兄の親友で親友の兄7

1話戻る→   目次へ→

 最初はお互い本命が別にいる関係から、自分だけが相手を本命に繰り上げてしまった事実が、寂しくないとは言わない。けれどそれ以上を求める気持ちは、胸の奥底にぎゅうぎゅうに押し込めて気づかない振りをしていた。
 だって、あなたの本命になりたいだなんて、言えるはずがない。言って面倒なやつだって思われたくない。叶わない望みを突きつけて困らせる気もない。
 なにより、今度こそ、これ以上付き合いきれないって、言われそうで怖い。
 恋人として一番に想われているならそれでいいと、自分自身を慰める。実際、本当の本命は兄なのだと知らなければ、彼はかなり理想的な恋人だと言えるだろう。気遣いが上手いし、甘やかすのも上手いし、セックスだって気持ちがいい。
 もしかしたら、そうやって気遣ってくれるのは、別に本命がいる罪悪感という可能性もある。
 だったらいいのに。それなら今の状態を維持するのがベストだよねと、もっともっと思い込める気がする。
 内心ではそんなことを考え、多少ぐだぐだとしていつつも、表面的にはそう変わらない関係が続いていた。そんなとある金曜夜の少し遅い時間、今から出てこれないかという連絡があった。
 こちらはもう帰宅していたので、出れないことはないのだけれど、あまりに珍しくて嫌な予感がする。週末に予定が入って仕方なく金曜の夜に会うという事はあっても、こんな急な呼び出しははっきり言って初めてだ。
 返事を躊躇ってしまったら、今度は電話が鳴ったが、携帯に表示された名前にますます嫌な予感が膨らむ。電話を掛けてきたのは兄だった。
 電話は結局取らず、コール音が切れてから、もしかして兄さんと一緒なのと彼の方へ返信すれば、ややあって、肯定の返事が戻ってくる。しかも、すまんバレたの文字もある。来ないならお前の家に押しかける羽目になりそうという不穏な文字まで綴られているから、仕方なく、どこへ行けばいいのかと返信した。
 男ばかりの三人で、しかもその内二人は兄弟で、好きだの恋人として付き合ってるだのの話をいったいどこでする気なんだろうと思っていたら、指定されたのは駅前の個室居酒屋だった。個室という部分にいささかホッとしたものの、そんな所で二人で飲んでいるのかと思うと、胸が重くなる気がして嫌になる。気にするべきはそこじゃないとわかっているのに。
 だって彼の家も兄の家も、最寄り駅が違うのだ。だからこれは最初から、自分も呼ばれる前提で会っていた可能性が高いし、個室なのも会話内容を考えてのことなのは明白だ。気にするべきは、兄に何を言われることになるのかであって、彼らが自分の居ない場所で二人きりで飲んでいる、という部分に対し、今更嫉妬するのはどう考えたっておかしい。
 親友なんだから飲みにくらい行くだろうと頭では思うし、自分だって親友に誘われ出かけたこともあるけれど、そういうのはやっぱり隠していて欲しかったし、そんな二人の間に呼び出す真似なんてして欲しくなかった。バレてどうするのかも、兄との間で勝手に話し合って、決定事項だけ告げてくれるんで構わないのに。兄に知られたから別れると言われたら、嘘つきってなじるかも知れないけれど、多分きっと受け入れられる。
 店に向かう間にも、どんどんと気持ちが沈んでいく。かなり憂鬱な気分で、店員に案内されるまま個室のドアを開けば、兄は少し驚いた顔をした後眉間にシワを寄せて、彼は困った様子の苦笑を柔らかに解いて、こんな時間に呼び出してごめんなと言った。

続きました→

 
萌えたらポチッと応援よろしくお願いします。

1話完結作品/コネタ・短編 続き物/ビガぱら短編/シリーズ物一覧/非18禁

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP