺も好きー」
 にっこり笑った顔が近づいてくる。
 屋外だし家の近所でもあるけど、どうせ周りに人なんて居ないし、もうかなり疲れてるしいい加減眠い。まともな判断が出来なくたってこれはきっと仕方がない。
 調子にのるなと頭を叩いてやりたい気持ちも、これ以上あれこれ許すのはマズイのではとチラリと過る思考も、そんな言い訳で押さえつけて目を閉じた。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼馴染と恋人ごっこ(初詣1)

1話戻る→   目次へ→

 初詣は言われるまでもなく一緒に行くつもりでいた。一緒に行って、一緒に彼の大学合格を祈願してやろうと思っていたから、近隣の合格祈願向け神社と寺もチェック済みだ。
 クリスマスの時同様にゴネてこちらを頷かせるつもりだったらしい相手は、一緒に初詣に行きたいという願いも、大晦日から出かけて年越しの瞬間を神社で迎えたいという願いも、二つ返事でOKした自分に随分と驚いていた。
 どこへ初詣に行きたいかと聞きながら、調べておいた神社と寺のリストを見せる。
「これって」
「受験生向けの合格祈願用。行けそうなとこ探しといた」
「マジで? てかどういう風の吹き回し?」
「クリスマスにお前が頑張ってるの見せたから?」
「でもあれは、キス、させて貰ったし……」
 あの日のキスを思い出しているのか、相手の頬が薄く色付いていく。なんとなく期待のこもった視線を感じたが、さすがにそれは無視をした。
「まぁ、俺が横についてなくてもちゃんと勉強やってんなら、俺もイベント事は渋らず付き合わないと。お前にも、もっと恋人らしくしろって言われたしな」
 でもエロい事は受験終わってからなーとオマケのように付けたら、ギョッとした顔をするので、慌てて、女の子紹介されたいなら受験終わるまでは俺で我慢しとけと付け加えた。
「ああ、そういう事」
 ホッとするのかと思ったら、何やら渋い顔をしている。まさか俺にエロいことしたいわけ? なんて事を、冗談でも言えそうにない雰囲気だ。
 触れてはいけない。突き詰めてはいけない。これはお試しで、彼の受験が終わるまで限定の恋人ごっこをしているだけ。
「それで、どこにするよ」
 何にも気づかなかったことにして、少し強引に話題を戻した。
「周りに出店多そうなとこ?」
「お前の初詣の目的ってそこなのかよ」
「当然じゃん」
 出店の多さはやはり知名度に比例するだろうか。
「知名度高いとこって言ったらやっぱここだろ」
 リストの中から自分もよく知る大きな神社を一つ選んで指差した。しかし相当の人が押しかけるのだろう事も想像に難くない。
「でもめちゃくちゃ混みそう」
「人混み嫌?」
「いや。お前がいいならいいよ。たまにはそんな初詣も楽しそう」
 調べたら大晦日から三が日までは24時間ずっと開門しているそうなので、どうせ並ぶだろうと、23時半に向こうへ着くよう逆算して待ち合わせ時間を決めた。
 
 
 毎年テレビのゆく年くる年で賑わう神社を見ては居たが、実際の年越し神社を舐めていた。知名度の高いところを訪れたのだから当然なのかも知れないが、最寄り駅を降りた時から既に人が一杯で、その流れに乗って神社へ向かうものの、なんとか門を通った辺りで年を越してしまった。
 年越しの瞬間は見知らぬ周囲も一緒におめでとうと盛り上がったものの、だんだん口数も少なくなって、黙々と本殿へ向かってゆっくりと進んでいく。
 とにかく人が多いので、はぐれないようにを言い訳にして、当たり前のように途中からは手を繋いでいた。数時間は外にいる想定で防寒対策バッチリなのに、人混みに揉まれて暑いくらいで、相手の手は少し汗ばんでいる。 
 互いになんでもない振りをしているのは明らかだった。きっと自分だけがドキドキしているわけではないのだろうけれど、それはそれでやっぱりちょっと問題なんじゃないかという気もする。
 実際付き合う事になってから、彼が真面目に受験勉強に励んでいるのは確かなようだから、今更やっぱりこんな事は止めようなんて言い出せない。そんな事を言い出して、せっかくやる気になっている、受験前の彼の気持ちを乱したくはなかった。
 それでも、こんな提案するんじゃなかったという後悔は、日に日に大きくなっている。特に、こんな風にデート紛いの事をしている時は強く思う。
「疲れた?」
 参拝を終えた後も人波に従い移動し、周りの人がようやくバラけ出した辺りで、やっとホッと安堵の息を吐けば、隣から気遣う様子の声がかかる。手は参拝時に放して以降は、さすがにもう繋いでいない。
「少しね。思ったよりずっと混んでた。でもお前としてはこっからがメインなんだろ?」
「疲れてるなら、出店巡りなんて無理にしなくてもいいけど」
「大丈夫。でも出店覗きに行く前に、社務所寄らないか?」
 せっかくだし絵馬書いたりお守り買ったりしたらどうかと誘ってみたら、行く行くと元気良く笑うので、その笑顔にこちらも少し気持ちが晴れる。
 ぐちゃぐちゃと色々考えて後悔しても、それに彼を巻き込んでしまったら本末転倒だ。あまり自分を気遣わせてはいけない。気持ちを切り替えて、今は初詣後の出店巡りを一緒に楽しむのが正解だ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼なじみと恋人ごっこ(クリスマス)

1話戻る→   目次へ→

 今日はまず、昨日渡した手作りの問題集を目の前で解いてもらう。
 前日に渡しているのだから、予習次第でそれなりの正答率にはなるだろう。けれど彼が苦手な問題を集めたこともあるし、今までの様子からも、5割正解すれば良い方だと思っていた。
「どうだった? かなり手応えあったんだけど」
 そわそわと採点を待っていた相手は、採点が終わるやいなや、自信と不安とを混ぜて聞いてくる。
「正直驚いた」
「8割いった?」
「どうかな。それくらい行ってそうな気もする」
「数えていい?」
「いや、必要ない」
「えっ?」
「いいよ。お前がちゃんと頑張ってるのは認める」
「じゃ、じゃあ、キス、しても……?」
「だからいいってば」
 それは昨日の約束だ。
 カラオケ終了間際に、意を決した様子でキスをねだられたが断った。迷う素振りすら見せずに即断したのが気に入らないのか、そもそもクリスマスプレゼントが問題集だったのもやはり引きずっているのか、共に帰る道すがら、彼はずっと不機嫌だった。
 隣で垂れ流す文句の中には、親友が上手くやっているかを気にする単語も多々散りばめられていたから、結局は親友への対抗意識なんだろう。まぁ、恋人からのプレゼントが手作り問題集では、ごっこではなく本物の彼女がその親友を想って選ぶプレゼントに遠く及ばないのはわかる。
 けれどその親友は元々彼より成績が良いし、聞いた所によれば推薦で既に大学も決っている。そんな親友相手に、恋愛絡みで対抗意識を燃やしてる場合ではないのにとため息を吐けば、不機嫌はとうとう怒りに変わったようだった。
 もっとちゃんと恋人っぽいことしてよと睨まれて、十分してると言い返したら喧嘩になってしまった。
 だいたい、やる気を見せろと言ったのに、本当に彼女が出来た時の予行演習の方に随分と気持ちが持って行かれて、大事な時期なのに妙に浮かれすぎている。それを指摘したら、ちゃんとやってるのに何も見てないと、更に火に油を注ぐ結果になった。
 互いに白熱して言い合いを続けてしまった結果、最終的に、翌日の家庭教師時間に渡した問題集を8割解けたら頑張りを認めてキスさせる、という事になっていた。
 問題集を作ったのは自分だから、絶対に無理だと思っていたのに。
「なんで怒ってんだよ」
 剣のある言い方になったのはそれなりに照れを感じているからで、けれど正直にそう伝えるのは悔しい。
「怒ってない」
「声が怒ってるだろ。そんなに俺にキスさせるの嫌なのかよ」
「嫌だなんて思ってねーよ。そもそもキスをもったいぶれるほど、お綺麗な体じゃないもんで」
「いやそれは……ゴメン」
 謝られたのは、昨夜の言い合いでそれを言ったのが彼の方だからだ。確かに彼の言うとおり、キスひとつを渋るようなウブさは持ち合わせていない。それに、恋人になってやると持ちかけたのだって自分の方からなのだし、相手が彼だから嫌だと言える立場にだってないだろう。
「別に、本当のことだし。ただ、物好きだなと思うくらいだ」
 ファーストキスが男でいいのかと続けたら、初めてじゃないしと返されて驚いた。
「は? お前、彼女いた事あったの?」
「ないけど。てか覚えてないならいいよ」
「お前のそんな話、聞いたことあったっけ?」
「それはいいって。それより、キスしていいなら目くらい閉じてよ」
「まさかテーブル越しにするのか?」
 目の前にある座卓はさして大きくないから、机越しでも不可能ではなさそうだけれど、それでもやっぱり間にそんなものがあるのは邪魔な気がする。
「ならそっち行くからな」
「いいよ。おいで」
 了承すれば、彼はあっという間に座卓を回りこんできた。
 正座という姿勢を笑いかけたが、その真剣な顔に笑いは喉の奥で消滅した。気圧されて黙ったまま見つめ返せば、やがてそっと頬に片手が伸ばされる。まさかと思うが、その手はどうやら微かに震えていた。だからきっと、こちらを睨むような表情も、怒っているのではなくて緊張しているからなのだろう。
 なるほど。これは思っていたより重症だ。童貞の実態を舐めていた。
「俺相手にそこまで緊張するなよ」
「わかってるよ。でもわかっててもどうしようもないのっ!」
 ただただ緊張しているのだと分かって、思わず苦笑を漏らせば、苦々しげに言い放たれる。
「確かに俺相手でこれじゃ、女の子との本番前に色々練習しておきたいよなぁ」
「ちょっ、そんなんじゃ」
「いいっていいって。ほら、これでいい?」
 言いながら目を閉じた。
 どれだけ緊張しているのか、暫く待たされてからようやく唇にやわらかな熱が押し当てられる。バレたら怒るかなと思いつつも、好奇心からそっと瞼を持ち上げた。
 至近距離でぼやけていてもわかる、赤くなった頬とかすかに震える睫毛に、ごっこの恋人相手にもそんな反応をしてしまう彼が、初々しくてなんだか随分と可愛らしい。
 けれどわかっている。きっとそれは気づかないほうがいい感情だ。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女が欲しい幼なじみと恋人ごっこ(クリスマス・イブ)

1話戻る→   目次へ→

 元々25日の夜が勉強を見に行く予定の日だったので、クリスマスならその時に、ケーキでも一緒に食べれば良いと言ったのに、相手は恋人同士なら24日にクリスマスデートをするものだと言って頑固に譲らなかった。
 どうやら最近彼女の出来た親友が、その日に色々と致す予定を立てていて、羨ましさと妬ましさからの対抗意識らしい。まったくもってバカらしいが、本人は至って本気で、勉強そっちのけでデートデートと煩いったらない。
「じゃあ聞くけど、いったいどんなデートがしたいっての? こっちはまだ授業あるんだから、会っても夕方からの数時間だぞ」
「まずプレゼント交換。これ絶対な。後は映画見るかカラオケ行くかラブホ!」
 喜々として告げられた言葉の最後に頭を抱えたくなった。
「ったく、俺とラブホなんか行ってどうすんだよ」
「それはまぁ、下見、的な?」
「お前の好奇心に払う金なんてねーよ」
「え、クリスマスデート奢ってくれんの?」
 驚きと期待とを混ぜた顔で聞かれ、確かに奢ってやる必要なんてないことに思い至る。
「あ、間違えた。俺が彼女側か。じゃあお前の奢りで」
 言えば途端に悲壮な顔になるから、思わず笑いたくなった。付き合いの長さもあって、相手の経済状況はだいたい把握できている。
「ってのも可哀想だから、カラオケでも映画でも付き合ってはやるけど割り勘な」
「やった! 約束だからな。ドタキャンとか絶対無しだから」
 仕方なくデートに了承を告げれば、それ以上はごねることなくむしろ機嫌の良い様子で、その日はその後しっかり机に向かっていた。
 なんとなく、家庭教師として金銭が発生していることと、やはり幼なじみである彼の受験が上手く行って欲しいと思う気持ちとを、良いように使われている気がしないこともない。しかし夕方数時間のデート程度でやる気が出るなら、もうそれでいいかと思ってしまうくらいには、思いつきで始めた恋人ごっこはそこそこ効果を発揮してもいる。
 そんなこんなで24日の夕方、結局カラオケが良いということで訪れた店の個室で、まずは互いにプレゼントを交換した。
 彼がくれたのは無難にもほどがあるマフラーだっが、長い付き合いからか自分の好みを把握した品で悪くない。もっと本音を言えば、見た目も触り心地も魅力的で、きっとお気に入りになるだろう。しっかり好みを押さえたプレゼントが、嬉しくもあり意外でもあった。
 対して自分が彼に渡したのは、彼が苦手とする問題を集めてみた、手作りの彼専用問題集だった。彼のがっかり加減がいささか申し訳ないものの、ちゃんと気持ちは込めまくった逸品だ。
「本当にこれだけ?」
「なんだよ文句あるのか」
「文句っていうか……もうちょっと恋人らしい何かなかったの?」
「恋人じゃなかったら、こんな面倒なことするわけないだろ」
「それは、そうかもだけどー」
「時間もったいないから歌えば?」
「もー、取り敢えずの恋人だとしても、恋人は恋人なんだから、もうちょっとじょうちょって物があっても良いのにー」
「情緒漢字で書けたら考えてやってもいーぞ」
「そうやってすぐ勉強に持ってくしー。あーもー、いーよわかったよ歌うからっ!」
 なんで恋人になってやったか思い出せと言いかけた所で、それを察したらしい相手が曲を入れ始めてしまったので、ため息1つで自分もそれに続く。歌い始めてしまえば、なんだかんだで楽しかった。

続きました→

イブネタはイブのうちに!で突発的に更新

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

彼女を欲しがる幼なじみの恋人になってみた

目次へ→

 座卓の上に参考書と問題集を広げながらも、一向にペンの進まない1学年下の幼なじみは、不貞腐れた顔で友人の悪口を並べ立てている。
「そいつ、親友じゃなかったのかよ。彼女出来たって真っ先に紹介までされてんのに、酷い言い様だな」
「親友だけど! おめでとうって言ったけどっ! でもおめでとうなんて思える気分じゃねーんだもん」
 とうとう机に突っ伏して、俺だって彼女欲しいー彼女欲しいーと繰り返し始めてしまって、鬱陶しいことこの上ない。
「だからって口に出すな。というか俺に聞かせるなよ。後、さっさと勉強しろ。なんのために俺がここに居ると思ってんだ」
「かーちゃんのメシのため。それと金」
「間違っちゃいないし、おばさんのご飯おいしいけどさ」
 なんせ、彼の母にお金払うから勉強見てやってと頼まれた時、月謝額を引く代わりに勉強を見に来る日の夕飯をねだったのは自分だ。
「ご飯作って貰った上、格安とはいえ一応月謝も貰ってる身としては、お前に勉強してもらわないと困るんだけど?」
 大学生の貴重な夜の2時間を提供してやってるのに、友人の悪口を聞かせて終わらせるつもりなのか。
「今日はとてもじゃないけど勉強なんて出来る気分じゃない……」
「そんな時でも頑張るのが受験生なの。お前、自分が希望大学ギリギリ掠るかも程度の学力しかないって、自覚ある?」
 もう12月だぞと言ったら、クリスマスどうしようと返されて、まったく会話が噛み合わない。
「あいつ今年は彼女とクリスマス過ごすからって張り切っちゃってさー。去年までは俺と、他の友だちも誘ったりして遊んでたのに」
「お前にクリスマスやってる余裕なんてねぇよ。誘いがないなら丁度いいから勉強しとけ」
「クリスマスまで勉強とかふざけんな。受験生にだって潤いは必要だっ」
「今まで潤ってたんだからいいだろ。部活三昧で青春してきた代償がこの成績じゃないのか?」
「部活は楽しかったけど、でも全然モテなかったし潤ってはないだろ。彼女出来るどころか、女の子が見に来てくれる事もないとか思わなかった」
「人数ギリギリ弱小サッカー部じゃな」
「そこまでギリギリでも弱小ってほど弱くもなかったよっ!」
 声音が本気になってきたので、悪かったと言って一旦引いた。けれどやはり、それだけ思い入れのある部活生活を送ってきたのだから、充分じゃないかと思ってしまう。
「あーうぁあーこのままだと俺、童貞のまま高校卒業しちゃうーうぅー」
 こちらが謝って引いた事で調子に乗ったのか、まるで駄々っ子のように、妙な節を付けながら声を張り上げる。
「うるせぇっ!」
 思わず頭をはたいてしまったら、思いのほか力が入っていて、鈍い音が響いた。
「痛っ。暴力反対。生徒に手ぇあげていいんですか先生っ!」
「都合よく先生扱いするな。てか別に、童貞のまま高校卒業する奴も、彼女いない歴イコール年齢って高校生も、そんなん大勢いるだろ」
「そんなの、中学で童貞捨てたモテ男に言われてもなんの慰めにもならないですぅー」
「女の子にモテたからって、人生そう潤うわけでもないんだけどね」
「非童貞の余裕!? わームカつくー」
 投げやりな声音に大きくため息を吐いた。
「お前、本当に今日はやる気ないな」
「だからそう言ってんじゃん」
「どうしたらやる気出るんだよ」
「俺にも彼女ができたらやる気出す」
「嘘つけ」
「んなことないよ。彼女いたら受験勉強だってもっと張り合い出ると思うし」
「それ、本気で言ってんなら、俺と付き合ってみる? 彼女じゃなくて彼氏だけど」
「は? 何言ってんの?」
「お試しでお前の恋人やってやるから、やる気出してみろって言ってんの」
「冗談っ。男と恋人になったってやる気なんかでるかよ」
「もしそれで本命大学受かったら、女の子紹介してやるし、卒業前に童貞も捨てさせてやる。って言ったら?」
 ウッと言葉に詰まって考える素振りを見せたから、どうやらそれは彼にとって魅力的な提案だったらしい。
「今すぐ女の子紹介してくれたりは……?」
「するわけないだろ」
「ですよねー」
「言っとくけど、俺の扱い方みて紹介する女の子決めるつもりだから、お試しだからってあんまり適当に扱うなよ」
「うええっマジか」
「別に強制する気もないし、正直、お前が受験失敗したって俺が困るわけじゃないんだよな。わざわざ恋人の真似事してやったり、女の子紹介したりする義理もない……って考えたら、あれ? なんか俺のメリットない気がしてきたかも。ゴメン。割にあわない提案した。やっぱナシに、」
「待って! 付き合う!」
 こちらの言葉を遮って彼が言葉を挟んできた。
「えー……」
 渋ってしまったのは、自分自身が発した言葉で冷静さを取り戻していたからだ。だって確かに、オカシナ提案をした。
「やっぱナシは無しな」
「本当に俺と恋人するの?」
「するする。だから大学合格したらよろしく」
「じゃあ取り敢えず、本気出してその問題集解く所から始めようか」
「はーい」
 随分と良い返事と共にようやく問題集へ取り掛かる姿を見ながら、妙なことになってしまったと思った。

続きました→

 
*ポチッと応援よろしくお願いします*
にほんブログ村 BL短編小説/人気ブログランキング/B L ♂ U N I O N/■BL♂GARDEN■


HOME/1話完結作品/コネタ・短編 続き物/CHATNOVEL/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁