追いかけて追いかけて23

1話戻る→   目次へ→

 相手に凭れかかってぼんやりとしているうちに、お湯を吸って重くなった部屋着は脱がされた。そのさい少し場所を移動したから、頭から降り注いでいたシャワーは現在、自分の背中にばかり降り注いでいる。
 また相手の体が冷えてしまうから、せめて立ち位置を逆にして欲しいと思ったけれど、その訴えは大丈夫の一言で流されてしまった。というよりも、その一言であっさり諦めてしまうくらい、相手に抗う気力がない。
 正面から抱き包むみたいに背中に回された腕はするっと背中も腰も撫で降りて、剥き出しになったお尻を撫でられ、揉まれて、尻たぶを左右にクッと割られれば、すぐにアナルに指先が触れる。そんな事をされたら、相手の両肩へ置いていた手につい力が入って、グッと肩を掴んでしまうのは仕方がないと思う。
 お尻に手を回すために少し前屈みになっているから、相手の顔の位置も下がっていて、戸惑うこちらを観察しているらしい視線をかなり近くに感じたが、どうしていいかわからずそっと顔をそむけるだけだった。
「中、洗おうか」
 やっぱり、と思う。相手のされるがままではあったけれど、さすがにもうそこまで呆けては居ない。彼の手がお尻に触れた時から、自分がシャワーを浴びる前に交わした会話を思い出していた。
 彼の手でお湯を注がれて、彼の前で汚穢を吐き出して見せるのか。中が綺麗になるまでそれを何度も繰り返すのか。
 羞恥とかよりも恐怖に近い感情で体を震わせてしまったけれど、嫌だ止めてと突き放して逃げる気力はない。それに、相手がしたいなら受け入れたい、という気持ちもあった。
「俺が悲しいって言ったことと、水浴びてたことに、罪悪感持っちゃった?」
「えっ?」
「嫌だけど受け入れないと、みたいな顔してる」
「それは……」
 的確な指摘だけれど、それが罪悪感からなのかは正直良くわからない。はっきりとわかるのは、自分が彼を好きで、欲しくて、だからここに居るってことだけだ。
 たくさん気遣われて、嫌だってことを避けてくれるのはそれはそれでありがたいけれど、嫌だって言われてもしたいって言われたら、それはそれで嬉しいんじゃないかとも思う。イッた後言いなりになって相手任せにしてるのだって、あんな形であっさり吐精した後の脱力感を理由に、ただ甘えているだけというか、ちょっと強引にイカされてしまったのも実のところ嬉しくて、そのまま相手の好きにされていたい気持ちからってのも大きそうだった。
 だからきっと、罪悪感なんかではない気がする。
 悲しませる気はなかったし、水浴びされてたのもびっくりしたけれど、自分が酷いことをしたせいでと思うには、どうにも自分の行動や発言と、彼のこれらの反応に繋がりが見えないのも大きい。悲しませた事実より、なぜあれを聞いて悲しいと思うのかとか、水を浴びないと気持ちの整理がつかないほどの葛藤がなんなのかとか、むしろそういった興味のほうが強いかもしれないだなんて、ちょっと言えそうにないけれど。
「その罪悪感、つけこむけど、いい?」
 罪悪感じゃないですと言って、こちらの気持ちを説明する気なんてない。そしてこれを肯定したら、お腹の中を洗われてしまうんだってこともわかっている。
 わかってたって、返す言葉は「はい」か「どうぞ」か「いいですよ」くらいしか思いつかなかった。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP